<<  2015年08月 | メイン | 2015年10月  >>

2015年09月 の記事

2015年09月30日

市川・小岩・骨董”満”‐”旅便り”「シンガポール」から6

(チャイナタウンから)

それ程は広くないと言われるマレー半島南端の多民族国家”シンガポール”ですが、

見たい、行きたい、食べたい等は多く在り当然数日で全て回れる事等出来ませんが、

中国系の人が多い”チャイナ・タウン”は特に外せない所です。中華街は歴史も長く

地域も広いのですが、各通り其々の特徴が在り、中華街だけでなく周辺も多民族国家

らしい入り混じった場所が多く在ります、写真は「チャイナ・タウン」の中心に近い

所ですが東部の”カトン”・「ㇷ゚ラナカン」の雰囲気も在り、其れでも中華街らしい

特徴も在ってと、歴史の中で其々少しづつ混じり合っている点も興味深い処です。

市川・小岩を地元・中心に永年皆様の所にお伺いしている骨董”満”が遊びに行った

シンガポールの旅、勿論全ては行かれませんでしたが、”セント‐サ島”など新旧の

ポイントは押さえて、次の目的地(?)ー ”シドニー”に移動しました。(?)




2015年09月29日

「古物買取」骨董”満”‐”旅便り”「シンガポール」から5

(インド”ヒンドゥー寺院”)

骨董”満”の”旅便り”・シンガポールから、続きは”アラブ・ストリート”に行けば、

「リトル・インディア」に行かない訳には往かない(?)と”アラブ・ストリート”から

インドの人が多く集まる「リトル・インディア」へと移動しました、写真は極彩色の

ヒンドゥー教寺院です。勿論各地域ハッキリと区切りが在ると言う事では無く、其々

入り組んでいてインド系の人が多い通りに入るとカレー等香辛料の匂い、インドの人が

好きな”金”(きん)のお店が多い等の特徴で割りと判ります。”満”としては如何しても

本場(?)の”カレー”が食べたいと、多分日本人は行かないと思われるお店(?)で、

隣で食べている人と同じ食べ物同じ飲み物と、本場インド(?)を充分堪能しました。

今回のシンガポールでは特別予定はないと言ったものの、行きたい所、食べたい物、

見たい所は多く唯の”観光客”(?)として忙しくも楽しい時間を過ごす事が出来ました。 




2015年09月28日

書画・骨董・買取”満”‐”旅便り”「シンガポール」から4

(イスラム・サルタン・モスク

昨日は”満月”と言う事でしたが、早朝は雨で、一応”富岡八幡宮”には行った物の

結局は休むと言う根性なし”満”でした、次回10月の第二日曜は頑張ります!(?)。

市川・小岩を地元・中心に書画・掛け軸・骨董など古い物買い取りでお伺いしている

”満”が久し振りに出掛けた”旅”のご案内は、今日もシンガポールからからです。

特別の予定は無い”旅”でしたが、多民族の皆さんが集まるエリアは改めて見て置き

たいと言う事で、先ずアラブ系の人々が多いブギス駅(アラブ・ストリート)へ。

写真は”ブギス駅”からも近いイスラム教の大きな”モスク””サルタン・モスク”からで、

メインの”ブッソーラ”通りだけでなく一帯が”アラブ一色”で、名物の”香水屋”さん等

何処も”異国情緒”に溢れ堪能できました。”モスク”は他にも色々在ると言う事でしたが

やはり全ては周り切れず、次の民族の方が集まっている地域に移動しました(何処?)。




2015年09月27日

「古物買取」骨董”満”‐”旅便り”「シンガポール」から3

(マリーナ湾”ベイ・サンズ”

シンガポールを訪れる殆んどの人が行くと言う、昨日ご案内の”マーライオン”

同様、今シンガポールの象徴に成って居るのが”マリーナ湾”マーライオン”の対岸に

位置し、同じ位(以上?)有名に成って居る写真「マリーナ・ベイ・サンズ」です。

57階建の3つのホテル棟と其れを繋ぐ大きな船の形が圧巻で、今やシンガポールだけ

でなくアジアの象徴と言う人もいる様です。久し振りにシンガポールに行った”満”には

勿論初めての景色で(ホテルは2010年開業)この様な建物を見ると、大袈裟ですが、

歴史の”証言者”に成った様にも感じられる存在感・景観でとても良かったのですが、

最近この手の旅行広告が多く恥ずかしい気も。(”満”の”旅便り”はまだ続きます) 

