<<  2013年11月 | メイン | 2014年01月  >>

2013年12月 の記事

2013年12月31日

市川・小岩・骨董”満”‐「皆様良い年をお迎え下さい」。

IMG_6770.jpg (”青木”と赤い実)

市川・小岩・骨董”満”、今年は「古い物、買取り」専門として、皆さまには色いろ

お世話なり、本当に有難う御座いました。心から御礼申し上げます。

今年も遂に(?)”大晦日”、”満”もお陰様で、大晦日を迎えられます。(?)

写真は”青木”とその”実”です、通常今時は”千両”・”万両”なのですが、気持は

”百万両”と同じと云う事でお許し下さい。 明年も宜しくお願い申し上げます。

皆様に取って平成26年(2014年)が、

益々良い年であります様、お祈り申し上げます。




2013年12月30日

市川・小岩・骨董”満”‐「皆さまへ、良いお年を」。

IMG_6553.jpg (五島美術館”庭園”から)

お陰様でここ数年、一日も休まず続けて来た、市川・小岩・骨董”満”の“ブログ”を

今年も休まず続けられました、此れも皆様の「寛大なお心」の賜物と唯々ひたすら

感謝する次第です。(いつも、如何でも良い話で、ご迷惑をお掛けしています。)

骨董”満”、本年も大変お世話に成りまして有難う御座いました。

写真は先月末お伺いした、「五島美術館」の庭園からです。

明年が皆様に良い年であります様お祈り致します。



2013年12月29日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち・「江戸川」から。

IMG_6791.jpg (江戸川河川敷から)

今年は猛暑、豪雨・台風などの異常な自然現象の上、今年も続いた事件・事故等の

”人”の異常現象(?)も重なって大変な年だった気もしますが、良い事も在った筈、

年末の大掃除の方、もう”帰省先”と云う方、「もう日本には居ないよ!」と言う方も

(ブログ等見ない?)、年末年始、思い出してゆっくりと楽しくお過ごし下さい。

写真は、先日の少し曇った空模様の”江戸川河川敷”からですが、”満”は今年も

いつも、息抜きの”散歩みち”として過ごさせて頂きました。(”満”はその程度です)

市川・小岩・骨董”満”、「古い物買取り専門」として、今年も大変お世話になり、

有難う御座いました。明年も宜しくお願い致します。

明年が皆様に取って良い年であります様お祈り致します。




2013年12月28日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち・「じゅん采池」から。

IMG_6780.jpg (じゅん采池公園から)

昨日が仕事納めで、今日から一応(?)お休み(?)と云う方も大勢いらっしゃるとも

思いますが、年末年始の支度で、それ処では無いと云う方、帰省に向っている方、

もう、既に”国外”の方(勿論”満”のブログ等見ていない)など年の瀬は何かと慌しい

です、”大掃除”の方は(正確には”煤払い”と云うらしいのですが)皆さま慌てたり、

余り無理をしたりせず、楽しく(?)お過ごし下さい。

市川・小岩を中心に本年は「古い物”買取り”専門」になった骨董”満”、本年は

大変お世話に成り、有難う御座いました。来年も宜しくお願い申し上げます。

皆さま良い年をお迎え下さい。




2013年12月27日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち・「じゅん采池」から。

IMG_6783.jpg (じゅん采池公園の”鴨”たち)

昨日は勘違いして、「明日頃まで仕事?」と書いてしまいましたが、土曜日がお休み

の方は、今日で仕事納めの方が多い様です。今年はカレンダーの並び(?)が良い

と云う事で、年末、お正月休みが”9日間”取れるとの事(”掃除日”含む?)、皆さん

張り切り過ぎたり、飲み過ぎたりしない様、体調にも気を付けお過ごし下さい。

写真は昨日の続き、市川「じゅん采池公園」から元気な”鴨”達です。

昨年末に”店”を閉め、「買取り専門」での新たな一年になった”満”、今年も色いろ

お世話になりました、本当に有難う御座いました。

皆様、良い年をお迎え下さい。




2013年12月26日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち・「じゅん采池」から。

IMG_6785.jpg (じゅん采池公園から)

