<<  2013年09月 | メイン | 2013年11月  >>

2013年10月 の記事

2013年10月31日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「菊花大会」から。

IMG_6274.jpg (菊の花色々”善養寺”から)

色いろ在った10月(毎月色々在りますが)も今日で終了、つまり今年もあと2ヶ月と

云う事です。市川・小岩・骨董”満”のブログは、今日も”散歩みち”からです。”台風”

の所為でしょうか、どこか今月は、自然災害の多い月だった様に感じてしまい、”満”

のブログでも散歩みちなど、”季節の便り”、話題が多くなってしまった様に思います。

写真は、”秋”を知らせる”定期便”、”影向の松”(ようごうのまつ)で有名な、江戸川、

”善養寺”の「影向菊花大会」からです。(10月15日から 11月23日迄開催)

まだ開催されたばかりで、花の開花には少し早い様で、咲き始めたばかりの感じ

ですが、花の種類、色・形、作り方など、菊作りの名人たちの顔も偲ばれる感じが

して、とてもいい”散歩みち”になります、やはり今の季節”菊”は良いです。




2013年10月30日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「房総族」(?)から。

IMG_6249.jpg (房総の”里山”)

昨日、関東・東京地方は、結局、肌寒い雨の一日に成ってしまいましたが、今日は

爽やかな”秋晴れ”に成りそうで、ホット一息と云った感じです。基本的に、一雨毎に

秋に、そして秋から冬にと云う事なのでしょうが、自然災害の多い昨今、余り過激な

変化の訪れはお断りしたいものです。

写真は先一昨日、市川・小岩・骨董”満”が、海を観たさに(仕事名目ですが)、久し

振りに房総半島、”鴨川”に行く途中、里山の景色です。一見何も無い(確かに!)

景色ですが、豪雨などで、土石流被害等の光景などを見ると、青い空と何も無い

里山の景色さえ、有難く、和む気持ちになってとても良かったです。稲刈りなども

済み、どちらを観ても”実りの秋”の風景があり、久し振りに、房総(暴走?)族を

愉しんだ”満”でした。




2013年10月29日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「鴨川海岸」から。

IMG_6251.jpg (葛ヶ崎方面を望む)

市川・小岩・骨董”満”が、一昨日、”晴天”なのにも拘らず、深川・”富岡八幡宮”の

骨董市を休んだのは、勿論、”仕事”云う名目では在りましたが、久し振りに海を見

たかったと言う事も在りました。写真は、千葉県は外房、”鴨川”の海岸から、葛ヶ崎

方面を見た様子です。以前何回か、此の浜に来た記憶は在りますが、地元でも無い

ので、只車が止めやすく、海が少し見られれば満足する位の”満”なので、名前は

知りません。(”葛ヶ崎”の名前は調べました。)が、多分、サーファーの方には有名な

場所だと思います。台風が去った後と云う事も在るのでしょうが、大勢のサーファーが

来ていました。青い空と潮風を、久し振りに味わう事が出来て、”満”には、充分満足

の一日でした。”仕事?”、勿論、頑張りました。(多分!?)




2013年10月28日

市川・小岩・骨董”満”‐マンネリの”反省”(?)。

IMG_6233.jpg (”久宝”造、古伊羅保写し茶碗)

 市川・小岩・骨董”満”が、ブログを開始してから7年半以上に成りますが、最近、

他の業者さんの”ブログ”などを拝見していると、良いな、皆さん良く頑張っているな、

良いHP.(ホームページ)だな等と、思う事が多く(時々?)在ります。

”満”も何処か、いつか、マンネリ化した感じを作り替え、新しいイメージに変えたい

とは思うのですが、基本的に、パソコンの理解、技術の問題、費用等の問題が

大きく、その限界を感じても”変革”が出来ず、”フリーズ”したままです。(残念!)

写真は、古”伊羅保”の写し”茶碗”、”久宝・造”の物ですが、”伊羅保”の雰囲気が

現れていて、とても良い物と思います。写しでも、新しい創造の雰囲気、味わいが

在れば良いのだと思える良い作品です。茶碗も”満”も、新しい使い方(?)、アレンジ

で冒険して見たいと思いますが、如何なりますか。(どこか壊れるかも!・?”頭?”)




