<<  2015年05月 | メイン | 2015年07月  >>

2015年06月 の記事

2015年06月30日

「何でも買取」骨董”満”‐「散歩みち」”じゅん菜池”から

(じゅん菜池公園から)

此処数日続いた、梅雨を忘れさせる様な空も今夜辺りからは本来の姿に(?)

戻るとの予報です。今日は6月も最終日、一年の半分が過ぎ様としている訳ですが

地震噴火等自然災害、遣りたい事は何でもしようとする剛腕人災(?)など半年の

間でも色いろ在って大変でしたが、穏やかに”平和裏”な後半にして頂きたいと思います、

と言う訳で(?)骨董”満”のブログはいつもの市川「じゅん菜池緑地公園」からです。

自然を愉しみ、古い物に”時”を感じる事が出来るのも平和で静かで何もない様な日(?)

が在っての事だと思います、其れでも雨が静かに降る様な日片付けなくてはいけない物、

御処分をお考えの古い物を思い出したら(?)市川・小岩を地元・中心に永年お伺いして

いる骨董”満”迄、お気軽にご連絡下さいお伺い致します。(なんだ商売?残念!?)




2015年06月29日

「何でも買取」骨董”満”-”旅の便り”「熱海」から付録

(”ヒラメ”のオブジェ)

昨日もご案内の”糸川遊歩道”には両岸に多くの木々・花々が植えられていますが、

海と市街地を結ぶ「糸川遊歩道」は両側に色いろなオブジェも設置されて居ました。

写真・ご紹介は”ヒラメ”のオブジェが在る”水飲場”(多分?鳥の?)です、その他に

蟹や亀等タイ(ヒラメ舞踊り?)は在りませんでしたが海の生き物のオブジェが在り、

綺麗に手入れされた道は単に観光地だからでは無いと言う気持ちが伝わって来ます。

市川・小岩を地元・中心として永年書画・掛け軸・骨董など(基本何でも)”古い物”の

買取りでお伺いしています骨董”満”、処分をお考えの古い物「こんなのは如何?」と

言う様な物が御座いましたらお気軽にご連絡下さいお伺い致します。




2015年06月28日

市川・小岩・骨董”満”‐”旅の便り”「熱海」から5

(花の”糸川遊歩道”から)

梅雨の合間を見ながらの”熱海”の旅でしたが、其れでも時々は雨に会う程で

やはり梅雨は梅雨(?)と言う事でしたが、熱海は「常”春”の街」と言う日本で一番

早く咲くと言う「あたみ桜」の並木が写真の「糸川遊歩道」に在り、”梅”と一緒に

咲く様なので、次回は”春”、”梅”と一緒に咲く”桜”を見に来たいと思いました。

市川・小岩を地元・中心に”古い物”買取でお伺いしている骨董”満”ですがブログでは

何故余り商売の事をお伝えして居ません、調子の良い事や、上手な謳い文句の広告の

様な事は言えませんし、信用と実績が一番、お客さんからのご紹介が大切だと

考えますので余りブログではお伝えしいませんが、お手許に御処分をお考えの古い物、

「こんなのは如何?」と言う物が御座いましたらご連絡下さいご説明に伺います。




2015年06月27日

「何でも買取」骨董”満”‐”旅の便り”「熱海」から4

(ジャカランダ”の木)

昨日今日と梅雨らしい日が続いていますが、以前にもご案内した様に”梅雨”は

嫌いではない”満”ですが、被害が出る様な事はお断りで程々に願いたい物です。

市川・小岩・骨董”満”が先週末、久し振りに行った”熱海”の旅は、前回行かなかった

”観光コース”(?)の他、季節の関係で見られなかった”花”を見ると言う目的も在り

”熱海の海岸”に行きました。写真は熱海市が友好都市から贈られたジャカランダ”

