<<  2014年02月 | メイン | 2014年04月  >>

2014年03月 の記事

2014年03月31日

「何でも買います、古い物」市川・小岩・骨董”満”。

IMG_7656.jpg (雨宮静軒・造”石剣”)

少し風が強いですが、今日で”3月”は終了、市川・小岩を中心に”古い物”の

買い取りをしている骨董”満”、今月は何故か(?)長く感じた月でした。

”充実”と云う事は(絶対?)ないですが、”台湾”等で遊び呆けていたから(?)

と云う事も有るでしょうし、大きな地震から3年(関連・脈絡は無いですが?・)

どこか、何か、一つの区切りに成った様な、そんな気分の今月でした。

写真は(も?)、全く関係無いのですが、硯等の産地として有名な雨畑(端)

十一世”雨宮静軒”造「石剣」(共箱)です。古代発掘品の”剣”を雨畑の石で

模した置物(文鎮?)で、どこか”趣”が在る良い物に思います。今日、明日から

新年度やら消費税やら、テレビ番組等は”終わる”・”変わる”の時らしいのですが

骨董”満”は相変わらず(?)”古い物”の”買い取り”が続きます。




2014年03月30日

「何でも買います、古い物」市川・小岩・骨董”満”。

IMG_7652.jpg (”新山左京”作”大コケシ”)

ここ数日の、爽やかだったお天気も、今日は怪しい様で、「まあ、晴れの日も

在れば、雨の日も」と云う事で、今日は”恵みの雨”としましょう。

基本、「何でも買取」の骨董”満”なのですが、先日ご案内の様に”大きい物”、

”重たい物”は今の時代厳しいとお知らせしました。が、今日のご案内は珍しい

”大物”(?)で”弥治郎系”の伝統こけし、”新山左京”作の”大型こけし”です。

勿論、伝統に則った”木工挽き”法で造られた物で、高さは約75cm、直径は

約16cm程在り、余り見た事の無い大物で、作家さんも大変であっただろう

と思いました。底部に弥治郎・”新山左京”と在り、昭和64年1月7日(作)と

記して在りました。今の処持てる物は(?)「買取り」しています、お知らせ下さい。




2014年03月29日

市川・小岩・骨董”満”‐季節の便り「花便り」。

IMG_7654.jpg (花便りからは”チューリップ”)

いや、昨日は本当に”春”らしい(今日も)、爽やかな天気で気持の良い日で、

写真は”散歩みち”から小さな”プランター”の”チューリップ”達です。ここ数日の

暖かい日で、観る見る内に大きくなり、もう直ぐ花も見せて呉れる事と思います。

(”花”が咲きましたら又ご報告致します。)今日辺り(今夜も?)各地の桜の名

所で(隠れ名所も)大勢の人が”花より団子”(お酒?)と云う事でお出掛けの

事とご推察(?)致します、皆さま”ご注意”の上楽しい時間をお過ごし下さい。

市川・小岩を地元・中心に、書画・骨董など”古い物”「買い取り専門」骨董”満”、 

季節の変わり目は気持の変わり目(?)、ご処分をお考えの骨董等”古い物”、

「こんなのは如何?」と云う物が御座いましたらお知らせ下さいお伺い致します。




2014年03月28日

「何でも買います、古い物」市川・小岩・骨董”満”。

IMG_7644.jpg (青スダレ”茶壺”)

今日は爽やかな”晴天”、市川・小岩を地元・中心の骨董”満”、基本「何でも

買います、古い物」と云う事で皆さまの処にお伺いして20年、謳い文句通り

”何でも”色いろ、買わせて頂いていますが、正直、今の時代、”重たい物”、

”大きな物”は中々売れません。写真は”信楽焼”の茶壺で、”青スダレ”等と

呼ばれている物、大きさは種々色々在りますが写真の物は高さ約70cm、

直径約40cm、重さ?量っていません。(?・”重い”です)当時、お茶屋さん等

運搬したり店頭に飾って使われ”お茶”を入れて置くには良かったのでしょうが、

その重量等から次第に使われ無くなり、今は傘入れや大きな生花の器として

使用されている様です。骨董”満”、多少重い物でも(?頑張り)買います。




2014年03月27日

「何でも買取、古い物」-市川・小岩・骨董”満”。

IMG_7643.jpg (ご近所の”コブシ”)