2013年10月27日

市川・小岩・骨董”満”‐花便り・”野辺の花”。

IMG_6241.jpg (咲き分け?”花”)

市川・小岩・骨董”満”、今日も(?)深川・”富岡八幡宮”骨董市を休みました。

もう、何ヶ月も、”ズル休み”(?)、いや、今日は別の用でお出掛けで、一応仕事(?)、

古い物の”買取り”と云う、”名目”の仕事(遊び?)で骨董市は休みました。

お天気は台風一過の”秋晴れ”の予報ですが、そう成るか否か、微妙な所も在る

のでしょうが、皆さまには、二週続けての台風で、ご無事でしたでしょうか?。

写真は、ご近所の花壇から失礼した(?)”花”の様子です。名前は”ポーチュラカ”

との事、他の花は赤やピンク、白い花でしたが、此の花だけ他の多くの物と花が違って

いましたが、この様な”絞り咲き”も在るとの事、此の花は、通常10月頃までが開花

時期との事ですので、今年はもう終わりの様です。今週は台風の話題ばかりで

落ち着かない週でしたが、明日位から、暫らくは落ち着いた”秋”に成るのでしょうか。




2013年10月26日

市川・小岩・骨董”満”‐季節の便り・”青葉の櫨”?。

IMG_6247.jpg (未だ青葉の”櫨の木”も)

昨日は昼間、一時、「本当に台風が来てるの?」と云う時間も在りましたが、今日は、

さすがにそうは往かない様で、一日中大雨の予報です。時折風も強くなる時もある

様ですくれぐれもご注意下さい、この様な日は、”ジッと”していた方が良さそうです。

市川・小岩の骨董”満”も、今日は静かに、”大人しく、”台風が過ぎ去るの待ちます。

写真は、昨日の続きと言えば続き(?)、”鉢”は異なりますが”櫨”の寄せ植えです。

ご覧の様に同じ”はぜの木”でも全くの”青葉”で、紅葉の兆しさえ見えません、この

様な”鉢”でなくとも、木々は、陽や風の当り具合など、置かれている状況に依って

大きく変わってきます。天気は、午後には回復する様ですが、”満”は明日も(?)、

都合により、”富岡八幡宮”骨董市を休みます(?)、”晴天”の予報なのですが。




2013年10月25日

市川・小岩・骨董”満”‐季節の便り・”秋・紅葉”。

IMG_6222.jpg (今が見頃―”櫨の木”)

先週の大型台風の被害、特に”伊豆大島”等への大きな被害からでしょうが、今週は

”ダブル台風”と云う事もあり、”警戒”、”注意報”などの情報が多く出ている様に思い

ます、事前に判る事に付いては注意を喚起して、被害を防ぐ方が良いとは思います、

皆さまも今日、明日、特にご注意下さい。

写真は骨董”満”の大切な”山野草”達の一つ、”櫨の木”の寄せ植えです、下草の

”セリバオーレン”(確か?多分!)等より”櫨”のみ大きくなって、鉢とのバランスが

良くないのですが、今、丁度、”紅葉”の色が良いので上げて見ました。

秋になると台風が来て、前線などの雨が”秋”を呼ぶ、そんな季節では在りますが、

昨今の異常な気象現象か、今年は台風も多い様です、昨今の異常な社会現象の

表れでも在るのでしょうか?いずれにしても、皆さま、一人ひとり御注意下さい。




2013年10月24日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「国立博物館」附録。

IMG_6195.jpg (国立博物館内”表慶館”)

スッキリしないお天気どころか、”ダブル台風”の心配もされる今週、充分な注意に

越した事は無いと思います、お気を付け下さい。市川・小岩の骨董”満”が普段とは

似合わない”芸術の秋”も飽きたと思われますので、今日が最終日、”特別付録”と

云う事で、(其れも”要らない!”と言う方も大勢?)本日で終了します。

写真は、以前にもご紹介の、「東京国立博物館」内、”表慶館”です。先週末の良い

お天気の時の様子ですが、上野のお山は、”芸術の秋”で無い方にも、平成館で

開催される”特別展”や、先日来ご案内の”東洋館”等の他、動物園(?)他、各種

文化施設、其々に楽しめる催しが在りますのでお勧めです。お天気の良い日、

或いは、一寸時間の在る時など、如何でしょうとても楽しめると思います。




2013年10月23日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「国立博物館」から5.