木で中南米やポルトガル等に多く見られ、季節的には終わりに近いと思われましたが、

未だ多くの花が在って、”青い花”を愉しむ事が出来ました。

市川・小岩を地元・中心に、永年書画・掛け軸・骨董など”古い物”買取専門でお伺いして

いる骨董”満”、今のご自分の感覚に合わないもの、ご処分をお考えの古い物などが

御座いましたらお気軽にお知らせ下さい、ご都合に合わせお伺い致します。 




2015年06月26日

「古物買取」・骨董”満”‐”旅の便り”「熱海」から3

(寛一・お宮の像)

市川・小岩を地元・中心とする骨董”満”が、先週末人気復活中(?)の”熱海”に

行ったと言う、如何でも良い”旅便り”は未だ続いています。(もう少しお付き合いを)

決して特別に”熱海”がお気に入りと言う訳では在りませんが、東京からそれ程遠く無く

温泉も海も在って「”旅”に来た」と言う気分も味わえるお手頃感が良いと思います。

写真は現代だったら絶対に流行らず(失礼!)色々問題も多いと思われる”尾崎紅葉”

「金色夜叉」のシーンを再現した(と言う)”寛一・お宮”二人の”銅像”です。

(今でも良くある話?DV.?お金?-詳細以下省略、小母さん達が観光に来ていました)

市川・小岩を地元・中心を中心に書画・掛け軸・骨董等”古い物”買取でお伺いしています

骨董”満”、ブログでは余り商売っ気の在る話はしていませんが、何かご処分をお考えの

物が御座いましたらお気軽にご連絡下さいお伺い致します。




2015年06月25日

市川・小岩・骨董”満”‐”旅の便り”「熱海」から2

(熱海高台のお家)

市川・小岩を地元・中心として永年、書画・掛け軸・骨董など(基本何でも)の

買取でお伺いしています骨董”満”、ブログでは”季節の話題”、”旅”などで見掛けた風景の

ご案内などで商売っ気の在る話はお届けしていませんが今日のご案内・写真は先週末

出掛けた”熱海”で見た「となりの”トトロ”」風・様な(?)存在感在るお家です。

高台の緑に囲まれた建物は御庭も広くとても味わいの在る素敵な雰囲気でした、高台に

在る家は、素敵で憬れも在る”満”ですが、実際は坂道が大変そうにも思う”満”でした。

皆様のお手許に、今のご自分には合わないと思うもの、ご処分をお考えの古い物などが

御座いましたらお気軽にご連絡下さいお伺い致します。

ー梅雨の合間を見計らい出掛けた人気復活中(と評判?)の”熱海”の旅便りは続きます。




2015年06月24日

市川・小岩・骨董”満”‐”旅の便り”・「熱海」から1

(”初島”を望む熱海の朝)

昼間は所々、青空が見えた昨日の天気も夕方位から、局所的な”雷”・”豪雨”で、

”梅雨時”とは言え、大荒れ・遣りたい放題の”空”で、今の政治屋(?)企業(稼業?)、

時代(人々の気持ち?)を象徴している様で怖い位です、今日は打って変わって晴天

ですが、油断せず何事も誤魔化されない様気を付けてお過ごし下さい。

「何でも買います、古い物」と言う事で長い間地元を中心に、書画・掛け軸・骨董等、

ご処分をお考えの物買い取りでお伺いして居ます”満”ですが、ブログでは”旅の便り”や

”季節の話題”のご案内で、余り商売っ気の在る話はしていません、HP.他ページもご覧

頂きご処分をお考えの物が御座いましたらお知らせ下さいお伺い致します。

写真は今、人気・復活と言われている(らしい?一部で?)”熱海”の海岸、初島

望む朝の様子です、実は骨董”満”、先週末”熱海”に行ってました。(半年ぶりです)




2015年06月23日

市川・小岩・”満”‐”季節の便り”「東京国立博物館」付録

(新緑の”表慶館”)

