<<  2013年03月 | メイン | 2013年05月  >>

2013年04月 の記事

2013年04月30日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報「中国茶・急須」(5)。

IMG_4887.jpg (中国茶・急須”竹尽くし・2”)

G・W(大形連休)が、今日で”中休みと云う”方、”まだまだ休みだよ~”と云う方、

色いろですが、お天気も一休みの様子ですが、後半は良くなりそうです。

いよいよ春も本番!皆さま無事故で、楽しい休暇、”春”をお過ごし下さい。 

ブログ、写真で”満”のご案内は、今日も”中国茶・急須”の続きです。

今日ご案内の急須は、先日ご案内物とは別のタイプの、異なった”竹尽くし”です。

既にご案内の急須にも、窯元、”題材”等の表記が在るのですが、浅学の為、

正確には判読できません。(此の辺が、他の業者と違う点!-どう云う意味?) 

胴周りに切った竹を在り付け、注ぎ口、持ち手には、若い竹や、地下茎等の他

摘みには何かの(?)”鳥”などがあり、楽しく手の込んだ、しっかりした技術で

作られた良い急須達です。此れ等の急須で、美味しい”中国茶”を頂きたい物です。




2013年04月29日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報”「中国茶・急須」(4)。

IMG_4895.jpg (中国茶・急須シリーズ4)

ゴールデンウィーク(G・W)前半が、今日で一区切りと云う方、それ程は休めないと

言う方、又、全く関係ないと言う方も、世の中”十連休”など、そう在る物では無い様です。

そんなに休んで居ては、”ダメな骨董屋”(?)と、同じに成って仕舞います。と云いつつ、

不明な”骨董屋”(?)のブログでのご案内、ご紹介は、今日も「中国茶・急須シリーズ」で、

昨日の物に似ていて少し違う、”かぼちゃ”(?)でしょうか?(少し違う?)、”瓜”の様に

成った胴部と、摘みの部分とですが、湯を注ぐ口には、似た様な葉っぱが付いている、

やはり、正体不明な(?)急須です。そして、少し判り難いのですが、胴部の”葉”の

処には、(イタチ?、リス?)何か、尻尾の在る動物が二匹遊んで(?)います。 

この様な、中国茶の急須のアレンジ、バリエーション、遊び心には本当に感心し、

コレクションしたくなった方の気持も良く判りますし、使うより、飾っておいて愉しむ、 

そんな気にさせてくれる楽しいコレクションです。 




2013年04月28日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報”「中国茶・急須」(3)。

IMG_1943.jpg (蓮田(?)の”蛙”中国急須)

市川・小岩・骨董”満”、今日は本来、通常の月なら、”富岡八幡宮”の第四日曜日の

”骨董市”の日になるのですが、其の日が28日の時は、お休みになります。(残念!?)

昨日から始まったG・Wで、今日もお休みの皆さまはごゆっくりお過ごし下さい。

全く関係の無い皆さまは、”其れなり”(?)にと云う事になりますが、「休みは、時々

在るから、楽しめて良いのだ!」と云う御意見も”お休み”には在ると思います。

”満”のブログ、ご案内は「”急須シリーズ”」からです。(決して手抜きでは在りません)

今日ご案内の”急須”は、色も形も昨日とは、違う印象のもので、”蓮田の蛙”(?)です。

取っ手も、注ぎ口も底の方も、”蓮”の葉が表現され、茶色の胴部の上にユーモラスな

”蛙”が乗り、全体にコミカルな感じで、遊び心が在って、”満”は好きです。

此れ等”コレクション”は、集める事が目的で在ったのか、全く”使われた感”は在りません。

勿体ない様な気もするし、コレクションとはその様な物と云う理解も出来ます。 




2013年04月27日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報「中国茶・急須」(2)。

IMG_4896.jpg (中国茶・急須”竹尽くし”)

世の中、早い人(?)は今日辺りから、「ゴールデン・ウィーク(G・W)-”NHK”云う所の

”大型連休”(?)」との事で、休みの取れる方は、毎日が”お休み”との事です。

(”満”は毎日”G・W”?、そんな事は在りません!本当?多分!) 