IMG_6213.jpg (東洋館から”石仏”)

ここ数日の、スッキリしないお天気は、ついに(?)明日辺り”台風”を呼ぶか(?)、

先週の大型台風に続き、今度は”ダブル”との事、充分お気を付け下さい。

”芸術の秋”気取りの、骨董”満”の”散歩みち”は今日も国立博物館内、”東洋館”

一階に展示された”石仏”達(?)のご案内です。

元々”東洋館”への目的は、上海博物館の”中国絵画”を見る事が目的でしたが、

この様な”特別展”は、当然撮影等は禁止ですので、撮影が許可されている各階の

中から”満”の”勝手好み”から、焼き物、銅製、そして今日は”石仏”です。東洋館は

今年初めのリニューアルから、各階・室の展示も変わり、一階には”中国彫刻”

展示されていて、ご案内の石仏の他、重量も存在感も在る(?)展示品が多く在る

ので、本館一階の大きな仏像達(?)と共に、”芸術の秋”でない方にもお勧めです。 




2013年10月22日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「国立博物館」から4.

IMG_6217.jpg (朝鮮”神将立像”)

普段の営業活動に合わず、”芸術の秋”を気取っての、市川・小岩の骨董屋”満”の

”散歩みち”は、今日も上野「東京国立博物館」内、”東洋館”からのご案内です。

昨日ご案内の様に、東洋館は朝鮮、中国を始め、亜細亜各国の文化、伝統工芸品

など色いろ、云わば”骨董品”(?)を展示していますが、今日ご案内の写真は朝鮮・

7世紀、三国時代の銅造、”神将立像”です。”骨董品”と云うと何か胡散臭い、商売

の感じで、嫌になってしまいますが、味わい、存在感の在る、古い物は見る人に

いつも何かを、語りかけています。この”銅造・神将立像”も味わい、存在感があり、

時代、国を超えての魅力を感じます。”満”の”勝手な好み”と云う事には成りますが、

商売とか仕事を超えてとても良いと思います。いずれにしても、”満”、”散歩みち”の

”勝手な好み”ですが、もう少しお付き合い下さい。




2013年10月21日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「国立博物館」から3.

IMG_6218.jpg (唐三彩”獅子”)

”芸術の秋”を気取った、骨董”満”の”散歩みち”、「東京国立博物館」からの企画展、

のご案内は未だ続いています。「東京国立博物館」は、明治5年創設の日本最古の

博物館で、”本館”を始め、昨日の”東洋館”、一昨日ご案内の”平成館”、以前一度

ご案内した”表慶館”や”法隆寺宝物館”、資料館などが在り、いつでも何日でも楽し

める処です。写真は、昨日ご案内の”東洋館”、中国展示階からで、常設展示品、

”唐三彩”の”獅子”です。展示表示には”三彩獅子”・唐時代・個人寄贈との表記が

在りました。東洋館には、中国を始め、韓国などアジアの陶磁器、青銅器、工芸品、

染織なども多く展示されていて、地階には、文化財を3D最新映像などで観賞できる、

ミュージアム・シアターが在ります、骨董屋さんも、商売の事ばかり考えず、しっかり

勉強しなさいと云う事でしょう。




2013年10月20日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「国立博物館」から2.