いくら”梅雨”とは言いながら”大雨”・”強風”・台風まで来ては少し遣り過ぎの

感も在り、調子に乗った”お坊ちゃん”(?)の様で特別に注意が必要だと思います。

今日のご案内も、先日久し振りにお伺いした”梅雨”の「東京国立博物館」からで写真は

新緑の「表慶館」です、写真左手側に行くと旧因州池田屋敷の表門”黒門”、そして奥が

「法隆寺宝物館」と成ります。残念ながら”宝物館”は現在(5月から)明年3月まで

環境整備の為(?)”休館”との事ですが、”満”に取って”トーハク”の中でも、緑の多い

この辺りはとても静かで落ち着く貴重な場所です。

永年市川・小岩を地元・中心として、書画・掛け軸・骨董など”古い物”の買い取りで

お伺いしています骨董”満”、皆様のお手許にご処分をお考えの物「こんなのは如何?」と

言う物等が御座いましたらお気軽にご連絡下さいご都合に合わせお伺い致します。 




2015年06月22日

「何でも買取」骨董”満”-散歩みち「東京国立博物館」5

(銅造鍍金の”如来”)

市川・小岩を地元として、お手許のご処分をお考えの書画・掛け軸・骨董など

(基本何でも)”古い物”買い取りでお伺いしている骨董”満”、現在店舗は閉め永年の

信頼、実績からのご紹介など地元を中心に「買取専門」としてお伺いしています。

写真は今日も、先日行った「東京国立博物館」-「東洋館」からのご紹介で、明治後半

から大正初め、駆け仏教の栄えた地への憧れから中央アジア(中国西域)に派遣された

”大谷探検隊”が当時持ち帰った将来品で、3~4世紀頃の銅造・鍍金の”如来”です、

時代感と当時の中央アジアの雰囲気・味わいも伝わるとても良い物です。 

皆様のお手許或はお知り合いの方で「こんなのは如何?」「此れは?」等と言う物が

御座いましたらお気軽にご連絡下さい、勿論ご案内が在れば何処でもお伺いします。 




2015年06月21日

「古物買取」骨董”満”‐”散歩みち”「東京国立博物館」4

(中国”獅子像”)

久し振りに行った「東京国立博物館」からのご案内は続いていています。

写真は中国10世紀頃の”獅子像”です。銅製・鍍金との事ですが力強い全体のバランスと

顔の表情がとても良いです。現在一部の中国で作られた古い物の評価が高いですが、

何でも良い言う事では無く、やはり古い”美しい物”が良いのですが「美しいとは?」と、

成ると当然個々の好みも異なりますので難しい所ですし、時代年代に依っても変ります。

お手許に御処分をお考えの古い物や今のご自分には合わない物、「こんなのは如何?」と

言う物が御座いましたらお知らせ下さい、ご都合に合わせお伺い致します。

勿論ご案内が在れば、地元市川・小岩以外でもお伺いしていますのでお気軽にどうぞ。




2015年06月20日

「何でも買取」骨董”満”-散歩みち「トーハク」から3

(石の”菩薩像”)

今回「東京国立博物館」(”トーハク”)に来たいと思ったのは先日「出光美術館」で

”東洋の美”展をみてからの影響も在り、再び”トーハク”の「東洋館」をゆっくり見たいと

言う事で久し振りの訪問に成りました。写真はインドの石の”菩薩像”です。

手の部分が欠損して居る為何を持って居たのかは判らない様ですが、同じ東洋系の物と

言っても顔の表情に違いがあり、全体の雰囲気も独特で興味深い物が在ります。

皆様のお手許に書画・掛け軸・骨董などご処分をお考えの古い物など(基本何でも)、

「こんなのは如何?」と言う物等が御座いましたら先ずは電話(フリーダイヤル)で

お気軽にご連絡下さいご都合に合わせお伺い致します。




2015年06月19日

書画・骨董「何でも買取」”満-「東京国立博物館」から2

(次回企画展案内と”表慶館”)

今回、久し振りにお伺いした(?)「東京国立博物館」(”トーハク”)ですが

やはり入口前の噴水広場(と”満”が呼んでいる)の広々とした空間は気持ちをゆったりと

させて呉れました、写真は”満”のお気に入り「表慶館」と次回の企画展の案内です。

本当は此処「表慶館」前のベンチに腰掛けノンビリしているだけでも満足なのですが

そうも行かず今回の目的「東洋館」に向かいました。(理由は明日ご紹介します)