市川・小岩・骨董”満”、お手許に御処分をお考えの書画・掛け軸・骨董等の古い物が

御座いましたらお気軽にご連絡お知らせ下さいお伺い致します。




2015年09月26日

市川・小岩・骨董”満”‐”旅便り”「シンガポール」から2

(マリーナ湾”マーライオン”)

シンガポールは今年「建国50年」のお祝いムード満載でした、と言う事は”満”が

初めてこの国に来たのは建国10年程の時だったと言う事に成ります。国が出来て50年と

言う事は、勿論新しい国造りの息吹・躍動感等も感じますが「シンガポール」と言う

国の名前以前にも人々・文化が在った訳でどの様に国として今後確立していくのか現実

この小さな多民族・多文化・多言語の若いこの国の未来に強く興味が湧きます。

写真は此れこそ”観光写真”(?)の感じですがこの国を訪れる観光客の殆んどが必ず

行く(多分)と言う”マーライオン”(パーク)からで、”シンガポール”と言えば

思い浮かべる”象徴”の様に思いますし外せないポイントなのでご紹介です。

明日はお天気が気に成りますが、やはり久し振り「富岡八幡宮」骨董市(予定)です。




2015年09月25日

市川・小岩・骨董”満”‐”旅便り”「シンガポール」から

(飛行機が並ぶ空港)

市川・小岩を地元・中心として書画・掛け軸・骨董など”古い物”の買取で

お伺いしている骨董”満”ですが、実は先々週末から十日間程”旅”に出掛けて居ました。

”満”の勝手な思いで出掛けた久しぶりの”海外旅”でしたが、特別の予定は無く全くの

遊びですが、旅は”勉強”、人生は旅(逆も真なり?)等と勝手な理屈を付けて出発は

羽田からでした、一応”羽田空港”と言う事も”満”なりの思いは在って今から数十年前、

まだ成田空港も無かった時代、初めての海外、初めての飛行機と当時の思い出を辿って

最初の目的地は先ず”シンガポール”でした、”羽田”空港と”シンガポール”も今回の

場合外せない条件で、シンガポールは今年建国50年と言う事で何処に行ってもお祝い

ムード満載でしたが、”多民族”国家、多民族”文化”、多言語、多宗教や年代の違いなど、

今回は約20年程ぶりですが、特に今の時代とても勉強に成りました。(ー続く)




2015年09月24日

市川・小岩・骨董”買取”・”満”‐”散歩みち”から・付録

(紅葉の”ハナミズキ”)

6年ぶりと言う秋の”5連休”も終って仕舞いましたが、今日明日とお仕事の方には、

後二日頑張ればお休みと言う事です、(但しカレンダー通りの方限定?)日中は未だ

暑さも在り、朝晩の気温差も大きい頃ですが、体調管理にも気を付け頑張って下さい。

市川・小岩を地元・中心に書画・掛け軸・骨董など買い取りでお伺いしている骨董”満”、

ブログでは商売の話は少なく、散歩や旅で見掛けた事などの話題をお話しして居ます。

ご処分をお考えの古い物が在り、ご実家・お知り合いの方等でも如何して良いか分か

らずご不安の方等いらっしゃいましたらお気軽にご連絡下さいお伺い致します。

写真は”満”のご近所散歩で見掛けた赤い実と紅葉した”ハナミズキ”です、季節の移り

変わりは確実に進み、此れからは”菊”や”コスモス”など秋の花の季節に成ります、

お近くの散歩等で秋を楽しんで見ては如何でしょう。




2015年09月23日

「何でも買取」骨董”満”‐”ご近所散歩”から・”金木犀”。

(薫り始めた”金木犀”)