市川・小岩・骨董”満”、今日のご案内も、昨日の続き、コレクターの方から分けて頂いた

”中国茶・急須”シリーズ」から、今の季節に合わせた”竹尽くし”柄(?)です。

竹の根元から、地下茎の”取っ手”、蓋の摘みは”竹の子”に成っています。

題材が”竹”の所為でしょうか、土色の使い分けは無く、単色ですが、良く焼き締まった

感じから、焼成温度の高さが判ります。全体に、これらコレクションから、中国職人の

技術の高さと、遊び心も感じられて楽しくなります。

連休中のお天気は、一時、安定しない日も在る様ですが、全体的には良さそうな

天気(予報)との事、皆さま無事故で、楽しいお休みの日をお過ごし下さい。 




2013年04月26日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報「中国茶・急須」(1)。

IMG_4888.jpg (中国茶の”急須”1.)

市川・小岩・骨董”満”は、本年から、営業の中心は古い物の”買取り”ですが、一先ず、 

ブログでの、「何でも買います、古い物」の”お知らせ”は休みにして、以前、コレクターの

方から分けて頂いた”中国茶急須”のご案内です。いつも、ブログでご案内の様に、

従来から皆さまに、色いろな”古い物”を分けて頂いていますが、古い物で無くても、

皆さまには、本当に色いろな、コレクションや収集のものがあって惹かれます。

写真は、色いろなバリエーションが在る、中国茶の”急須”を集めていた方のコレクション

からの物で、今日のご紹介は摘みの部分だけでなく、胴部のなども全体に”獅子”が

題材になっています。 摘みの獅子の足元の部分と胴部の茶色で囲まれた部分なども

動く様に成っていて、細工の細かさなど、いかにも中国の陶磁器のらしい、特徴も

見られてとても興味深いです。 明日も「中国茶”急須シリーズ”」は続きます。 




2013年04月25日

書画・骨董“何でも買います、古い物”-市川“満”

IMG_4881.jpg (備前焼”獅子”置物)

市川・小岩・骨董”満”、今日も、”書画・骨董・何でも買います、古い物”のご案内です。

「何でも?(売れる物)、買います?(無料引き取りはしません)、古い物?(いつ頃?)」。

実際皆さんが、書画・骨董等古い物の処分を、お考えの時、当然ながら”不安”が 

多いので、お伺いした時はいつもご説明しています。”押し買い”等の言葉も在る時代、

不安は当然な事なので、ご注意が必要です。ネット・広告などの美味い話に乗らず、

やはり、地元での”信用・実績”などで、お声掛け頂ければと思います。

写真は、備前焼の古い”獅子”の置物です。古い備前焼特有の艶、焼き締まった

感じがとても良いのですが、獅子の尻尾、獅子に乗った人物(?)の手足などは欠け

ているのですが、”山田(家・仮名)、傳来”等と古い箱にメモの様に書いて在り、永年

大切に して来た事が判り、其れも”味”にして、活かせれば、等と思ってしまいます。

こんなのは如何?などの物が在りましたら、御連絡下さい。 




2013年04月24日

書画・骨董、何でも買います、”古い物”-市川“満”

IMG_4875.jpg (伊万里”小皿”)

書画・骨董「何でも買います、古い物」、勿論、書画・骨董以外でも、古い物、

色いろ、なんでも買取りしています。いつもお客さんに、お話している事ですが、

「未だ使えるし、きれい!」と云う物より、「此れは多分”ダメ”!」と云う物の方が、

私達には、面白く思える時が多く在ります。

今日のご案内、写真は、伊万里の”古い小皿”です。直径約10cm弱の物で、

多分、元々は、”数の多い”組皿で在ったと思われます。が、欠けたりした為か、

皆で分けたのか、数が少なくなっていました。が、灰色がかった土の色と、模様、

呉須の色合いにも、味わいなども感じられて、とても良い感じです。

もし、お手許に、「こんなの如何かな?」と云う物が御座いましたら、先ずは、

市川・小岩の骨董屋、”満”までお気軽に、お電話、ご連絡下さい。

お客さんのご都合に合わせ、お伺い致します。




2013年04月23日

書画・骨董“何でも買います、古い物”-市川“満”

IMG_4874.jpg (鉄味の”手燭”)

市川・小岩・骨董”満”、十余年の買取り実績と、信頼で、本年より特に”買取り重点”で、

皆さまの所にお伺いしています。基本、従来同様、”何でも買います”と云う事で古い物

色いろ買取りさせて頂いています。「時々、本当に”何でも良いの?”」と、返事に困る(?)