市川・小岩を永年、地元・中心にご処分をお考えの書画・掛け軸・骨董等”古い物”が

御座いましたらお気軽にご連絡下さいご都合に合わせお伺い致します。

勿論、ご案内が在れば何処でもお伺いして言いますのでお知らせ下さい。




2015年06月18日

市川・小岩・”満”‐”散歩みち”「東京国立博物館」から

(”東京国立博物館”から)

市川・小岩を地元・中心として、書画・掛け軸・骨董等の”古い物”、今のご自分の

感覚に合わない、ご処分を分をお考えの物等の”買取”でお伺いしています骨董”満”、

先日梅雨の晴れ間を見計らい、久しいぶりに「東京国立博物館」に行き来ました。

(今年3回目です)実は早く来たかったのですが、今月初め迄開催していた”昔の漫画”

「鳥獣戯画」の特別展等が在り当然(?)大勢の人が集まるであろうと予想し、それが

苦手な”満”は少し遠慮していました。この日は特別展も終わり今は梅雨時と言う事もあり

人は多くはないだろう(?静かな”トーハク”?)を予想しお伺い致しました。

案の定(?)、企画展の”中休み”(?)と言う事で梅雨の合い間の時間を過ごしました。

皆様のお手許に御処分をお考えの古い物、こんなのは如何?」と言う物、如何して良いか

判らない古い物が御座いましたらお気軽にご連絡下さい、お伺い致します。




2015年06月17日

市川・小岩・骨董”満”‐”散歩みち”「じゅん菜池」から3

じゅん菜池公園から)

連日、”梅雨”らしい日と言えば梅雨らしい日々なのでしょうが、今年の各地の

様子は”突風”やら記録的大雨と少々荒っぽい梅雨の様にも感じられます、此れも近年の

異常気象の表れと言う事なのでしょか?。写真は先日久し振りに行った、其れ等とは

全く関係の無い穏やかな雰囲気の、時々は”初夏”の風も感じられる「じゅん菜池公園」

からで、仲良く泳ぐ”鴨”達です(数は少なかったですが)穏やかな日が一番です。 

(基本的には)「何でも買います、古い物」と言う事で、永年市川・小岩を地元・中心と

して”古い物”買い取りでお伺いしている骨董”満”、今週は市場など諸々の事情も在って

お伺い出来ない日も在りますが、お手許に御処分をお考えの書画・掛け軸・骨董などが

御座いましたら、予めお電話頂ければ幸いです。先ずはお電話:フリーダイヤル

(0120-190-696迄)で御受け出来ますのでお気軽にご連絡下さい。




2015年06月16日

書画・骨董「何でも買取」骨董”満”‐”じゅん菜池”から2

”じゅん菜池”に注ぐ”小川”

梅雨時と言う事も在って、江戸川の「小岩菖蒲園」からの”花菖蒲”ご案内が

続いていたので、一昨日は久し振りに市川「じゅん菜池公園」に行きましたが、”梅林”の

梅の実は熟れ落ち、葉が多く茂り、”梅雨”と言うよりは既に”初夏”の雰囲気でした。

写真はそんな池に注ぐ”小川”の様子ですが、いつもご案内しています様に、この写真だけ

見ると何処かの”渓流”に来た様な雰囲気で、風が吹くと本当に爽やかさを味わえます。

市川・小岩を地元・中心として永年、書画・掛け軸・骨董など、ご処分をお考えの物、

ご不要に成りました”古い物等の”買い取りでお伺いしている骨董”満”、皆様のお手許に

「こんなのは如何?」と言う物が御座いましたらお気軽にお知らせ下さいお伺いします。




2015年06月15日

市川・小岩・骨董”満”‐”散歩みち”「じゅん菜池」から

(初夏の”じゅん菜池公園”