皆さま”クリスマス”は楽しい時間をお過ごしでしたでしょうか?、今年も残り一週間を

切って、明後日が年内、”仕事納め”と云う方も大勢いらっしゃると思います。

いよいよ大掃除、お正月の準備でお忙しい頃です。が、写真はその様な世の中、

年末の状況も理解しない、判らない(?)”満”が、先日の23日、久し振りに出掛けた

「じゅん采池緑地公園」の様子です。(”忙中閑在り”です・?)スッカリ”冬景色”

言った感じの”じゅん采池”は落ち葉も多く水面に漂い、鴨・水鳥だけが元気でした。

市川・小岩・骨董”満”、書画・骨董等古い物の買取り、年内一応、28日頃までの

予定です、何か”古い物”が御座いましたらお知らせ下さい。




2013年12月25日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みちから「Merry X.mas」。

IMG_6708.jpg (散歩みちから)

北国からは雪だより、各市場からは”正月”支度のご案内など、もうソロソロ仕事

納めの様相でしょうか、直ぐ”お正月休み”です、もう少し頑張りましょう。

でも今日は、

Merry Christmas!   メリークリスマス! 

皆さん”良い子”で、今朝はチャンとプレゼントを貰えたのかしら?

市川・小岩・骨董”満”は年末など余り関係なくお仕事、片付けで、やはり何処と無く

慌しい気分です。皆さま未だ、お仕事の方も多いと思います、風邪など引かない様

体調管理、事故などにも気を付け良いお年、お正月をお迎え下さい。




2013年12月24日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みちから「Merry X.mas」。

IMG_6589.jpg (ご近所の”山茶花”)

冬も本番、今年も残りあと一週間となって、そして、今日は”クリスマス・イブ”です。

Merry Christmas! メリークリスマス!

本来今日は、”イブ”(前夜) と云う事なのでしょうが、多分、殆どがクリスチャンで

無い(?)日本人にとって、どっちでもいいけど、重要な”年中行事”なのですから、

皆さんお楽しみ下さい。何事もない穏やかな日で在れば充分です。

市川・小岩を地元にする骨董”満”も飲み過ぎない様、程々の時間を過ごします。

写真は散歩みち途中の、ご近所の”山茶花”です。何故か、よく在るクリスマスの

花とは違う様ですが気持は同じ(?)と云う事で。




2013年12月23日

市川・小岩・骨董”満”‐古物・買取り「続・伊万里”古壺”」。

IMG_6694.jpg (伊万里・古壺”高台”裏)

本年最後の”三連休”も晴天で、「天皇誕生日」から明日は(本番より盛り上がる?)

”クリスマス・イブ”へと、今年も残す処、後一週間となり”年末本番”(?)です。

市川・小岩・骨董”満”は、今年も「何でも買います、古い物」と云う事で、地元を中心に

色いろ買わせて頂きました。年内は一応、28日まで営業ですが、古い物のご処分を

お考えの方、何か御座いましたらご連絡下さい、ご都合に合わせお伺い致します。

写真は昨日からの続き、やはり以前古いお家から分けて頂いた、伊万里”古壺”の

高台裏(?)の様子です。(年末に”お尻”(?)など診せて失礼します)

”李朝”白磁の雰囲気も見せますが、時代、出所、味わい(?)等も見せる見処です。




2013年12月22日

市川・小岩・骨董”満”‐古物・買取り「伊万里”古壺”」。

IMG_6696.jpg (伊万里・白磁”小壺”)

三連休の中日、市川・小岩の骨董”満”、”冬至”の今日も書画・骨董など、”古い物”

の買い取りをしています。一応、28日頃位までが皆さまのご都合(?)でしょうか?。

写真はやはり、以前古いお家から買わせて頂いた”白磁の古壺”です。

骨董屋は、兎角何でも、”古”、或いは”初期”を付けたがるものですが、”満”は通常、

その点取り敢えず控えます。(本心では”そう”?・!”の時もあります。)