IMG_6194.jpg (東京国立博物館から)

市川・小岩を中心に、古い物の買取り等をしている骨董”満”が、普段とは似合わない、

”芸術の秋”を気取っての”散歩みち”は再び、「東京国立博物館」からのご案内です。

今回 ”国立博物館”へ行った目的は、同じく館内に在る、”東洋館”で開催中特別展

「上海博物館」”中国絵画の至宝”(11月24日迄)展も拝見したいと言う事でした。

以前にも何度か、”上海博物館”には行きましたが、全体を見るとなると、中々落ち

着いて観られないと言う事と、案内表示など、やはり日本の方が見易いと言う事も

在ります。写真は東京国立博物館・本館、その右手が”東洋館”です。今回は、

東洋館の”リニューアル記念展示”と云う事、また東洋館は、常設的な展示品など、

一部を除いて、自由に写真も撮る事が出来たり、触れる事も可能でゆっくりと愉しむ

事が出来るので、ゆっくり、”芸術の秋”散歩みちを、愉しめると言う事で来ました。




2013年10月19日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「国立博物館」から。

IMG_6188.jpg (博物館前噴水から)

どことなく、何となく、ハッキリしない今日の天気ですが、昨日はやっと少し”秋”らしい

お天気でしたし、時間も在ったので(いつも暇?)、上野の「東京国立博物館」へ行って

来ました。時々行く”平成館”では今、”京都・洛中洛外図と障壁画の美”展と云う長い

題名の展示を開催しています。約400年前の京都の様子を詳細に描いた、屏風繪

”各本”の展示を始め、乱世の時代から江戸時代へと、変化の時代の京都、御所、

二条城などの障壁画が、往時の空間が感じられる様に展示された、とてもゆったりと

した特別展に成っている様に感じられとても良かったです。

写真は博物館前の”噴水広場”からですが、高くなった秋空の元、”東洋館”では、

”上海博物館”の絵画の展示なども在り、いつも忙しない”満”も一寸”芸術の秋”

気取って見ました。




2013年10月18日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みちから、”花束”(?)。

IMG_6171.jpg (コスモスの”花束”)

一昨日の大型台風26号は、各地に甚大な被害をもたらしました、特に”伊豆大島”

では、「一体、何が起きたのか!」と思う位、酷い状況で、被害に遭われた方々には、

心からお悔やみ、お見舞い申し上げます。

確かに、特に、一昨年の”大地震”以来、”自然”に対する見方、考え方など、改めて

考えさせられています。同日のニュースでは、その台風の影響で、北国や高地では、

紅葉を乗り越えて、”初雪”が在ったなどの便りも在り、自然の大きさ、季節の移り

変わり身の早さ等に驚かせられます。しかし自然は又、”人”に多くの恵み、美しさや、

癒しも与えて呉れています、恐れるだけで無く、謙虚に向かえと云う事でしょうか。

写真は先日の、”江戸川区民まつり”から、コスモスの”花束”です。(本当は”鉢植え)

自然・季節・花には、人を慰め、癒し、励ましてくれる力も在ります。




2013年10月17日

市川・小岩・骨董”満”‐商品案内「染付大皿3・”附録”」。

IMG_6158.jpg (六角皿の”裏面”から)

昨日の記録的大型台風26号は、各地に、記録的にも大きな被害をもたらしました。

特に伊豆大島では、大変な人的被害も出てしまいました、心からのお悔やみと、

お見舞いを申し上げます。今年最大などと云われても、今年は台風多発の年とも

云われ、自然災害の多い今年です、何事にも注意が必要な時代の様です。

骨董”満”のご案内は、昨日の変形”六角皿”の裏面、裏描きの様子(”附録”)です。

大皿に限らない事ですが、裏面の描き・模様なども、陶磁器の”見所”の一つで、

雰囲気、年代、丁寧さなども、窺い知れる処なので、珍しく”満”でもご紹介です。

当然の事ですが、表面と同様の”べロ藍”・呉須で、全体に描き込まれ、裏面も良い

味わいに成っています。”満”には呉須以外の大皿も在りますが、普段使いとして使う

には色絵皿より、”呉須”皿の方が使い易いかも知れません。




2013年10月16日

市川・小岩・骨董”満”‐商品案内「染付大皿3・”山水”」。

IMG_6155.jpg (六角大皿”山水図”)