連日梅雨時と言えば”梅雨”らしい日々で、”満”的には嫌いな日では無いのですが、

(よく変わっていると言われます)現実、梅雨とは言え毎日雨・ジメジメと言う事は、

統計的にも無い様で、意外と晴れ間も在る様です。写真はそんな日の昨日(14日)、

久し振りに市川「じゅん菜池緑地公園」に出掛けました。写真は入口・駐車場から直ぐの

”浮島”を見たいつもの景色ですが、公園は手入れの後か、以外に花は無く、水鳥なども

少ない本当に静かな梅雨時・初夏の”じゅん菜池”でした。

永年開けていた店を閉め、今は書画・掛け軸・骨董など”買取専門”でお伺いしている”満”

ですが、やはり市川・小岩の地元のお客さんからのご紹介も多く信用も頂いて居ます、

勿論ご案内・ご紹介が在れば何処でもお伺いしていますのでお気軽にご連絡下さい。




2015年06月14日

書画・骨董「何でも買取」骨董”満-「小岩菖蒲園」付録

(菖蒲園から”アジサイ”?)

確かに”梅雨”時の今は、「花の季節」で、”花菖蒲”を初め、色いろな花が日々

愉しませて呉れて居ますが、”梅雨”と言えばやはり”アジサイ”は欠かせません。写真は

江戸川の「小岩菖蒲園」の「”額・アジサイ”」です(菖蒲園の”アジサイ”?)、最近は

「西洋アジサイ」と呼ばれる海外からの”紫陽花”も多い様ですが日本古来種のアジサイは

「額・アジサイ」と言う種類の様です、今は「西洋・紫陽花」の歴史も長くなり区別が

付き難い様ですが、いずれにしても今の季節、”梅雨”を味わい愉しませて呉れています。

市川・小岩を地元・中心として永年皆様のお手許に、今の自分の好みに合わなくなった

”古い物”、代々からの受け継ぎ品で、次の時代に渡したい活かしたい、書画・掛け軸・

骨董など、ご処分をお考えの物等が御座いましたらお気軽にご連絡下さい、勿論、

ご案内ご紹介が在れば何処でもお伺いしています。 




2015年06月13日

市川・小岩「骨董買取」”満”‐続々・”小岩菖蒲園から”

(小岩菖蒲園の”あじさい”)

連日、日替わりのお天気で、”梅雨”とは言いながら「今日は如何なの?」と

誰しもが気になるこの頃です、さて(?)今日はどうなるのでしょう?。梅雨時の雨は

”木々”を潤し”草花”に命を与え、暗くなる季節の花は明るさを呉れるので断れません。

確かに雨が降らないと困るのですが、雨の日ばかりでは、気持ちまで憂うつに成って、

心身共に衛生面で、不安に成るので困ると言う人も多い様、さて如何しましょう?

日本は”四季”の国では無く(?)、”梅雨”と言う季節も在る”五季”の国だと言うコラムを

以前読んだ事が在りますが愉しんでしまえばその人の勝ち(?)と言う事だと思います。

写真は今日も「小岩菖蒲園」からですが”菖蒲園”では”脇役”(?)の”アジサイ”です。

季節の移り変わりを愉しみながらも、ご処分をお考えの書画・掛け軸・骨董などが御座い

ましたらお気軽にご連絡下さいお伺い致し致します。




2015年06月12日

書画・骨董「何でも買取」”満”‐続・”小岩菖蒲園から”

(今が見頃”花菖蒲”

市川・小岩を地元・中心として雨の日も風の日も(?)書画・掛け軸・骨董など

”古い物”の買取りで永年お伺いしている骨董”満”ですが、”ブログ”では”散歩みち”等で

見掛けた季節の話題をご案内しています、取扱商品や営業の案内は、他のページも見て

頂ければ幸いです。写真は”散歩みち”から昨日の続きで、今が気になる(?)見頃の

江戸川「小岩菖蒲園」から満開の”花菖蒲”達です。晴れた日の”花菖蒲”も良いですが、

やはり、雨や曇りの日其々の”花菖蒲”の”風情”が在って中々良い物なのでお勧めです。

(「小岩菖蒲園まつり」は21日迄開催中です)

「何でも買います、古い物」と言う事で永年お伺い致している骨董”満”、皆様のお手許に

「こんなのは如何?」と言う物が御座いましたらお気軽にご連絡下さいお伺い致します。




2015年06月11日

市川・小岩・骨董”満”‐”散歩みち”最新「小岩菖蒲園」から

小岩菖蒲園から)