何れにしても”満”的には、この”古(小)壺”の大きさ(直径・約20cm)、

ふっくらとした”形”、時代感、見せる為だけでなく作られた感じ等が気に入って

落ち着きます。何の変哲もない小壺ですが飽きず落ち着きます。

何か処分をお考えの”古いもの”が御座いましたら先ずはご連絡下さい。




2013年12月21日

市川・小岩・骨董”満”‐古物・買取り「”南蛮人”徳利2」。

IMG_6698.jpg (南蛮人・紋”徳利”胴部)

今日から”三連休”の方も多いと思いますが、この時期に「休める連休」と云う方は

若しかすると、少ないのかなとも思います。現実、此の時は”大掃除”と云う方や、

年内の片付けや、仕事が在って休んでられないと云う方も多いと思います。

体調管理、事故等にも気を付け頑張って下さい。

市川・小岩・骨董”満”も年内は(当然連休中も)28日まで「買い取りしています!」

写真でのご案内は昨日に続き、以前買い取りした、古い”九州”の”徳利”です。

ご覧の様に”紐作り”址、寒入、緑と赤で描かれた”南蛮人”(草花も)など 民窯では

在ると思いますが、伸び伸びと描かれた絵付け、ふっくらとした形の大らかさなどが、

時代の古さなどとも相俟って”満”のお気入りです。




2013年12月20日

市川・小岩・骨董”満”‐古物・買取り「”南蛮人”紋徳利」。

IMG_6697.jpg (”南蛮人”紋・徳利)

12月も20日になれば各所から、「良いお年を」等のご挨拶の声も聞こえて来ます。

皆様、年末のお片付け、新年の支度に忙しくなる頃かと思いますし、今週末位から

来週に掛けては、”十大ニュース”や今年の出来事などで、今年の反省・総括や、

「もう仕上げの頃ですよ」等の頃ですが、残りの日にまだ何か在るかも(油断大敵)。

市川・小岩・骨董”満”は、昨年末12月に、十余年続けた店を閉めての一年でしたが

気持ちの片付け(?)も、商品などの整理などもしながら、買取りや営業など一年

良く頑張った年(本当?・反省の年!?)で在ったと思いましょう(思い込み?)。

写真はやや大振りの”変わり紋”の”徳利”です。土は唐津似(同様)の黒い胎土で、

古さも在り、何より繪柄・模様が変わっているので”満”お気に入りの一品です。




2013年12月19日

市川・小岩・骨董”満”‐旅便り「北海道”登別”」附録。

IMG_6646.jpg (登別温泉”地獄谷”から)

東京地方にも”雪便り”が届き、積もる、積もらないが冬の重大関心事ですが、雪は

脆弱な都会の弱点です、冬の間注意に越した事は在りません、お気を付け下さい。

残り少なくなった年末、皆さんが忙しいこの頃に、北海道・”登別”まで遊びに行った

”満”の旅だよりは今日の”附録”で終了です。写真は”登別”の観光名所”地獄谷”

先週の様子です。雪を被った、硫黄臭が立ち籠る”谷”は、間欠泉や湯気が立ち上り、

昨日ご案内の”鬼”の前を過ぎて、街に戻ると「からくりの”エンマ堂”」もあり、極楽

通りと云う商店街もありました。地獄も鬼も閻魔さんも今の時代、特に大事かも。

書画・骨董・”古い物”買い取りの”満”、年内は28日(土)頃位まで(?)真面目に

頑張りたいと思います、何か”古い物”御座いましたらお知らせ下さい。




2013年12月18日

市川・小岩・骨董”満”‐旅便り・「北海道”登別”」から3。

IMG_6631.jpg (”地獄谷”途中の”青鬼”)

市川・小岩・骨董”満”が、皆さんは忙しい年末、Hokkaidou・”登別温泉”まで遊び

に行ったと云う 如何でも良い話(?)ですが、もう少しお付き合い下さい。

写真は登別の名所、”地獄谷”へ行く途中の関所(?)にも色いろな見世物(?)が

あります、写真は地獄谷へ行く途中にある、祠(ほこら)と”青鬼”です。隣には仁王

立ち(?)の大きな赤鬼もあります。登別の観光名所は”地獄谷”でシンボルが”鬼”、

と云う事で土産品など各所に”鬼”が在りました。

市川・小岩を中心に書画・骨董などの”古い物”の買い取りをしている”満”ですが、

昨年”店”を閉めてから、鬼の様に働いて来たと云う事(?其れは無い!)なのか、

少し真面目に働かないと、鬼が来ると云う事か(?)兎に角、年内もう少し頑張ります。




2013年12月17日

市川・小岩・骨董”満”‐旅便り・「北海道”登別”」から2。

IMG_6638.jpg (登別・”地獄”まであと?)