昨日今日と、スッキリしない空模様ですが、”ソメイヨシノ”は”開花宣言”から

本気で(?)満開の雰囲気の様です。が、”桜”に気を取られている内に他の

木々も満開に成って居ていて、写真は数日前のご近所の”コブシ”の花です。

青い空に白いコブシの花がとても良い感じでした。 お仲間(?)の”白木蓮”や

先日もご案内した沈丁花、椿、梅や雪柳など色いろ”春爛漫”の花の季節です。

市川・小岩・骨董”満”、書画・骨董等”古い物”買い取りさせて頂いていますが、

ご連絡頂けば”花”を訪ねて(?)どこにでもお伺い致します。 ご処分をお考えの

物や感覚が合わなくなった物等、御座いましたらお知らせ下さいお伺い致します。




2014年03月26日

書画・骨董「何でも買取、古い物」-骨董”満”。

IMG_7640.jpg (深川・富岡八幡宮から)

「”東京の桜咲く!”、開花宣言」だけで「ああ、”春”だ」等と気持だけでも(?)

明るくなり、何か良い事が在りそうな気なって嬉しい物です。(何故でしょう?)

しかし、”満”の現実は厳しく(?)”花粉症”に襲われ、家から外の様子を見な

がらの状況で、現実は明るい事ばかりでは在りません。(残念!)

写真は先日の深川・”富岡八幡宮”骨董市の時の物ですが、早く上野辺りを

散歩しながら本場の(?)桜を見に行きたい処です。

市川・小岩を地元・中心に、書画・骨董等色いろ、”古い物”の買い取りさせて

頂いている骨董”満”ですが、今日、明日は雨模様の予報なので、”雨”で

花粉を洗い流し出掛けたいと思います。




2014年03月25日

市川・小岩・骨董”満”‐深川・”富岡骨董市”から。

IMG_7642.jpg (深川”富岡八幡宮”から)

「暑さ寒さも彼岸までの”関所”(?)」、”お彼岸”をクリアして先ずは穏やかな

日が続き、”春本番”の日差しに”ホッと”したここ数日で幸いです。

もう”開花宣言”前から、お花見の予定を考えている方も多い事と思いますが、

写真は先日、骨董屋”満”が頑張った(?)、深川・門前仲町「富岡八幡宮」

骨董市からです。骨董市はいつもお伝えして居る様に”満”にとって、朝の早さ

が一番の”強敵”なのですが、お天気さえ(機嫌も?)良ければ、やはり行って

良かったと思いますし、早咲きの”さくら”も愉しめたので良かったです。

市川・小岩・骨董”満”は、皆様がご不要になった書画・骨董等古い物の買い

取りをしています、”古い物”が御座いましたらお知らせ下さいお伺い致します。




2014年03月24日

「何でも買います、古い物」市川・小岩・骨董”満”。

IMG_7630.jpg (古い”ホチキス”復刻品)

記録的大雪を降らせた今年の冬も、”春分の日”を過ぎもう穏やかでしょうか、

この頃街を歩いていると、時々良い香りがする時が在ります、”沈丁花”です。

そんな季節か等とも思いますが、”香り”は人其々、好き嫌いが在る様ですが、

骨董品などの”古い物”も好き嫌いが多いようです。時々”こんなガラクタ!”と

罵倒(?)される事も有りますが、それも仕方の無い事と時々納得です(?)。

写真は事務スチールメーカーの(株)”イトーキ”が100周年記念で以前制作

した物で、約100年程前の”ホッチキス”(紙綴器)の復刻品で、桐箱に入れ

て在り、”ホッチキス物語”と云う名前の由来等が記された栞も入っていました。

骨董”満”、それ程古く無い物でも”面白い物”の買い取りをしています。




2014年03月23日

「何でも買取、古い物」-市川・小岩・骨董”満”。

IMG_7147.jpg (池順鐸・作”花瓶”)