毎年”梅雨入り”すると数日は晴れの日に成ると言うのはよくある話で、昨日は

梅雨とは思えない晴天の(蒸し暑い?)一日に成り、その後の「小岩菖蒲園」

気に成って(何が?)梅雨入りしたばかりの昨日(10日)、早速江戸川河川敷に

様子を見に行きました。(余計なお節介なのですが)写真は青空の元、満開花盛りの

”花菖蒲”の昨日の様子です。初めの頃より花の数も多くなり、種類案内の看板も立ち、

其々の花の名が分かる様表示されていました。正しく今が見頃で此れからの天気が

昨日の様に晴天かどうか判りませんが、薄曇りの日も雨の日も其々に魅力が在ると

言う事でお楽しみ頂けると思います。(本当に余計な御世話です)

梅雨空の合い間、片付けるご予定の”古い物”、書画・掛け軸・骨董などを見付けて

仕舞ったらお気軽にご連絡下さい(余計で無ければ)お手伝いにお伺い致します。




2015年06月10日

書画・骨董「何でも買取」骨董”満”‐「都内散歩から」5

(皇居外苑”楠木正成”像)

元々は、久し振りに有楽町・日比谷に程近い「出光美術館」で、現在開催中の

「東洋の美」展(~14日迄)で、アジアンテイストをゆっくり味わいたいと出掛けた

”散歩みち”でしたが、その後”皇居外苑”では「楠木正成」像(楠公像)も鑑賞出来て

良かったです、海外などに行くとこの様な大きな銅像をよく見ますが、「武将と馬」の

躍動感の在るフォルム・表現バランスなど日本的で良かったですし、皇居外苑全体も

「特別史跡の江戸城」をはじめ日本的な空間・”美”として楽しむ事が出来た散歩でした。

関東地方も梅雨入りし、ややもすると憂鬱な気分に成りがちですが、逆に今の季節しか

味わえない時間として楽しみたい物と思います。お片付けで処分をお考えの書画・

掛け軸・骨董等が御座いましたらお気軽にご連絡下さいお伺い致します。




2015年06月09日

「古物買取」骨董”満”‐「都内・散歩みち」から4

(皇居前広場から”松原”

市川・小岩を中心・地元として書画・掛け軸・骨董などの”古い物”買い取りで

お伺いしている骨董”満”ですが、HP.”ブログ”では”季節の便り”や”散歩みち”の途中で

見掛けた事等をご紹介しています。今日のご案内も昨日に引き続き久し振りに出掛けた

”都内・散歩”からで皇居前広場”松原”の松です。本当に広々とした広場の”芝生”とその

”松”達は、勿論手入れが行き届き、松の木1本1本、全てが個性的・魅力的でとても

心までノンビリと和ませて呉れ、”緑”の空間をゆったり楽しむ事が出来ました。

昨日関東地方も”梅雨入り”し、今日の空模様は正しく”梅雨”に入りました(?)の様子

ですが、日本には”梅雨”も大事な季節です、鬱陶しい季節と思わず静かな落ち着いた

季節と味わいながら楽しみたいとも思います。夏に入る前の今頃、ご処分をお考えの

書画・掛け軸・骨董など御座いましたらお気軽にご連絡下さいお伺い致します。




2015年06月08日

書画・骨董「何でも買取」”満”‐「都内・散歩みち」から3

(皇居”二重橋”から)

完全に「東京見物」となった骨董”満”の”散歩みち”、今日のご案内はやはり、

此処!、「皇居・二重橋」からのご案内は外せません、”皇居・正面広場”からです。

湿度の高い、曇り空で鬱陶しいこの日(5日)は平日と言う事も在り来ている方々は

”観光客”だけでしたが、日本人の観光客は全く居ませんでした(多分!”満”を除く?)