北国・日本海側では、今季最大の”寒波”襲来とか、今年夏の猛暑・異常気象の事

などから”大雪”が予想されるとか、”雪”の予報も”冬”も、各地本格的(本気?)に

開始の様子ですが、兎に角先ずは、被害や事故の無い事を祈ります。

市川・小岩・骨董”満”が、”登別温泉”に遊びに行った、如何でも良い話の続きは

今日も続いていますが、勿論、年内の仕事が納めになった訳では在りません。

書画・骨董、古い物色いろ、何でも買取しています。年内の片付け、ご処分を検討して

いる物など御座いましたらご連絡下さいお伺い致します。

今日の写真は、登別温泉では外せない、観光名所”地獄谷”迄、あと90mとの案内

の看板です、勿論途中には”鬼”もいます(?)、”満”の遊び納めには外せない処です。




2013年12月16日

市川・小岩・骨董”満”‐旅便り・「北海道”登別”」から。

IMG_6634.jpg (登別・”地獄谷"への道)

今年も残りあと半月、マスコミ等でも今年の”十大ニュース”や、総括等締めの話に

なるこの頃です。市川・小岩・骨董”満”、思い起こせば去年の今頃は、十年以上

続けた”店を閉める”と言う事で、正直、今頃は何をしていたのかさえ思い出せない

時間を過ごしていましたが、今は「まだ一年前の事か!」、と云う思いが強いのは、

今年一年、頑張って来た(?)証拠?、如何でしょうか。(?少し疑問です)

そんな事とは関係は無いのですが、先週は北海道、”登別”に行って来ました。

(又、如何でもいい話で申し訳なく、済みません) 登別は温泉地なので、「仕事です」

とも言えず、日頃からよく頑張っている自分(?)への慰安旅行(?)とも言えず、

”はい、遊び”(!・?)です。天気にも恵まれた旅で、写真は”支笏洞爺国立公園”、

”地獄谷”への入り口と云った看板の処です。(なぜ?)




2013年12月15日

骨董”満”‐「鄙人形作家・”布士富美子”さんご紹介」5。

IMG_6567.jpg (表情も可愛い”鄙人形”)

市川・小岩・を中心に”古い物”の買い取りをしている骨董”満が、以前分けて頂いた

”鄙人形”作家、「布士富美子」さんの作品、ご紹介は一先ず今日で終了です。

昨日までご案内の作品は高さ約:30cmほどですが、勿論、小さい作品も在ります。

当然、数としては多い様で、今日は可愛い作品(高さ15cm)のご案内です。

世の中、基本的にネットなどで売れている物に焦点が当りがちですが、良い物と

売れている物は違う様で、”満”が勝手に入れ込んでも仕方のないですが、良いもの、

面白い物で、世の中もっと評価されても良いと思う物が在ると思いますし、其れが

本当の”掘り出し物”と思うのですが如何でしょう。




2013年12月14日

骨董”満”‐「鄙人形作家・”布士富美子”さんご紹介」4。

IMG_6599.jpg (可愛い衣裳の”男子”)

”雛人形”作家、「布士富美子」さんの作品のご案内は、今日も続いていて、昨日の

足元アップ(?)から、今日は上半身をアップしました。一度は何処かで見た事が在る

と言う、在る程度のご年配の方も、名前までは知らない様なのでご紹介しています。

素朴で可愛い顔をしたお人形達の衣裳、足元などを観ても判る様に、丁寧にしっかり

造られたお人形達からも、其の作品に掛ける情熱、思い入れが伝わってきます。

”満”の勝手な(?)思い入れとは別に、本来もっと評価されて良いと思うのですが、

作品の数が多く無い事もあり、オークションなどの”取引”(?)としては全く少く、

知らない方も多い様です。”鄙(ひな)人形”の詳細、もっと詳しい情報は”満”だけに

偏ってはいけないと思いますのでご興味の方はお調べ下さい。




2013年12月13日

骨董”満”‐「鄙人形作家・”布士富美子”さんご紹介」3。

IMG_6598.jpg (”鄙人形”の足元?)