十年に一度とか、今年最大(?)と云われる、”台風26号”の影響で、昨夜来からの

雨・風等は、今朝が本番で、特に各交通への影響や自然被害が予想されています、

充分にお気を付け下さい。”警戒”です、”気を付けて”と云われても困ってしまうの

ですが、可能な方は、出掛けないで、”ジッと”している事がベストでしょうか。

市川・小岩を中心に営業している骨董”満”、今日のご案内も”大皿シリーズ”(?)で、

第三弾は少し変形の、”六角大皿”です。図柄は、その六角をデザイン的に活かして、

三等分、中央を三角にし、”山水図”や鶴などの”吉祥紋”を配しながら、六角の縁は

花弁の様になっていて、全体の印象が、平坦にならない様に工夫されています。

”呉須”はコバルト色の強い”べロ藍”で、インパクトの在る一品になっていています。

図柄の面白さと呉須のべロ藍で、飾っても使っても面白いと思います。




2013年10月15日

市川・小岩・骨董”満”‐商品案内「染付大皿2・”鷹”」。

IMG_6150.jpg (染付大皿”鷹の図”)

 市川・小岩・骨董”満”、今日のご案内は、先日の続きに戻り、商品のご案内です。

一昨日ご案内の皿と同じ、染付の大皿です、寸法も粗同じ40cm位の丸皿で絵は

荒波に立ち向かう”鷹”です。鷹と鷲の違いは、若干、微妙な部分も在る様ですが、

取り敢えず”鷹”としました。大きなお皿は、昨今、主に取り扱い上(特に奥様方?)

からか、敬遠されがちですが、骨董のアイテムとして、図柄や時代感により、何点か

は欲しい物だとも思います。特に”呉須”、染付のお皿は、大きな盛り皿としての使い

勝手や工夫次第で、面白く使う事が出来ると思います。写真では伝わり難いのですが、

”鷹”の姿、波の雰囲気などの描き込みが良いので、飾り皿としても良いと思います。

良い図柄、時代感のある良い物を選んで、自由に使った方が良いと思います。




2013年10月14日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「区民まつり」から。

IMG_6167.jpg (”江戸川区民まつり”から)

今日は”祝日・体育の日”です。「エッ!体育の日?」、そうです、高齢者(?)から

すると、”体育の日”は10月10日(第一回(?)東京オリンピックの日)と決まって

いたのですが、それが、いつの頃からか(だいぶ昔です!)、その様(?)になり、

そして、昨日は「江戸川区民まつり」の日でもありました。会場は”満”が時々ご案内

している、”都立・篠崎公園”です。公園全体を使っての会場は、”老若男女”皆が

楽しめる様に工夫されたイベント、国内各地、世界各国の特産品、物産コーナーなど

も在り一日楽しめました。また、”江戸川区”は”花卉”生産地としても知られ、花や

緑の特売場なども在り、久し振りに”お祭り”気分でした。因みに、先日の”満”ブログ”

上で、不明としていた、紫色の”花木名”は「紫式部」でした。(そう言えば!・?)

樹形が大きく、実も大きく感じたので、判り難かったと言い訳しておきます。




2013年10月13日

市川・小岩・骨董”満”‐商品案内「染付大皿1・”鯉”」。

IMG_6154.jpg (染付の大皿”鯉の滝登り”)

市川・小岩を中心に、「書画・骨董、古い物」の買取りをさせて頂いている骨董”満、

ここ数日、”ブログ”でのご案内は”散歩みち”からでしたが、基本的には「散歩みち・

時々・商品」と云う事で、今日は如何した事か(?気まぐれ?)、商品のご案内から

です。こんな物が在ります位の事で、特別の意味は在りません、もしご興味の物が

御座いましたらお問い合せ下さい。(「散歩みち・時々・商品シリーズからです)

写真は、染付の大皿(直径約42cm)寸法のお皿です。お皿の縁は花弁に成って

いて、二匹の”鯉”が滝に登っている図です。(季節外れ?)縁の絵付けの切れ具合、

山水の背景など、デザイン的にも良いと思います。図柄が鯉である事、大きさなどで、

使い勝手が制限されると言う見方も出来ますが、気にせず(?)、普段使いとして

使ったり、飾っても良いと思います。




2013年10月12日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち”お庭先”から。

IMG_6141.jpg (散歩みちから)

市川・小岩を中心に”書画・骨董・古い物”の買取り専門店・骨董”満”、ここ数日は

”買取り”のご案内より、「散歩みち」からの”季節”のご報告ばかりです。

今日は若干暑い様ですが、久し振りに”秋空”の感じです。カレンダー通りで、土曜

もお休みの方は、再び今日から”三連休”の方も、大勢いらっしゃる事と思います。

先月は二回の”三連休”、今月も、しかし良く考えて見ると一年の内、殆ど、毎月位に

”三連休”が在る事に今更気が付きました。(”満”自身連休とは殆ど、関係が無いので)

”満”は連休に関係ないのに、明日の”富岡八幡宮”骨董市は都合により休みます。(?)