市川・小岩を地元・中心に書画・掛け軸・骨董等古い物買い取りでお伺いしています

骨董”満”、基本何でも何処の国の物でも、ご処分をお考えの物が御座いましたら、電話

フリーダイヤル:0120-190-696(イクゼ・ロクロ)迄ご連絡下さい。

「こんなのは如何?」と言う物やご質問などもお気軽にお問い合わせ下さい、勿論、

ご紹介・ご案内が在れば地元以外何処でも、ご都合に合わせお伺いしています。




2015年06月07日

市川・小岩「何でも買取」”満”‐「都内・散歩みち」から2

(皇居・桜田門を望む)

少し蒸し暑く鬱陶しい中、久し振りの「都内散歩」へ出掛けた骨董”満”は、

昨日ご案内の有楽町”出光美術館”から日比谷交差点そして”桜田門”方向へとお散歩です。

当然日頃は市川・小岩を地元・中心として書画・骨董・掛け軸等の”古い物”買い取りで

お伺いしている骨董”満”ですので皇居の周りを歩くことは余り無く、本当に久し振りの

”東京”(?)で完全に観光気分の「東京見物」の日を過ごしました。

書画・掛け軸・骨董などご処分をお考えの古い物、ご実家やお知り合いの方で古い物が

在るのだが如何して良いか判らずご不安なの方等いらっしゃいましたらお気軽に

お知らせ下さいご都合に合わせお伺いします、勿論ご紹介が在れば地元以外もお伺い

しています。 写真は先に”桜田門”を、手前を右折皇居正面・皇居前広場へと進みます。 




2015年06月06日

市川・小岩・骨董”満”‐「都内・散歩みち」から・1

(日比谷交差点から)

昨日夕方からの雨は、早朝まで”タップリ”降りましたが、その雨が降り出す前、

曇り空で湿度も高く、鬱陶しい”梅雨空”の中、市川・小岩を地元・中心に”古い物”

買取でお伺いしている”満”は久し振りに「都内”散歩”」に出掛けました。(?何故?)

特別な意味が在って出掛けた訳では在りませんが、「ブログ・エントリー2500回」

超えで「原点回帰」(?)の気分も在り、”出光美術館”で開催中の「東洋の美」展

鑑賞しながら美術館の”陶片”達に会うと言う事です、中国・朝鮮・日本の昔からの古い

”陶磁器”達は仲良く(?)味わいも在り、懐かしい友人に会った気分で良かったです。

帰る頃に空模様は完全に怪しく夜は雨に成りましたが、今週末”満”に骨董市は無いので

ノンビリの時間が過ごせました、写真は曇り空の日比谷交差点から”出光美術館”方向。




2015年06月05日

市川・小岩・「古物買取」-骨董”満”「小岩菖蒲園」から付録2

(菖蒲園から”花束”?)

続報:祝「”ブログ”・エントリー2500回」

今日も市川・小岩を地元・中心に、書画・骨董・掛け軸等”古い物”の買い取りで

お伺いしている骨董”満”が、”季節の便り”や”買取り”のご案内をして来た”ブログ”

エントリーが(ご迷惑も含め?)昨日で、”2500回”を迎えたと言う、嬉しい(?)、

お目出度い(どこが?)「祝・ブログ・エントリー2500回」のお知らせです。

此れも偏に永年の皆さまのお蔭と感謝の毎日です、今後も お知り合いの方やご実家、

ご処分をお考えの古い物をお持ちの方、でも何処に頼めば良いか判らずご不安の方等の

お役に立てればと思いますので「こんなのは如何?」と言う物が御座いましたら先ずは

お気軽にご連絡下さい、勿論、ご紹介が在れば地元以外何処でもお伺いしています。

写真は今日も江戸川の「小岩菖蒲園」からで、自前でお祝いの”花菖蒲”(?)です。 




2015年06月04日

書画・骨董「何でも買取」”満-「小岩菖蒲園」から付録1

(小岩菖蒲園から”花菖蒲”