今日は秋分の日、お彼岸の中日と言う事と、多くの方にはシルバーウイークも

今日が最終日と言う事に成ります、また次の連休を楽しみに先ずは今日一日ゆっくりと

した時間をお過ごし下さい。市川・小岩を地元・中心に古い物買い取りでお伺いして

いる骨董”満”ですが、ブログでは余り商売の話は無く、旅で見掛けた事や季節の話題を

お話して居ます。お彼岸を境に季節の花も移り変り頃の様で、昨日もご近所を散歩して

いて、「ン?、エ?!」と言う事で、写真は”ご近所散歩”からですが、”秋”の香り、

早くも”キンモクセイ”が薫り始め、”秋”到来を伝え始めました。

此れからの季節、特に陽が落ちるのも早く、夕方には虫の声も聞こえるなど楽しみも

多くなる季節ですが、お片付け等で書画・掛け軸・骨董などご処分をお考えの古い物等、

ご実家、お知り合いの方もお気軽にご連絡下さい、地方も無料でお伺い致します。




2015年09月22日

市川・小岩・骨董”満”‐”散歩みち”から”彼岸花”2.

(彼岸花”紅と白”)

今日は「国民の休日」と言う事で、何で休みなのかは不明ですが、基本的には

「少し働き過ぎなのでお休み下さい」と言う事でしょう、いずれにしても穏やかな

”シルバー・ウイーク”(お彼岸・連休)の日になり先ずは一安心と言う所です。

市川・小岩を地元中心に古い物買い取りでお伺いしている”満”のブログ、写真は

今日も江戸川土手からのご案内で”紅白”の”曼珠沙華”(彼岸花)です。

お彼岸に紅白と言うのは少し不謹慎とも云われそうですが、一部では不吉な花とも

云われて居る花なので、色々な事が在っても頑張って居ますと言う応援花(?歌)と

言う事と勝手に思っている”満”で、青い空と白い雲、”平和”が長く続く様に祈ります。

穏やかで爽やかな季節の変わり目にお片付けなどで書画・掛け軸・骨董などの御処分を

お考えの古い物(基本何でも)が御座いましたらお気軽にご連絡下さいお伺い致します。




2015年09月21日

書画・掛け軸・骨董買取”満”‐「散歩みち」江戸川から

(”彼岸花”江戸川土手から)

”シルバー・ウイーク”も今日は中日、「敬老の日」と言う事で、年寄りの日か!等と

思っていたら、気がつけば自分達の日に成って居ました。行楽各地は混雑の様ですが、

秋の交通安全運動の週でも在ります、皆さん無事故で楽しい日をお過ごし下さい。

昨日は「彼岸の入り」、暑さも寒さも入り乱れる(?)日ですが昔から言われる様に

「暑さ寒さも彼岸まで」と言う事で秋も深まって来た様で気が付けば”彼岸花”も。

写真は今日も、昨日の江戸川河川敷からで満開と言うより若干過ぎる頃でしょうか、

”青い空”と”白い雲”、そして”彼岸花”、とても良い感じで落ち着きます。

晴れた日も続き、空気も乾燥して来ています、体調管理にも気を付けながら暑い夏には

出来なかったお片付け(?)等で昔の書画・掛け軸・骨董等、御処分をお考えの古い物、

思い出したら骨董”満”まで気軽にご連絡下さい、ご都合に合わせお伺い致します。




2015年09月20日

骨董”満”「‘15年・”夏の思い出”」”散歩みち”江戸川から。

(江戸川河川敷から)

だいぶ以前(半世紀以上前)”荒川”から”江戸川”に移転してきた”満”に取って、

今では江戸川に来てからの時間の方が遙かに長くなりましたが、生まれ育った所が

いつまでも故郷と思う物の様で、真夏日や長雨等記録的にだった今年、竜巻や突風・

豪雨や土砂崩れ自然災害の異常気象事件・事故も多かった”夏”も、”満”は自然にも

触れ、”故郷”を再発見した今年の”夏”は、良い思い出の”夏”に成りました。

写真は先日の”秋雲”の江戸川「小岩菖蒲園」の様子です、”小岩”は永年住んだ地元と

して、”市川”は数年前まで15年に亘って店を開いていた処で、同じく”中心”の大切な

故郷に成っています、昔は此処「江戸川河川敷」も田舎の雰囲気も残る所だったと

覚えていますが、今では綺麗に整備され新しい時代の青い空と雲の様に思います。




2015年09月19日

骨董”満”「‘15年・”夏の思い出”」”都電荒川線”から付録

(都電”荒川車庫前”から)