写真は散歩途中で見かけたお宅の庭先の、”花の実”(?何の?)です。申し訳ない

のですが、この様な”洋花っぽい”(この様な言い方も変ですが)、花の名前は思い付き

ません、が、まあ、花の名前は知らなくても、散歩は出来ると言う事です。




2013年10月11日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「江戸川河川敷」2。

IMG_6146.jpg (秋の江戸川河川敷)

市川・小岩中心に、”古い物の買取り”営業をさせて頂いている骨董”満”、骨董屋が

”お散歩?”などと、如何でも良い話をお伝えしているブログですが、「こんな面白い

物が在りますよ!、どうですか?」「売って下さい!」など、余りに商売っけばかりを

云うのも嫌ですし、上手くないので、”もっと古い物を、季節を愉しみましょう!”と云う

方が大切だと思いますので、(と、言い訳しながら) 今日も昨日の続き「散歩みち」は

暑いながらも、江戸川の河川敷から”秋”のご報告で、写真の鉄橋は京成本線です。

京成線の右手(下流)に行くと、千葉街道からJR線(総武線)に成ります。

高い空と風に揺れる”ススキ”など、暑いとは云っても”秋”は秋です。

中々落ち着かない季節ですが、ご近所のお散歩もお勧めです。




2013年10月10日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「江戸川河川敷」。

IMG_6142.jpg (”秋”の江戸川河川敷)

「本当に”秋”?」と云う程の”猛暑”、もういい加減にして欲しい位のものですが、

相手は”自然界”の事(?)、全く話しを聞いて(?)くれません。それなら、それも

”愉しんだ者”勝ちと云う事です。市川・小岩の骨董”満”、ブログでは、ここ数日、

暫くは”散歩みち”からのご案内をお送りしていますが、勿論、ご不要の”古い物の

買い取り”は従来通り行っていますので、何か具体的な事に付いて、処分をお考え

の事がご座いましたら、お知らせ下さい。

写真は昨日、強風の江戸川河川敷からの風景です。確かに少し(?可なり?)暑い

日でしたが、其れでも秋は秋で、愉しんで来ました。確かに”秋”です、若干、負け

惜しみの様な気もしましたが、此れは”何を愉しむ秋”と云うのでしょう?




2013年10月09日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「江戸川」から。

IMG_6133.jpg (市川側”江戸川”から)

昨日、いつもの床屋に行きましたら、開口一番が、「今日も暑いですね!」でした。

”台風”などの影響も在るのでしょうが、10月8日の朝とは思えない、少し異様な

感じの挨拶で、「如何しようか?」と云っても、何も出来ないのが現状で、「互いに

頑張って往きましょう」と云って店を出ました。今日の写真は”満”・”ホーム・ページ”、

”営業案内”の頁、”秋”の処でも使用している、江戸川河川敷からの、大きな欅の

ある公園からです。先日の”じゅん采池”から、河川敷に出て、又いつもの様に来て

しまいました。此のベンチ、或いは奥のベンチに腰掛けていると、雲が少し多くても、

少し位暑くても、川面を撫でてくる風が心地良く、何も考えないで(考えない様にし

て?)、ノンビリしていると、とても良い”秋”が過ごせるのです。




2013年10月08日

市川・小岩・骨董”満”‐続・散歩みち「じゅん采池」

IMG_6122.jpg (じゅん采池から)

今日は24節気の内”寒露”、確かに今朝”露”らしき物は在りましたが、予想気温が

28度(?)、何処かでは無く、既に、完全に、”異常気象”では在ると思います。が、

ご案内している、”じゅん采池公園”だけでなく、今の季節、散歩していると、何処から

ともなく”キンモクセイ”の良い香りが漂ってきます。他にも、コスモスやススキ、

”ハナミズキ”や”ソメイヨシノ”の葉も紅葉・色付き初め、季節の移り変わりが感じ

られるとても良い季節です。市川・小岩・骨董”満”、昨年末には十年以上お世話に

なった店を終了した事も在り、今年春、三月末には「”満”の市」を開くなどして出来

れば後半も何か”企画”をと考えましたが、気が付くと、本年は既に終盤に。(反省!)