今日も市川・小岩・の骨董”満”がお気に入りの”鄙人形”(ひなにんぎょう)作家、

「布士富美子」さんの作品からの紹介・ご案内が続いています。(先ずは”足元”から)

”布士富美子”さんは明治40年、江戸時代から続く”布商人”の家に生れ、平成11年、

93歳で亡くなられました。生前から水上勉、壷井栄など多くの作家や著名文化人に

愛され、一時期は東京でも展示販売された様なので、作品自体は全国に亘っている

との事ですが、その数は余り多く無く、「何処かで見た事が在る」と言う方も名前までは

(?)と云う事で、”幻の人形作家”と呼ばれている様です。

作品への情熱、作りの丁寧さ、人形の表情の愛らしさなど、一度見ると忘れられない

魅力が在ります。今日の写真では、作品の丁寧さを先ずは”足元”でアップしました。




2013年12月12日

骨董”満”‐「鄙人形作家・”布士富美子”さんご紹介」2。

IMG_6584.jpg (鄙人形”男の子”2)

市川・小岩・骨董”満”が、以前、お母さんが関西ご出身と云う方から分けて頂いた、

幻の布人形・”鄙(ひな)人形作家”、「布士富美子」さんのご紹介を続けます。

”鄙人形”(ひなにんぎょう)は「鄙びた、田舎の人形」などと云う意味で、布士さんが

命名者とも云われています。その素朴な表情から”命名”の心も伝わって来ますし、

その人形作りに掛ける情熱、思いの表情、お人形が着ている衣服の造りや細部の

丁寧さ等全てに亘って感じられます。関西の作家さんと云う事や、その活動時期が

戦前や戦後の頃に中り、関東ではあまり知られて居ない事も在る様ですが、正直、

もっと評価され、”有名”でも良いと思うのですが、作品の数が多く無い事なども

在って、知られていない様なのでご紹介です。




2013年12月11日

骨董”満”‐「鄙人形作家・”布士富美子”さんご紹介」1。

IMG_6569.jpg (”布士富美子”作・男の子1)

市川・小岩・骨董”満”、基本、書画・骨董など”古い物”なんでも買取りしています。

今日のご案内が、年末向きかどうか疑問ですし、古い物では在りませんが、とても

味わい、雰囲気のある、「布士富美子」さんの布人形作品”鄙人形のご紹介です。

「布士富美子」さんは、関西ご出身と云う事や、子供さんやお弟子さんも無い事、

作品も多く無い事などの経歴から知らない方も多く、業者・市場でも知らない人が

多く、一部では”幻の人形作家”と呼ばれています。が、生前から一部の文化人、

著名人の方々から愛され、多くの雑誌等でも取り扱われていた人形作家です。

幻のの人形作家」と云われていた「布士富美子」さんのご案内もう少し続きます。




2013年12月10日

市川・小岩・骨董”満”‐商品情報「組・”菓子器”」。

IMG_6604.jpg (組”菓子器”)

先週末には美術館、日曜日は久し振りに頑張って、門仲”富岡八幡宮”の骨董市、

そして途中には業者の”市場”と、”満”も年に一度位は(?)帳尻合わせの頑張りで、

真面目に(本当?当然?!)仕事に励んでいます。

市川・小岩・骨董”満”のブログ・「商品情報」、今日のご案内は漆器の”菓子器”です。

盆付きの菓子器、銘々皿などで、紋はお正月や祝い事にでも使える”祝い紋”です。

街なかではクリスマス、お正月の準備などで年末気分も盛り上がって来ましたので

お正月用、お目出度い”漆器”等、準備しておくのも良いと思います。が、寒さも厳しく

なって来ています風邪など引かない様、体調管理や事故にも気を付けお過ごし下さい。




2013年12月09日

市川・小岩・骨董”満”‐商品情報「小さい”大黒”木彫」。

IMG_6575.jpg (小さい木彫の”大黒”)