普段は市川・小岩を地元・中心に書画・掛け軸・骨董など”古い物”買い取りで

お伺いしている骨董”満”が昔(半世紀以上前)生まれ育った”故郷”「三ノ輪」から

久し振りに乗った都電・荒川線は、やはりここ「荒川車庫前」は外せない駅です。

写真は一番思い出に残っている車体形式で(型式?判りません)”満”の様な素人に

詳しい細かい所まで判りませんが、今の都電はバスの様な都電、クラッシックカーの

様な(?)電車まで色いろ在る様ですが、”満”には、此の形式の車両とその前の少し

丸いベージュ色の車両が思い出に成って居ます、各種電車が見られる此処”車庫前”は

最高に良い場所で、”満”に取って「’15年・”夏の思い出”」でも大事な場所でした。

今日から5連休(銀の週間?)の方も大勢いらっしゃる事と思いますが、無事故で

楽しい良い思い出の時間をお過ごし下さい。




2015年09月18日

骨董”満”「‘15年・”夏の思い出”」”都電荒川線”から5

(あらかわ遊園”観覧車”)

骨董”満”の懐かしい「あらかわ遊園」のシンボルはやはりこの”観覧車”です。

正直に言うと当時、「あらかわ遊園」にこの様な観覧車が在ったかどうか覚えて居ま

せんが(多分無かった!?)、今ではもっと大きな”観覧車”が各地に多く在りますが、

”満”に取ってこの「あらかわ遊園」の象徴・シンボルはこの”観覧車”がイメージに

なって居ます。「あらかわ遊園」の裏には大きな”川”が流れていますが、その川は

”荒川”ではなく隅田川で、子供の頃は”大川”(おおかわ)と呼んでいて、その昔の

大川はまだ”綺麗な川とは言えませんでしたが今はすっかり綺麗な川に生まれ変わり、

確かに時の流れを感じます。園内には各種”乗り物”広場の他”釣り掘り”、”動物園”、

水上ステージや水上バス乗り場、お城の様な洋館も在ると言う、”TDL”にも絶対負け

ていない(?)と思います。「’15年・”夏”の思い出」もう少し続きます。




2015年09月17日

骨董”満”「‘15年・”夏の思い出”」”都電荒川線”から4

(あらかわ遊園から)

昔とは違う筈(?)の荒川区立・「あらかわ遊園」なのですが、昔と全く

何処も変っていない、以前からそうで在った様に思えた、”満”が故郷を訪ねた

「’15年・夏の思い出」”旅”は今日も「あらかわ遊園」からです。

写真は空飛ぶ”メリーポピンズ”の様な雰囲気の「空中自転車」です、”満”が子供の

頃には無かった新しい乗り物の筈なのですが、(?)此れさえも何故か懐かしいと

思う感覚に成っていた素敵な”遊園”の時間でした、(ボケた?)自分の故郷は

「何処?」と自分に尋ね、出掛けた”満”「’”夏”の思い出」旅は、子供の頃の自分に

出会う感覚の不思議な「時間の旅」でもありました。

皆さんも偶には、昔行った事の在る懐かしい所に行って、変っていない所、本当は

新しいのに昔と同じ(違う!?)所を再発見して見るのも楽しいと思います。




2015年09月16日

骨董”満”「‘15年・”夏の思い出”」”都電荒川線”から3

(「あらかわ遊園」入口)

今では市川・小岩を地元・中心にして書画・掛け軸・骨董などの”古い物”