今後も”古い物・買取り”の基本は変わりませんが、何か考えが纏まればご案内します。

ブログでのご案内は暫らく、「散歩みち・時々・商品」(シリーズ?)の流れになります。




2013年10月07日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「じゅん采池」から。

IMG_6127.jpg (じゅん采池の”鴨兄弟”)

ここ数日の、鬱陶しいお天気も、今日は少し、晴れ間も見えるとの事ですが、気温も

上って暑くなるとの事、中々爽やかな”秋晴れ”のお天気とは成らない様です。

体調管理も難しいこの頃お気を付け下さい。

そんな中、昨日は久し振りに、市川・「じゅん采池公園」に行きました。もうスッカリ

”初秋”モード?とも思ったのですが、やはり世の中、それ程単純では無い様です。

写真は、少し前には(多分)、可愛いヨチヨチ歩きだったと思われる”カルガモ”です。

皆同じ大きさだったので、多分兄弟(姉妹?)だと思われるますが、仲良く”お散歩”

の様でした。”カルガモ”は基本、”渡り”はしないとの事ですが、他の水鳥達はもう

旅立ったのでしょうか、全体に数も少なく、多くの羽根だけが残っていました。

紅葉等は未だ、気配も無い感じですが、秋から初冬の準備は進んでいる様子でした。




2013年10月06日

市川・小岩・骨董”満”‐「万世橋」・附録・”国鉄帽子”

IMG_6118.jpg (国鉄時代”帽子”2点)

昔からの言い伝え、”言葉”と云うのは、やはり重みが在る物で、「一雨毎の季節の

変化」は昨日の雨で、”秋”に成り、もう暑くなる事は無いと思います。(多分)

”秋本番”ですが、朝晩寒い位の時も在ります、風邪引き等にご注意下さい。

”骨董”買取り”満”の”散歩みち”で、”旧万世橋駅”や”鉄道” で思い出した物が在り

ましたので、特別”附録”でご案内です。写真は旧国鉄時代の、「帽子・2点」です。

散歩が先か、帽子が先か(?)位の時に買い取りをした物ですが正式な帽子(?)と、

作業の時等に被る、帽子(多分)の2点をご案内します。”満”としては、何の詳しい

説明も出来ないのですが、マニアの方が詳しいのでお任です。数も多く残っている

様で、特別珍しい物では無い様ですが、その時、同時に現場関係の(?)”東鉄”

ヘルメットと、作業帽も共に買い入れました、が、其方も詳しくは判りません。




2013年10月05日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「万世橋」から。3

IMG_6094.jpg写真で見る”万世橋”から)

一昨日の”真夏”、昨日の”秋”、そして今日は寒い”秋雨”と、激しい気温の変化で、

体調管理が難しいこの頃です、皆さん風邪など引かない様ご注意下さい。

先日からの、骨董屋”満”の”散歩みち”は、今日も「旧万世橋駅」からのご案内です。

正式名称「”マーチエキュート”・神田・万世橋」は以前、”交通博物館”の在った場所

でも在り、お洒落な、カフェ・バー、ショップなどの店舗が在る、素敵な空間ですが、

当然、その”万世橋駅”としての案内も在り、以前ホームが在った所に上る階段に、

写真の”案内板”が在ります。案内には、”写真で振り返る万世橋”と在り万世橋駅

の歴史を見る事が出来ます。鉄道ファン・”鉄ちゃん”で無くても興味のある案内です。

いよいよ”秋”も本番です、スポーツ・芸術・食欲など、皆さんに取って今年の”秋”は

どんな秋にするご予定でしょう。




2013年10月04日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「万世橋」から。2

IMG_6096.jpg (旧”万世橋駅”址から)