書画・骨董などの”古い物”色いろ、”何でも買います”の骨董屋”満”ですが、

”白物家電”など電気製品は扱っていません。「何でもって書いてある」と時々

ご連絡頂きますがご説明の上お断りしています。現実(正確)には電気品でも

”面白い物”は買い取りする事も在るのですが、「面白い物って何?」の説明が

若干難しいので何か御座いますその時ご説明致します、先ずはご連絡下さい。

(フリーダイヤル0120-190-696)骨董”満”まで。

写真は韓国の陶芸作家”池順鐸”作の花生けです。古い物では在りませんし、

箱なども無いのですが、形の良さと 白磁の味が良い雰囲気の品です。

ご不要になったり、感覚が合わない書画・骨董等、皆様がご処分をお考えの

”物”がご座いましたら、”満”迄お気軽にどうぞ、お待ちしております。




2014年03月22日

「何でも買います、古い物」市川・小岩・骨董”満”。

IMG_7628.jpg (九谷焼”飯田屋”系花入れ)

”三連休””中日”の東京は、卒業式から入学式前の、”春”らしい陽気に恵まれ、

行楽日和の様ですが、”花粉”の飛来や気温差も大きい今頃、体調管理の他、

お出掛けの皆様は、渋滞や事故等にも気を付けお過ごし下さい。

書画・骨董等の「古い物、買い取り専門店」、市川・小岩・骨董”満” 今日の

ブログでのご案内は九谷焼・赤絵”飯田屋”系の花瓶です。大きさや図柄など

から、花入れとしては少し使い難いのですが、瓢箪形や赤絵の模様・図柄など

”古典的”な久谷焼の雰囲気が気に入り一つは欲しい一品かとも思います。

明日は折角の春らしい天気予報なのに(?)骨董”満”は日頃の報いか(?)

罪滅ぼしか(?)深川”富岡八幡宮”の骨董市に参加予定です。(大丈夫?) 




2014年03月21日

「何でも買います、古い物」市川・小岩・骨董”満”。

IMG_7622.jpg (木彫の”新巻き鮭”?!)

先日の暖かい日から、昨日は冷たい”雨”と、一雨毎の”春到来”と云う事や、

今週辺りからは”開花”や”前線”など、”桜”を待ちわびる話題も多くなるなど、

気持の上からは”春”で明るくなりたい季節なのですが、消費増税の話もあり

卒業式や旅行など年度替わりの季節、皆様のご気分はどちらでしょう?

写真は季節外れの”新巻き鮭”(?)ですが、実は”木彫”です。以前業者が

持っているのを観た事が在りますが、先日買い取りした中に在った物です。 

多分北海道旅行の土産品だと思われますが、何事も余り慌てない丁寧な作り

の良き時代の雰囲気も伝わって来る様です。市川・小岩・骨董”満”ご不要に

なった”古い物”色いろ買い取りしています、ご連絡下さいお伺いします。




2014年03月20日

「何でも買取、古い物」市川・小岩・骨董”満”。

IMG_7621.jpg (”八十二”・作人形)

市川・小岩を地元・中心に、”古い物”の買い取りをしている骨董”満”、そして、

基本的には「古い物、何でも」なのです。が、勿論、”売れる物”と云う事で、

「どんな物が?」と言っても、物が溢れている時代、何でも売れる訳でも無く、

”勿体ない”と云うだけでも難しく、”物を活かす”と云う事も大事な上、”価値”や

好みも其々等々、”骨董”的な物で無くとも「味わいの在る物」は人を引き付け

ますので探している方にお届けします。”満”の”ブログ”も、いつも如何でも良い

様な話題(?)だけではご迷惑なので今日は(も?)商売(?)のご案内です。

ご不要になり、ご処分をお考えの”味わい物”が御座いましたらお知らせ下さい。

写真は”八十二・作”と表示された味わい在る”人形”ですが詳細は不明です。




2014年03月19日

「何でも買います、古い物」市川・小岩・骨董”満”。

IMG_7618.jpg (”満”山野草から”藪椿”)

昨日は一日暖かい日で、関東・東京地方にも”春一番”が吹き、”春”も本番と

云った感じに成りましたが、春の嵐は”花粉”も本気で運んで来て何事も勉強

などと言って、遊びに行っていた満”には、”罰”が中ったかの様に(?)連日

くしゃみ・鼻水の厳しい日が続き泣いています。(風邪?天罰?)