祝・”ブログ”・エントリー2500回

市川・小岩を地元・中心としてご処分をお考えの”古い物”の買い取りでお伺いしている

骨董”満”はお陰様で(?ご迷惑かも?知れませんが)、 2007年3月にブログを開始して

以来今日で!ブログ・エントリー2500回を達成しました(拍手、”パチパチ”)。

市川で店を出して居たのは、勿論それ以前からですが、今の時代小父さんも”PC.”で

ご案内をと言う事で始め、初めの頃は全て教えて頂きながら(今も同じ?)でしたが、

店の宣伝と言うより、何かお役に立てればと言う事で続け、数年前からは年間を通じて

休む事無く続け、一先ず”2500回”を迎える事が出来ました。今後も皆様のお手許に

御処分をお考えの”古い物”等が御座いましたらお伺い致しますお気軽にご連絡下さい。

写真は今日も「小岩菖蒲園」からで、今が見頃の”花菖蒲”、お祝いの花も自前です。




2015年06月03日

市川・小岩・骨董”満”‐「散歩みち」”小岩菖蒲園”から5

(小岩菖蒲園から)

「小岩菖蒲園まつり」が開催されてからまだ4日しか過ぎていないのですが、

先日のご案内から見ると今・江戸川の”花菖蒲”満開(?)に近いと思います。(多分)

今日は朝から”梅雨”らしい(?)雨模様ですが 写真は昨日(2日)の様子です、平日

にも拘らず大勢の方が今の季節・”花菖蒲”を楽しんで居ました。雨模様の中、傘を差し

ながらの鑑賞も中々粋な事と思いますが如何でしょう?(趣味が違う方は晴天の日に)

市川・小岩を地元・中心に書画・骨董・掛け軸など”古い物”(基本、何でも)買取で

お伺いしている骨董”満”、お手許に御処分をお考えの物が御座いましたらお気軽に

お知らせ下さい、「こんなのは如何?」と言う物も活かして次の時代に繋げます、

感性・感覚は一人ずつ違いますのでお探しの方に届けます。 




2015年06月02日

書画・骨董「何でも買取」”満”‐”小岩菖蒲園”から4

小岩菖蒲園から)

猛暑から始まり、噴火や”地震”等と慌しい5月が過ぎ、6月2日の今日はもう

”梅雨入り”が話題になる頃の様です、市川・小岩・骨董”満”・”散歩みち”のご案内は

「小岩菖蒲園まつり」から”花菖蒲”です。薄いピンク、紫や白などの”菖蒲”達が、

「もう少し季節を楽しみなさい」と言っている様で、少し恥ずかしい気にも成ります。

晴れなら”晴れ”、雨なら”雨”と季節の移り変わりを愉しみたい物で色取り取りの”花”と

緑の”葉”の調和がとても見頃の今、江戸川に限らず各”水郷の地”の楽しみは多そうです。

市川・小岩を地元・中心として”古い物”買い取りでお伺いしている骨董”満”、本当は、

何処か旅に出掛けたいのですが、色いろ許さない事情も在り(?)残念なのですが、

其れでも欲と仕事は忘れず(?)、ご処分をお考えのが在れば何処でもお伺いします。 




2015年06月01日

書画・骨董「何でも買取」”満”‐”小岩菖蒲園”から3

小岩菖蒲園から)

今頃の”天気予報”は難しいらしく、昨日は”曇天”の予報から一日暑い日でした。

そして何故か大きな”地震”で終わった感のある5月から、今日は早くも6月です。

市川・小岩を地元・中心として書画・骨董・掛け軸など”古い物”買取でお伺いしている

骨董”満”の”散歩みち”のご案内は、此れからが見頃、昨日開催された”江戸川河川敷”の

第34回「小岩菖蒲園まつり」からで風に揺れる風情も楽しめる”花菖蒲”です。

何かと慌しく、不安な感じも在るこの頃ですが、夏の初め、高い湿度と”雨”などで

ややもすると鬱陶しくなる此れからですが、此れからの”梅雨”の季節も、次の時代に

残したい大事な日本の”風情”として伝えて行きたいものだと思います。

梅雨から初夏へと季節の移る中、古い物のお片付けでご処分をお考えの物が御座いま

したら、お気軽にお知らせ下さいお伺い致します。