買い取りでお伺いしている骨董”満”ですが、今年の”夏”・お盆休みは「”満”故郷に

帰る!」と言う事で、「’15”夏”の思い出」は都電・荒川線に乗って、確か小学生

低学年の頃、”遠足”で来た事が在る所(多分?!大昔で覚えていません)、

写真は「あらかわ遊園」入口(メインゲート)からです。「あらかわ遊園」

”遊園”で有って、遊園”地”では在りません(?)。入口など当然昔と違う筈なの

ですが、”満”には何故か、昔からそうであった様に思える懐かしい雰囲気の入口で、

園内には”乗り物”色いろ、動物園、釣り堀まで在る正に夢の遊園地(?)です。




2015年09月15日

骨董”満”「‘15年・”夏の思い出”」”都電荒川線”から2

(懐かしいお蕎麦屋)

都電・「三ノ輪橋」駅から少し北方向に歩いて行くと”満”には懐かしい一角が

在ります。 最近は”JR・南千住駅”(操車場・お化け煙突が在った)方面には洒落た

名前の”新地区”も在るそう(?)ですが、そこは”満”の知って居る下町ではなく、

新しい人(失礼)の集まる所、本当の”三ノ輪”では無い(”満”・談)という思い

なので”満”の知る古い所に移動しました。写真は昔(大昔?)から外見・店内共に

変っていないお蕎麦屋さん”甲州屋”さんです。三ノ輪には他にも何軒か昔からの

お蕎麦屋さんが在りますが、甲州屋さんは完全に昔の儘(?)、タイムスリップした

感じで「’15年・”夏の思い出”」の旅は「半世紀以前」昔に帰った懐かしい”旅”に

成りましたので未だ続きます。骨董”満”今週は都合により買取にお伺い出来ません。




2015年09月14日

骨董”満”「‘15年・”夏の思い出”」”都電荒川線”から1

(都電荒川線”三ノ輪橋”

東京生まれで、お盆休み等では”帰省先”の無い骨董”満”にも”故郷”は在ります。

記録的猛暑や異常と思われる自然現象や事件等、色々な思いの在った”夏”でしたが、

「’15年・”夏の思い出”」は都内に残る唯一の”路面電車”「三ノ輪橋」駅が”満”の

”故郷”で最寄り駅です。お盆休みで皆様帰省中の暑かった日、骨董”満”も懐かしい

”故郷”に帰っていました。写真は荒川線、「三ノ輪橋」駅の風景で(地番は”南千住”)、

写真右手に行くと下町”商店街”「ジョイフル三ノ輪」です。(昔はこの様な名前で

は無かったと思います、確か!?)、昔ながらの古いお店、狭い路地などもまだ多く

在って、各所に昔の面影が在り子供の頃の思い出させて呉れました。




2015年09月13日

骨董”満”「‘15年・”夏の思い出”」”水上”から宝川5

(宝川温泉”汪泉閣”入口)

群馬の山深い、新潟県との県境にも近い”宝川温泉”は、路線バスで行く途中

”猿”も多く見られ、地元・バスの運転手さんの話では鹿や猪も多く出て被害も出て

いるとの事でした、写真は上州路の奥、”秘湯”宝川温泉の宿「汪泉閣」入口からで

橋を渡って行くと宿の玄関、手前左に行くと渓流に沿って「日乃本一の大露天風呂」

が在り、何処からが川で何処迄がお風呂なのか(?)判らない川沿い岩場の大浴場が

在ります(混浴です、勿論一部女性専用の浴場も)「汪泉閣」にお泊りの外国の方も

いました。お宿は佇まいから高級旅館の雰囲気ですが”満”はその様な高級宿には、

泊まれず日帰りの温泉で遅くならない内帰路に就きました。(”熊”も出るとの事で)

自然は人を癒しても呉れますが、余り甘えて居ると反動も在る様です御用心下さい。

骨董”満”の「’15年・”夏”の思い出」は一度”東京”に戻りもう少し続きます。




2015年09月12日

骨董”満”「‘15年・”夏の思い出”」”水上”から宝川4

(宝川温泉渓流)