写真は、”満”の大事な”山野草”の中でもやっと咲いた”藪椿”(山椿)です。

本来、さほど手入れの必要の無い木なのですが、”満”の場合は小さな鉢で、

花の数も少ないので愛しく(?)”花粉症”の事など忘れ春を嬉しく思います。

市川・小岩を地元・中心に書画・骨董などの「古い物、買い取り」の骨董”満”、

ご処分のお考えの”古い物”を買い取りしています。




2014年03月18日

市川・小岩・骨董”満”‐「“台湾一周”の旅」附録。

IMG_7583.jpg (故宮博物院”沈周”展案内)

市川・小岩の骨董”満”、今回の台湾一周・”弾丸ツアー”の目的は、台湾全体、

”地方”も見ると云う事、”台湾の鉄道”に乗る事、そして勉強と云う言い訳の他、

当然「故宮博物院」には機会が在れば何度でも行きたいと云う事で参加です。

幸い今回は特に「明四大家特展」‐”沈周”と在り、中国の著名な文人・画家

・書家であった”沈周”の作品が展示点数も多く在り愉しむ事が出来ました。

”台湾”は複雑な事情などで政治的には難しい点も多く在るのでしょが、近年は

文化的な交流も在るようで今回は31日迄開催との事です。市川・小岩の骨董、

”満”、大変勉強になったと云う事で台湾の旅・特別”附録”の追加に成りました。




2014年03月17日

市川・小岩・骨董”満”‐「“台湾一周”旅だより」7。

IMG_7463.jpg (台湾・瑞穂”北回帰線”)

勝手に小さい”島”と思っていた”台湾”は、意外に(?)大きく自然豊かな島で、

見る処も多くあると云うご案内、今日は”太平洋”側の”瑞穂”に建てられている

”北回帰線”の大きなモニュメントです。区分けとして北側は”亜熱帯”、南部は

熱帯と云う事になり、台湾を横断している目安としては、台湾海峡方向、西に

”玉山”(元”新高山”)、阿里山などが”北回帰線”になります。そして南側は

熱帯特有の珍しいフルーツが在り、北部は思ったより暑く無く、”南国台湾”の

イメージも無かったなど、”台北”だけに行っていたら分らない事も多くあり、

雄大な自然も見られた今回の旅は「台湾”新発見”」の旅でもありました。

市川・小岩の骨董買取り”満”の”台湾旅”、お付き合い有難う御座いました。




2014年03月16日

市川・小岩・骨董”満”‐「“台湾一周”旅だより」6。

IMG_7517.jpg (台湾”太魯閣渓谷”)

書画・骨董等の「古い物、何でも買取」の骨董”満”が、仕事を忘れ(?)遊びに

行ったと云う、”台湾・弾丸ツアー”のご報告(言い訳?)の話には、皆さまも

そろそろ飽きる頃(?)と思われますが、もう少しお付き合いご辛抱下さい。(?)

今日の写真、ご案内は小さいと思っていた(?)台湾中央部に3000m級の

山々が連なる”山脈”の”太魯閣”(タイ・ルー・クゥ)渓谷からです。

台湾最大の景勝地、”太魯閣渓谷”は殆どが大理石の岩盤の山で、粗直角に

切立った岩山を手掘りで切り開らいたと云う事、地震、台風も多い台湾と云う

事等を考えると、”観光”する事も”危険”な感じの処で”世界自然遺産”でも良い

と思われる雄大な景勝地でしたが、諸般の事情(?)から未登録との事でした。




2014年03月15日

市川・小岩・骨董”満”‐「“台湾一周”旅だより」5。

IMG_7377.jpg (台湾”高雄”龍虎塔)

市川・小岩を地元、中心に「何でも買取、古い物」の骨董”満”が先週”台湾”に

行った(遊び?、仕事では無い!)、”台湾一周”5日間の”弾丸ツアー”のご報

告(言い訳?)は今日も続いています。(もう少しお付き合いを)

写真は昨日からの続き南部、台湾第二の都市”高雄”の観光スポット「蓮池潭」

‐風景区、湖畔にある”龍虎塔です。ご覧の様に如何にも”中華文化”・色(?)