市川・小岩・骨董”満”が、先日からの調子に乗っての”商品情報”は、今日も”大黒”

ですが、特に”ミニ物コレクター”(?)の方にご案内です。

写真は高さ・約2.3cmの木彫の大黒さんです。しっかりと、細部まで丁寧に彫られ、

金彩などの彩色も施されているお顔も大変良い一品です。

「何でも買います、古い物」の”満”ですが、今も昔も、”ミニ”物の”コレクタ-”は居て、

正直、その様な方へのお伺いは”満”も楽しみです。小さい物、古い物など何でも、

御座いましたらお知らせ下さい、ご都合に合わせお伺い致します。




2013年12月08日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「根津美術館」から。

IMG_6591.jpg (根津美術館入り口から)

市川・小岩・骨董”満”は、先週の”五島博物館”に引き続き、昨日、青山の名館(?)、

”根津美術館”に行きました。(マメなの?、暇なの?―多分、その両方です。)

現在、”根津美術館”では、特別展「井戸茶碗」を開催中(12月15日迄)で”満”は、

先週の五島美術館”本阿弥光悦”の名碗に続き、”茶碗”等茶道具をしっかり(?)

勉強、見て置きたい云う真面目な探究心(?・嘘です、絶対!)、雰囲気、味わい、

何が大切なのか等、少しでも愉しみ、学べればと云う気持ちで行って来ました。

正直、何れにしても、骨董屋の儲かれば何でも良い的(?)な発想と同レベル(?)の

館内に於ける、各先生方の目利きさ、博学さ等の講義は、程々にして頂けると良い

な等とも思ってしまう”満”でも在りました。(済みません!)




2013年12月07日

市川・小岩・骨董”満”‐商品情報「真鍮の”戎・大黒”」。

IMG_6578.jpg (小さい”戎・大黒”)

骨董”満”では、「こんなの在ります」位の意味の”商品情報”ですが今日のご案内は、

金属製の小さい、味の在る”戎・大黒”です。大正か昭和初期頃のものと思いますが、

小さい(高さ:3cm弱)、多分真鍮製の物と思われるものです。昔はよくご商売をして

いたお家の神棚などに飾り、家内安全、商売繁盛を祈っていた物だと思われます。

戎さんの表記に付いては、色いろ在る様ですが、今の若い方には、少し時代に合わ

ないかもしれませんが、”縁起担ぎ”として大切なアイテムかとも思われます。

「こんな古い物が在るんだけど」などと、云う事が御座いましたらお知らせ下さい。

明日は実質本年最後の”富岡八幡宮”・骨董市です、頑張れるか?”満”。 




2013年12月06日

市川・小岩・骨董”満”‐商品情報「古い”文鎮”中国」。

IMG_6404.jpg (古い文鎮”文人と水牛”)

市川・小岩・骨董”満”が、何処かに行ったなど「もう良い!」と云う方のご意見も多く

在り、久し振りの”商品情報”(こんなの在ります位の意味)、ご案内は中国の古い

”文具”のご紹介です。基本的には”文鎮”だと思いますが、形・大きさから”筆架”

にも使えると思います。此れは”満”が7・8年前、中国・上海で買い入れた物で、

”水牛”に腰掛けた老人の姿です。正直、人物は可なりいい加減な作りの顔(頭?)