一昨日の関東地方の大雨は、各地の温泉地にも被害を齎した様ですが、上州路

北方向”水上”から湯檜曽に向かう途中、更に山の奥に向かうと”秘湯”「宝川温泉」

在ります、今年の夏、”満”はやっとお邪魔出来ましたが大丈夫だったのでしょうか?。

此処”宝川温泉”は温泉好きで”秘湯”好きの方には(多分)既にご存知の温泉で、

今更ご案内する必要は無いのかも知れませんが、名前だけ知っていた”満”には中々

機会が無く、行くのも大変と言う素人”温泉人”(?)の”満”には遠い温泉地でした。

ご覧の様に渓流が流れる川に沿って大”露天風呂”が在り、そこに行く途中には以前

そこで捕獲された と言う”熊”が飼育されて居て、お迎え頂ける(?)と言う野趣

溢れた温泉地で「’15年・”夏の思い出”」に願いの一つが叶った”秘湯”の旅でした。

骨董”満”、今週末の骨董市は都合により休みますが、「”夏”の思い出」は続きます。




2015年09月11日

骨董”満”「‘15年・”夏の思い出”」”水上”から・3

(JR.水上駅から”D51")

昨日の”大雨”は、関東地方に予想を超える大きな被害をもたらして終いました、

自然は「まさか!、大丈夫!」と思う人の予想や考えなど軽く超えてしまう様です。

色々な思いの在った”満”の「’15年”夏”の思い出」は、今日も”水上”からです。

水上駅近くのこの”SL広場”には操車場(回転テーブル)がや週末にはイベントも

在り”鉄ちゃん”達には隠れた穴場の様です。”満”は特別鉄道ファンと言う訳では

在りませんが、”SL.”と言うと少しは気持ちが動き、特に「錆びた”SL”」と成ると

上野「国立科学博物館」入口に展示されている今にも走り出しそうな”SL.D51"も

知っているので、何処か”寂しい”気持ちも湧き、複雑な思いが交叉しました。

写真の「蒸気機関車・D51」は全く整備されて無い野晒状態で、当日も雨に煙る、

可愛そうな風情は可哀想な小父さんの様にも思え(?)同情を誘いました。(?)




2015年09月10日

骨董”満”「‘15年・”夏の思い出”」”水上”から・2

(水上SL広場から)

昨日今日共、台風・”秋雨前線”とか言う事ですが一体何が如何したと云う

のでしょうか(?)、”雨”ってこんなに降るんだ言う位の雨で、何かが壊れた様な

異常な大雨でした、確かに今年の夏から異常な自然災害なども多い様に感じられた

今年の”夏”でした、が楽しい時間も在った「’15年・”夏”の思い出」、東京生まれで

田舎の無い”満”に取って皆さんが”帰省”する等の話に成ると行く当ても無く、子供の

頃、夏休みは非常に退屈な日々でした。少し大人に成ってからは関東近辺のそれ程

遠くない所に遊びに行ってます、此処群馬県”水上”にもここ数年続けて来ています。

新しい所に行くより少しは判った所の方が楽ですし、分かった積りでいても”旅”は

いつも新しい発見が在り、一度では見切れない所も在ると思い、其処から旅先を

広げると言うのが”満”の旅方法で、 ”水上”・”湯檜曽”にも新しい発見が在りました。




2015年09月09日

骨董”満”「‘15年・”夏の思い出”」”水上”から・1

(湯檜曽川河原から)

記録的猛暑や異常な長雨・台風の多さ、土砂崩れや突風・竜巻等の自然災害の他、

何故こんな事がと思う様な事件等、もう”夏”だけの出来事では在りませんが今年は

何処か特別な様に感じたのは”満”だけでしょうか?。勿論皆さん今年の夏も楽しい

時間も在った事と思いますし、”満”も少しは”夏”らしい時間を過ごした(?)ので

嫌な事だけでなく楽しかった今年「’15・”夏”の思い出」を振り返ります。

水上から谷川岳の方面に行く手前に「湯桧曾(ゆびそ)温泉」と言う温泉町が在り、

そこには谷川岳から流れる”湯檜曽川”が在ります、近くには”ラフティング”と言う

”河原遊び”(言い方が古い?)も在るらしいのですがそこまで往かなくても水を近く

で感じ降りたのは初めてで、河原の水と風は夏の”涼”を愉しませて呉れました。




2015年09月08日

古物買取・骨董”満”‐”散歩みち”「小岩菖蒲園」から

(風に揺れる”ススキ”)