”デフォルメ”で、”満”の正直な感想では真面目な物とは思えない位(失礼!)の

”おもちゃ感”(?其れも良く判らない!)ですが、それらの造形、色使いが中華

らしいとも言え、その他にも”廟”、”寺院”など何処に行っても天井、梁、廂の裏側

等にも在り、中華模様、色使いは日本の寺院等にもその影響は見られます。




2014年03月14日

市川・小岩・骨董”満”‐「“台湾一周”旅だより」4。

IMG_7365.jpg (高雄”蓮池潭”から)

市川・小岩の骨董屋”満”が、遊びに行ったと云う、如何でも良い(?)、台湾

一周の”弾丸ツアー”のご報告は今日も続いていて、写真は台湾第二の都市

”高雄”から、テレビの旅番組等でもよくご紹介されている「蓮池潭・風景区」

からです。シンボルになっている”龍虎塔”は橋で繋がっていて”龍”の口から

入り”虎”の口から出ると悪い事が無くなり”厄払い”に成ると云う様なものです。

「蓮池潭風景区」呼ばれる湖畔全体は広いので、弾丸ツアーは”龍虎塔”だけ

を通り抜け、直ぐ次に行くと云う情けない忙しい旅でしたが、極彩色で精緻な

彫刻で施された寺院・建物は、急ぎ旅でもやはり外せない観光スポットなので、

一応、行って来ました(?)と云う意味でもご紹介の必見場所でした。




2014年03月13日

市川・小岩・骨董”満”‐「“台湾一周”旅だより」3。

IMG_7315.jpg (台中”文武廟”から)

小さい”島”と思っていた”台湾”(凡そ日本の”九州”位との事です)一周の旅は、

現実、連泊も無い、当に”弾丸ツアー”と成りましたが、”台中”から山岳方面へと

行くとやはり”台北”などの都会とは街の雰囲気は大きく違って来ます。

写真は昨日の続き”文武廟”から”日月潭”の湖畔を望んだ景色ですが、中華

式の屋根の形式、色などは大陸と同じで異国情緒が感じられます。

今回の”台湾旅”の目的の一つは、”台湾”の地方の雰囲気を感じると云う事も

在り、熱帯独特の木々、湖や山岳、渓谷なども在る豊かな自然溢れる本当は

大きな(?)”島”と云う事も充分味わえて良かったです。

市川・小岩の骨董”満”の”台湾旅”まだ続きます、もう暫くお付き合い下さい。




2014年03月12日

市川・小岩・骨董”満”‐「“台湾一周”旅だより」2。

IMG_7289.jpg (台中”文武廟”から)

昨日は、そして、多分今日も少し、”東日本大震災”の話題は続くのでしょうが、

当時の映像を再び見ると、自然の力の大きさは人間の”想像力”を遥かに超え、

今更ながらの反省は、色々の何故”?”を含め、時間を逆に戻せない無力さを

教えている様に思えます。”満”が先週”遊び”に行った”台湾”にも”原発”が6基

有るとの事や台湾も”地震国”で、小さな地震は粗毎日(?)常に(少し大げさ?)

在るとの事で驚きました。(遊んでる場合か?)

写真は台湾中央部なので”台中”と言っても良いのでしょう、湖畔のリゾート地、

台湾八景(?)の一つ、”リーユェタン”(日月潭)の畔、「文武廟」です。

”中華”らしい”廟”や”寺”、勝手に小さいと思っていた”台湾”の旅は続きます。




2014年03月11日

骨董”満”‐「大震災から3年の今日思う事」。

IMG_7325.jpg”台湾の旅”途中から)

今日は、あの大震災(東日本大震災)から3年、何時もいい加減、商売も忘れ

遊んでばかりの”満”ですが、今日は何故か”東京”に居たいと思いました。(?)

丸3年過ぎて(3年過ぎたからこそ?)、色んな意見、不満、要望なども在るの

でしょうし、現実、其れらに対し”満”など何も出来ないので、”満”が何を思おうが

関係なく、皆さんのご意見にご尤もですと位しか言えないのですが、3年しか

経っていないのに「そうだ!無かった事にしよう!」的な雰囲気や、”原発”も震災

と同じ次元で語られる事に、何処かスッキリしない割りきれない気持が在ります。

市川・小岩を中心に「何でも買取」の骨董”満”、”台湾一周の旅”のご報告は

明日からも続きます。




2014年03月10日

市川・小岩・骨董”満”‐「“台湾一周”旅だより」。

IMG_7260.jpg (台中”実覚寺”から)

