<<  2016年12月 | メイン | 2017年02月  >>

2017年01月 の記事

2017年01月31日

書画・骨董 買取”満”‐「散歩みち」”千住大橋”から2

(千住大橋”テラス”)

写真は江戸期、”大川”(今の隅田川)に架かった最初の”橋”「千住大橋」下

今の様子です、昔は只単に”大橋”だけでしたが後に”江戸大川橋”(吾妻橋)や

(江戸)”両国橋”が出来た事から”千住”が付く様に成り、今は橋の上の”大橋”の

文字と堤防の”河番付”や”橋番付”表等からも橋の推移が見られ「千住大橋」は

”行司役”とされています。江戸から東北に旅立つ人の多くは、此処で船を降り

旅立った事や、将軍などが船から(上がる)上がり場”址の事からも”千住”の

歴史と時代の流れを知る事が出来ます。

 

書画・骨董 買取”満”




2017年01月30日

市川・小岩 骨董”満”‐「散歩みち」”千住大橋”から

(千住大橋)

新しい”春”を迎えた2017年(平成29年)は早くも1月下旬、”旧正月”も

迎えました。新しい年を迎える今頃に成ると、”満”でも(?)生まれた所や

故郷・地元に行って見たくなります、と言う訳で、写真は江戸時代”隅田川”に

架かった最初の橋「千住大橋」からです。”江戸期”五大街道の一つ”日光道中”、

”奥街道”(奥の細道)への出発点・旅立ちの所でも在ります。元は只単に

”大橋”と言われ、今でも橋の上に「大橋」とだけの表示がされていますが、

その後”両国橋”や”江戸大川橋”(吾妻橋)等が出来”千住”の名が付された様です。

 

市川・小岩 骨董”満”




2017年01月29日

小岩 骨董”満”‐「緊急特報」4”稀勢の里”優勝報告から

(優勝報告会”稀勢の里”関)

市川・小岩を地元・中心として、永年お伺いしている”満”の「緊急特報」、

続報・写真は昨日の”優勝報告会”挨拶に続いて、子供達からの質問に応える、

第72代”新横綱”・”稀勢の里”関です。人柄も伝わって来る様な挨拶と

子供達への受け応え等、和やかな雰囲気の中での楽しい時間が在りました。

(1月28日ー小岩小学校から)

 

小岩・骨董 買取専門”満”




小岩 骨董”満”‐「緊急特報」3”稀勢の里”優勝報告から

(小岩小学校から)

連日”テレビ”でも放送されているので、骨董”満”がご報告する事も無い

様にも思いますが、やはり同じ町内会のお祝いと言う事で、”満”の「緊急特報」

「散歩みち」は昨日行われた”新横綱”「稀勢の里」関「優勝報告会」からです。

”稀勢の里”の所属する「田子ノ浦部屋」が在る”小岩”と言う事だけで無く、 

昨日は”江戸川区”全体として大勢の方が小岩小学校に見えていました。

 

小岩・骨董 買取”満”




2017年01月28日

書画・骨董 買取”満”‐「緊急特報」田子ノ浦部屋から2

(田子ノ浦部屋から)

”稀勢の里”の地元と言えば”茨城”と言われますが、所属する地元の”部屋”と

言えば小岩の「田子ノ浦部屋」と言う事に成ります。昨日”新横綱”として

奉納・土俵入りを行った”稀勢の里”、今日は所属する部屋の地元の小学校で

「優勝(横綱昇進)報告会」が開かれると言う事で、再び大勢の人に成る事と

思います、写真は”綱打ち”日の「田子の浦部屋」の様子です。2014年に”部屋”が

移って来て、少し奥まっている事から余り目立ちませんが、この様な時(?)には

騒ぎになりますが、周りは住宅地ですし基本稽古場の見学は出来ないそうです。

 

書画・骨董 買取”満”




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 次の5件 >>

過去記事