ある意味、あっと言う間に過ぎた”熱射”・”猛暑”の今年の夏、其の後下旬から

急に涼しくなり連日”秋雨”の日が続いています、如何に”秋雨前線”の影響とは言え

長く異常な”雨、”激しい変化の気象に怖さも感じますが、秋は(?)朝晩は

すっかり涼しく(時々寒い?)日が落ちるのも早くなりました。写真は”満”には

お馴染み江戸川河川敷からの様子です、”ススキ”の穂が風に揺れる様は今の時代

何処かそれだけでホッと安心します、この様な、何でも無い事でホッとしてしまう

異常気象の時代になって残念だと思う昨今でも在ります、科学的な原因は色々言わ

れますが便利さ経済性・目的の為なら何でもやると言う”人”の心に起因して居る

事は確かな様に思います(其れを無視するのは難しいのです)が、もう少し不便でも

良いと(我慢出来る!?)言う様な気にもなるこの頃です。 




2015年09月07日

書画・骨董「何でも買取」骨董”満”‐”東洋館”から

(東洋館から”石仏”)

昨夜から今朝に掛けて東京・千葉方面は集中豪雨・突風等大荒れで大変でしたが、

8月下旬からの”秋雨”の中出掛けた”満”の”散歩みち”、今日は「東洋館」からです、

当日はまだ”夏休み中”と言う事も在り、大勢の子供とお付き合いか、親御さん達も

一緒に、熱心に(勉強?)見入っていました、どちらが主体なのかは判りませんが、

とても良い事だと思い「どっちも頑張れ!」と応援の気持ちで一緒に愉しみました。

親と子のギャラリーでは「ミイラとエジプトの神々」(9月13日迄)も開かれていて、

”エジプト探検”等は「平成館」の企画と合わせ大人も楽しめる企画に成っていました。 

市川・小岩を中心に古物買い取りでお伺いしている”満”に取って、”トーハク”内の

”東洋館”もじっくり鑑賞したい所で、写真は1階の中国・インドの石仏達です。

いつも悠々として大らかな作品が多く、展示会場自体とても好きな空間です。




2015年09月06日

市川・小岩・骨董”満”‐”散歩みち”「上野公園」から4

(トーハク内”表慶館”

先週”秋雨”の中出掛けた、骨董”満”の上野”散歩みち”今日は「東京国立博物館」

から、写真は”満”のお気に入り「表慶館です、明後日(8日)から始まる企画展は

宝飾で有名なイタリアのブランド・ブルガリの「アート・オブ・ブルガリ」展との事、

130年に亘る歴史中の至宝が展示される様です、”表慶館”に似合う企画だと思います。

(今平成館で開催中の「レクオパトラとエジプト王妃」展は9月23日迄開催中です。)

”トーハク”は年間を通じて色々な企画展を企画・開催して居ますが、”満”に取って

館内でノンビリ・ゆっくり出来れば其れだけで充分なのですが、青空の日、雨の日、

其々魅力ある空間です、企画展示の他常設展示にも工夫・発見が在って楽しいです。 




2015年09月05日

書画・掛け軸・買取”満”‐”散歩みち”「上野公園」から3

(ロダンの”考える人”)

年間を通して何度か行っている上野公園なので、お盆休み・夏休みにも当然(?)

行ってる筈の「東京国立博物館」(トーハク)ですが、今年の夏は異常に暑かった

ので休みの間は行かれず、8月下旬、何故か”秋雨”が続く日に行く事に(?)。

上野”公園口”から”トーハク”向かう途中、いつも”外庭”で拝見している”彫刻”は

「国立西洋美術館」からで、雨に濡れた有名な”ロダン”の”考える人”です。

信念の独断は”不聞”と言う事の様に思いますし(?)、”優柔不断”が優しい事とも思え

ません(?)、一時期の感傷・気分で決めた事が後悔の歴史になる事も在ると思います。

今は”何か”を考えなくてはならない時代の様には思いますが、何を「考える人」かは、

”ロダン”の「考える人」では無く一人一人が自分で考える大切な時の様に思います。




2015年09月04日

市川・小岩・骨董”満”‐”散歩みち”「上野公園」から2

(弓を弾く”ヘラクレス”)