書画・骨董など、「何でも買取」の骨董”満”、昨日のご案内で”中国花瓶”を

ご案内したからでは在りませんが、実は先週(4日から8日迄)台湾一周の

”弾丸ツアー”に行って来ました。”台湾・台北”は何度か行っているのですが

地方、島全体を観て見たいと云う事で、台北から反時計回りに5日間で周る

コースです。初め、それ程大きく無い(失礼)島なので、バス移動でも大した事

は無いだろうと考えていましたが、そんな甘い考えは通じない”独り旅”でした。

写真は台北到着後直ちにバス移動した”台中”の観光名所「實覚寺」からです。

”民俗博物館”や戦前台中で亡くなった日本人のお墓にもなっているとの事で

したが、未だ建立してから百年もたっていない(?)との事でした。




2014年03月09日

市川・小岩・骨董”満”‐商品情報「中国花瓶」

IMG_7181.jpg (中国花瓶・1対)

市川・小岩・骨董”満”、今週は”満”のお気に入り、木の物、民具、人形等の

ご案内をして来ましたが、今日は中国の”花瓶”です。何でも買取・骨董”満”は

古い物の買取していますので、古い”陶磁器”も”味の在る”物は好きです。

今の時代、陶磁器は全国(世界?)各地に作家も多く、大量に(?)造られて

いますが、逆に、だからこそ何でも良いと云う訳にもいきません。

写真の陶磁器はそれ程古い物では在りませんが、中国のお土産品とも少し

違う味わい、存在感が丁寧な作り等感じられる”品”の在る物になっています。

繪は勿論丁寧な手描きで、左右対称の”対”になっている良い物だと思います。




2014年03月08日

「何でも買取、古い物」市川・小岩・骨董”満”。

IMG_7178.jpg (自在鈎・魚の”横木”)

市川・小岩・骨董”満”、今日のご案内”木の物”(?)は古い箱から”民具”に

替わり、自在鈎の”魚の横木”です。自在鈎は他にも色々ありますが、彫刻の

動き感、鱗の感じ、時代感などが良く”満”のお気に入りの”魚”です。

この”横木”の下の鍋等を提げる、受けの部分は通常の形式と同じですが、

天井からの”空鈎”を受ける”軸”は有りません。この魚自体”置物”にもなり、

味わいの在る存在、雰囲気などもとても良いです。

明日第二日曜日は、深川・”富岡八幡宮”骨董市の日なので、当然、一応、

参加の予定ですが、空(?)の様子、”満”の様子(体調?気分?)次第です。




2014年03月07日

「何でも買います、古い物」市川・小岩・骨董”満”。

IMG_7159.jpg (ミニチュアセットと人形)

「何でも買います」の骨董”満”、今日の案内も好きだから集まった(集めた?)

”人形”と”ミニチュア・セット”のご紹介です。手前右は、小さな(縦・約4cm)

裁縫箱、左は書道セット(硯・筆等)と”キューピー人形”と”だっこちゃん”です。

キューピー人形は青い目、”だっこちゃん”は昔流行った鉛筆の上に取り付けて

遊ぶ飾り物(?)です。「其れでどうする?」と云う様なものですが、おもちゃ等は

元々そんな物で、ミニチュアのセットはお雛道具の一部だったかもしれません。

「こんなの如何するの」と云った物も買い取ります、”満”迄お知らせ下さい。




2014年03月06日

「何でも買取、古い物」市川・小岩・骨董”満”。

IMG_7157.jpg (古い箱に”人形”)

”満”は”古い物”が好きで”色々買取”していますが、連日ご案内している様に

同時に”古箱”が好きな「”箱”フェチ」でも在ります。箱が好きと言っても、本来、

当然(?)中身が大事なのですが、”満”の場合”箱”自体が好きなので困ります。

「箱を集めて、中身は如何するの、何を入れるの?」等とよく言われますが、

”満”の場合、先ずの”古箱”が大事です。”古い箱”が好きな人は”満”だけでなく、

割りといらっしゃる様で(同病?)、”骨董市”などでも互いに共感しています。

写真は古い木の箱に小さなこけし、レトロな”人形”などを入れて見ました。

木の物、箱物、人形などの他、”こんなのは如何?”と云う物が御座いましたら、

先ずは、お気軽にご連絡下さい、お伺い致します。




2014年03月05日

市川・小岩・骨董”満”‐商品情報「小箱」2。

IMG_7177.jpg (古い”小箱”2種)

3月に入り、夕方の”陽の入り”も少し遅くなった様に思いますが、”ハッキリ”

しない日が続いているので残念です。何でも”買取”の骨董”満”、その内でも、

民具、木の物などの”古い物”が好きなので、どうしても手許に多くなります。

写真左は昨日の物、右の”箱”はそれよりも古いと思われる”小(古)箱”です。

一見(どう見ても?)、”汚い箱”(?)ですが、引き出しなど、当然、使うに何も

問題無いですし、”歴史”を感じる(?)”味わい”を(”満”は)勝手に喜びを感じ、

此れからも大事に使えると思います。この様な箱は当然、状態の良い事が

大切なのですが、修理が可能な物は直して使います。この様な”古民具”等を

好きな人は元々”変な人”(?)が多い様です。(本当?多分!)