ですが、古さの味わいもあり、当然、中国が、古い物を海外に出しても良いと言う

”蝋印”(封蝋とも云う)も在ります。金属の正確な種類は不明ですが全長5cm程の

使い勝手良く、永年使われて来た味わいがとても良いです。 




2013年12月05日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「五島美術館」から5。

IMG_6534.jpg (五島美術館”不老門”から)

「何でも買います、古い物」と、商売の損得ばかりを考えがちな(残念!)”骨董屋”の

ブログでも、本当に良い物を見せて頂く、”美術館・博物館”は有難く勉強になります。

先週お伺いした市川・小岩・骨董”満”の”散歩みち”でご案内の”五島美術館”からの

ご案内も、皆さまの「もういい加減にしろ」の声も聞こえて来ている様ですので本日が

最終便です。写真は本当に、都内とは思えない位広大な敷地の美術館と”庭園”の

入口にも成っている(多分、通常は開けていない)”不老門”からです。

その時代にも依るとは言え、昔の”数寄者”の大きさ、心の豊かさにも感謝です。

基本”満”の勉強不足に依るものとは言え、今後も感謝の気持ちで、各地の美術館・

博物館にお伺いしたいと思います。




2013年12月04日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「五島美術館」から4。

IMG_6549.jpg (五島美術館”庭園”から)

「何でも買います、古い物」の骨董”満”、皆さま、身も心もそろそろ慌しくなる、

年末の中で、いつもの暢気な(?)”散歩みち”、もう少しお付き合い下さい。

写真でのご案内は、昨日に続き、”五島美術館”から”庭園”の石仏からです。

秋の日の夕暮、庭園に置かれた、もの思う風情の”石仏”達は、屋外、自然の

方が似合いますし、味わいも感じられ、とても良いものです。

此の時は”本阿弥光悦”展を開催していましたが、今は「茶道具取り合せ」展

開催中です。”茶道具”関連では”根津美術館”で”井戸茶碗・展”(15日まで)

が開催中で、”満”に取って、勿論勉強になりますしいつも楽しみです。




2013年12月03日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「五島美術館」から3。

IMG_6552.jpg (五島美術館”庭園”から)

忙しくなる12月に、先週に続き今週までも、連日”散歩みち”なんて(?)、

”満”のブログ、「又(?)、手を抜いているんじゃないの?」等と云う一部の

(多くの?)ご意見も在りますが、決してその様な事は御座いません。

”古い物”の買い取りを行っている骨董”満”、ご連絡頂けば、年末でもお伺い

しています。「何でも買います、古い物」の買い取りのご案内は他のページ

ご参照の上、お電話頂ければ、ご都合に合わせお伺い致します。

今日の写真は昨日に続き、”五島美術館”のお庭から、紅葉下の”石仏”達です。

広いお庭には石仏達も多く置かれ、其々とても良い表情を見せていました。




2013年12月02日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「五島美術館」から2。

IMG_6543.jpg (五島美術館”庭園”から)

”師走”に入って2日目(?)、”忘年会・月”(?)も今週辺りから本番(?)の人、

本番は既に終わっている方(?)、色いろ在ると思いますが寒さも本番です、

風邪を引いたり、飲み過ぎたりしない様、体調管理にもご注意して、忙しい、

年末を、楽しく無事故でお過ごしください。(”満”こそ大丈夫?!)

市川・小岩で、書画・骨董等、古い物買い取りをしている骨董”満”のブログは、

こんな時こそ”散歩みち”(?)です。折角久し振りにお伺いした、「五島美術館」

”本館”からお庭に出て、茶室に向かって行く途中にある門です。崖在り、池在り

の本当に広い”庭園”は丁度、秋・紅葉の綺麗な季節でした。




2013年12月01日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「五島美術館」から。

IMG_6536.jpg (五島美術館入口から)

今日から12月、毎年の事とは言え、良い事・悪い事、本当に色いろ在った

今年の様にも思います。が、終わり良ければ全て良し(?)と、云う事で残り

一ヶ月、今年の仕上げ(?)に、師匠も走る忙しい”師走”ですので、”使い走り”

(?)の”満”も当然、走り仕上げたいと思います。(出来れば!)

写真は世田谷の「五島美術館」入口からで、「特別展”光悦”・桃山の古典」

今日迄(?)やっています。最終まで日が無いと云う事で一昨日行って来ました。

著名な”町衆”、”本阿弥光悦”の書跡・陶芸など、展示作品の迫力は勿論、

同時に美術館の”秋”も堪能して来ました。― (美術館の”秋”は続きます。)