先週”秋雨”の中出掛けた、骨董”満”の上野(恩賜公園)への”散歩みち”ですが、

此処に行かなくては”満”の夏休みの区切りが付かない(?)と言う事で行った所は

「東京国立博物館」へ向かう途中に寄った「国立西洋美術館」」です、”満”の場合余り

西洋美術館に寄る事は無いのですが外庭の彫刻はいつも拝見して居ます(無料で!?)。

写真は外庭に展示されている”アントワーヌ”作の力強い「弓を弾くヘラクレス」です、

雨の日の濡れた彫刻は、晴れの日とは違った表情を見せて呉れていました。

書画・掛け軸・骨董などお手許に御処分をお考えの古い物が御座いましたらお気軽に

お知らせ下さい、ご説明の上ご納得いただけば買取させて頂きます。




2015年09月03日

市川・小岩・骨董”満”‐”散歩みち”「上野公園」から

(国立西洋美術館から)

昨日朝は高温・多湿の”雨模様”、昼過ぎには”晴天”の”猛暑”と、荒れた天候で、

全く油断出来ない、スッキリしない天気のこの頃で、8月の暑い日々・猛暑の”夏休み”も

遙か以前、何処か遠い所に行ってしまった感が在ると思うこの頃です。

急に涼しくなった8月後半、忘れ物をした感じがして思い出した「東京国立博物館」、

先週の土曜、”秋雨”降る上野に向かいました。写真は駅からの途中”世界遺産”も噂され

ている(?)「国立西洋美術館」”ボルドー展”(23日迄)の看板です、”西洋美術館に

お伺いする事は余り無い”満”ですが、彫刻はいつも(無料で!?)拝見しています。

9月、今頃は夏の疲れが現れる頃とも言われています、皆さま体調管理にも気を付けて

お過ごし下さい。お手許に処分をお考えの書画・掛け軸・骨董など古い物が御座いま

したらお伺い致しますのでお気軽にお知らせ下さい。




2015年09月02日

書画・掛け軸・買取‐骨董”満”‐季節の便り「萩の花」

(”ヤマハギ”の花)

一体如何したと言うのでしょうか? 、先月末から9月に入っても”秋雨前線”の

影響と言う事で、連日の異常とも思える雨模様には打つ手が無い状態ですが、季節は

”秋模様”の始まりの様です、皆さま体調管理にも気を付けお過し下さい。

市川・小岩を地元・中心に、ご処分をお考えの書画・掛け軸・骨董等の”古い物”買い

取りでお伺いしている骨董”満”ですがブログでは骨董屋らしい話は無く(?)”花”や

”季節の便り”、”旅”等で見掛けた話題などのご案内して居ます、骨董”満”の扱い品や

商品情報等は、”満”のHP.の他ページも参考の上、ご質問や「こんなのは如何?」等の

お問合せが在りましたらお気軽にメール、お電話(フリーダイヤル)でご連絡下さい。

写真は久し振りに出掛けた江戸川河川敷で見掛けた”萩の花”、(ヤマハギ)です、

まだ花は少ない感じですがもう秋が感じられる季節です。




2015年09月01日

市川・小岩・骨董”満”‐”ご近所散歩”・ハナミズキの”実”

(ハナミズキの赤い実

今日から9月、”秋雨前線”の影響で連日雨模様の日が続き、記録的猛暑や

熱中症などで連日騒がれていた今年の「暑い”夏”」(”夏”は当然暑い)も随分以前の

事の様に思ってしまう程ですが体には暑さが残ってる様な気もします。(体調不良?)

写真は先日”ご近所散歩”で見掛けた「ハナミズキの”実”」です、実の形としては2種類

在る様で、写真の物は”イチゴ”に似た”実”、一応は食べられるとの事ですが、かなり

不味いとの事、止めた方が良いと思います。(”満”?、勿論、その様な事はしません)

市川・小岩を地元・中心に書画・掛け軸・骨董などの古い物買取でお伺いしています

骨董”満”、お手許に御処分をお考えの物、ご実家等で御座いましたらお伺い致します。