2014年03月04日

市川・小岩・骨董”満”‐商品情報「古い”箱”」。

IMG_7175.jpg (味わい在る”古箱”)

「何でも買います」の骨董”満”は古い物色いろ買い取りしていますので、当然

古い物が”好き”ですが、”民具”等の”木の物”が特に好きで集まって来る事も

多いです。写真は昔、何処の家庭にも在った様な”小箱”(古箱?)ですが、

上部の蓋が開く様になって居て、硯・筆等の筆記具を入れ店先の帳場等で

使われていた物だと思われます。此れ等の物は勿論、古ければ何でも良いと

云う事では無く、”味わい”と共に”実用的”でもある”状態”の良さも必要です。

”満”はその状態にも依りますが、”手に負える”物(?)は直して使います。

「そんなのが良いの?」等と云う物が御座いましたらお知らせ下さい。




2014年03月03日

市川・小岩・骨董”満”‐季節の便り・”雛祭り”。

IMG_7150.jpg (土人形の”お雛様”)

気温が上がったり下がったり、当に”三寒四温”の繰り返しで少しずつ”春”が

近づいて来て今日はもう”雛祭り””桃の節句”とも云われる様に”桃の花”が

似合うので本当は♪・♪お内裏様とお雛様♪・♪‐をお飾りしたい処ですが、残念

ながら今年は”店内”で飾ると云う事も無く、素朴な(質素?)な”土人形”ですが、

基本、”お祝”の気持は変わらず季節の移り変わりを愉しむ事は出来ます。

写真の土人形は新しい物ですが、伝統な雰囲気は充分良い感じです。

今は一時期流行った、”段飾り”等に替わり、シンプルな”親王飾り”などが

多い様ですが、古い物お雛様は時代を感じさせてくれ雰囲気も在って良いです。




2014年03月02日

市川・小岩・骨董”満”‐商品情報「企業販促品」

IMG_7190.jpg (日立マーク入り”メジャー”)

市川・小岩を地元・中心にお伺いしている骨董”満”は書画・骨董の他、基本、

「何でも買います、古い物」と云う事で、”古い物”色々買わせて頂いています。

写真右は、先日もご紹介した”日立モートル”の”文鎮”、左は”日立”マーク入り

のテレビ型(?)メジャーです。(裏には日立ラジオの表示も)どちらも日立製品の

販売促品用にと云う事で、取り扱い企業、或いは代理店等に配布した物と思わ

れます。この様な物は最近、余り見聞きしませんが、一時期は各企業で競い、

”流行った”ものでその時代の懐かしさも感じます。”骨董市”等では”企業物”の

コレクターの方もいるので、”何でも買います”の骨董”満”までご連絡下さい。

天気予報が中って、数日前の暖かさが嘘の様です体調管理にご注意を。




2014年03月01日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち”篠崎公園”から

IMG_7117.jpg (都立”篠崎公園”から)

「何でも買います、古い物」と云う事で、市川・小岩を地元・中心でお伺いして

いる骨董”満”、お客さんの処にお伺いする合間、良いお天気の時など”つい”

空を見上げてしまいます。(残念ながら今週末はスッキリしない日が続く様です)

今日から3月、一般的に”桜三月・春”と云う事で(もう”雪”の日はでしょうネ?)、

新芽も少しずつ色付き、三寒四温、一雨毎に”春”が来ると云った処でしょうか。

写真は”散歩みち”の続き、晴天の都立「篠崎公園」の様子です。広さの在る

公園なので大きな落葉樹や、造りも洋風の木々などが多く、冬の木立から

もう直ぐ春の雰囲気も感じられ気持も伸び伸びして来ます。が、残念ながら、

”花粉”も飛んでいる様で、”満”はもう既に酷い状態に。(悲しい)

ご不要の”古い物”が在れば、”花粉”を避けてお伺い致します。