市川・小岩・骨董”満”が、新しくなった秋葉・”万世橋”辺りを、ウロウロ、新しい物

見たさに出掛けた、”散歩みち”のご案内は昨日の続き、お洒落なお店が多く入った

アーケード、神田川沿いの”古い煉瓦造り”、”旧万世橋駅” 駅舎からです。

正式名称は「マーチエキュート・神田万世橋」で、(元)駅舎の高架橋には、ご覧の

通り”駅名表示”も在り、中央線も通ります。(勿論、停車はしません脇を過ぎます)

”満”は今回時間も無く、また、”鉄っちゃん”でも無い為、詳しい、正確な説明も

出来ないのが残念ですが、古い煉瓦を活かした建物の全体は、やはり、どこか

懐かしさが漂います。周辺は”秋葉原”(正式な住所は神田須田町)なので、違った

マニア(?)の人が多く集まる所でもあるので、そのギャップも興味深いです。

次回は青空の日に、ゆっくり来たいと思いました。




2013年10月03日

市川・小岩・骨董”満”‐散歩みち「万世橋」から。

IMG_6105.jpg (”万世橋”から)

東京・関東地方は、台風も過ぎ、取り敢えず今朝は、雨は無しと云う事ですが、昔の

様な(いつ頃?)、”台風一過”とはどこか違う様で、その言葉も”死語”の世界に入った

のでしょうか?(最近は”死語”自体も無くなり”私語”の様な感じも)

市川・小岩を中心の骨董”満”も、最近は商売っ気が無くなり、「商品情報」ご案内も

続かなく、又暫らくは”散歩みち”に成りそうです。今日のご案内は、台風の影響が

表れる数日前の、秋葉原・「万世橋」からの様子です。何事に付けても、”ミーハー”

(この言葉は完全に”死語”入りしていますが)の”満”は、”リニューアル”したと言う

”旧万世橋駅”跡地の、お洒落なお店が集まっている”エリア”に行きました。

全くお洒落では無い”満”には、この様な”地区”は苦手なのですが、勉強の為(?)

も在ってと云う名目で行きましたが、面白かったです。




2013年10月02日

市川・小岩・骨董”満”‐商品情報「鎌倉彫”菓子器”」。

IMG_6109.jpg (鎌倉彫”菓子器”)

台風22号の影響で、今朝はしっかりした”雨”(?)、強い風も在り”要注意”です。

最近は、大雨が降ると、大きな被害も出ていますくれぐれもご注意ください。

”満”としては、”山野草”への水遣りが無く助かりますが、程々にして欲しい物です。

市川・小岩・骨董”満”、本日のブログでのご案内は、商品情報(こんな時に)から、

「鎌倉彫り」の”菓子器”です、菓子器としては少し大振りな感じに成るでしょうか?

(寸法:直径約27.5cm、高さ・7cm)共箱で”和田松丘”作とあり、鎌倉彫、

”腰高” とも、”牡丹”との添え書きもあり、牡丹の花を題材に創作した、とても丁寧に

作られた、しっかりした思いが感じられる、漆の塗りも厚い、堅牢な作りに成っている

とても存在感の在る良い物と思います。




2013年10月01日

市川・小岩・骨董”満”‐商品情報「”古銅”花生け」。

IMG_6085.jpg (古銅”花入れ”)

今日から10月、”アッ”と言う間の、今年後半(末?)は、仕上げの時期に入った

様な気もしますが、何れにしても、後悔の無い、1日1日を過ごし、大切な時間に

したいと思います。今の時代、マスコミや、コマーシャルなども油断できない時代、

話題が多い時代でも在ります、騙されるのも”罪”、自業自得、と云われてしまう

時代でも有り、残念ではありますが、”安全だ”と云われても、皆さんお気を付け、

ご注意下さい。市川・小岩・骨董”満”、今日のご案内は、とても雰囲気、味わいの

ある、古い(”古銅”と云えるか如何か)銅製の”花生け”です。

形状、雰囲気等から、”古銅”と呼んで差し支えないとは思いますが、如何でしょう?、

判定、ご判断は直接見て判断下さい、”満”としては、お勧め出来ますが如何でしょう。