状況の時も在りますが、折角ご連絡頂いているのでと、お伺いしています。

が、一応”骨董屋”ですので、”書画・骨董・古美術品”だと助かります。

 

今日のご案内、写真は、鉄味の良い「手持ちの燭台」です。正直、今の時代、実用品

として使う事は無いと思いますが、 古い”和蝋燭”を載せ、”飾り物”としての需要は

在ります。雰囲気作りの飾り物なので、民具・古い物”雰囲気さえ在ればOK.!”です。

基本、「何でも買います、古い物」何か在りましたら、先ずはお気軽にお電話下さい。 




2013年04月22日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報”「人形徳利」。

IMG_4862.jpg (備前の徳利)

暑くなったり、寒くなったりするのが(三寒四温?)”春”の天気の特徴ですが、

余りの落差は勘弁してほしい物です。昨日辺りの寒さは、自分の予想以上で

年寄りには応えます。余りの寒さに予定が狂い、思わず再”冬眠”(?)し掛けました。

 

”何でも買取り”骨董”満”、今日のご案内も「商品情報」からで、備前の古い徳利です。

一般的には”人形徳利”などとも呼ばれていますが、時代などに依って、大きさ等も

多少種類が在る様で、貼り付けられた”人形”も、凹ませた三面全てに在る物や、人形

其の物の形状も色いろの様です。今日ご案内の”徳利”は、大黒さん(らしきもの)が

一面だけに貼られ、徳利自体も、備前特有の古い、良い艶が在る、とても時代を感じ

させてくれる、大きさ、約17cm程(高さ)の味の在る良い物です。  




2013年04月21日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報”「自在鈎」PT.2。

IMG_4860.jpg (鉄の”魚”の横木)

市川・小岩・骨董”満”、今日のご案内は、昨日の続き、鉄の”魚”の横木です。

(鉄で出来ている物も、”横木”と言って良いのか判りませんが)魚自体、それ程

大きい物では在りませんが(約16cm)、何故か、中央に”鋲打ちされた”アクセント、

唯の鉄板の様になっている、尾鰭、背びれには”筋”等の化粧も無く(”エラ”だけ”筋”)

飽くまでも単純化され、そしてやはり、鋲打ちされている”胸鰭”は少し撥ねていて、

”眼”にも鋲が打たれています。この様に単純化された”鉄の板”が二枚、”胴”部分に

少し膨らみを持たせて貼り合わせて在ります。自在鈎自体は、(多分)古い物では

無いように見えますが、角と丸材で造られた、鈎の軸・鉄の横木など、全体がモダン、

シンプルで、その上鉄味もあり、良いデザインで雰囲気もある、好きな自在鈎です。




2013年04月20日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報”「自在鈎」。

IMG_4854.jpg (鉄の”自在鈎”)

市川・小岩・骨董”満”、今日のご案内は、全て”鉄”で出来た”自在鈎”です。

自在鈎は、使う目的、使う場所などに依って、大きさや横木のモチーフ、材質など、

多く種類がありますし、時代の雰囲気も必要なので、使い勝手の良さが必要です。

”満”は、自分が好きな事も在って、以前、コレクターの方から譲って頂いた在庫が、

少し在りますが、先日、知り合いの業者さんが、自分の店でイベントをする為、分けて

欲しいと云う事や、お客さんからの問い合わせ等も在り、在庫チェックしました。

今日のご紹介は、”鉄の魚”の横木です。(鉄の横木のアップは明日ご紹介します。)

”民具”の中でも自在鈎は、使い勝手が良い事や、種類も多く在るので、重宝される

様です。勿論、鉄瓶や鍋を吊るして、囲炉裏回りで使ったり、山野草等の”緑の物”

を提げたりして、季節を楽しんだりと幅広く楽しめますが、”横木”のテーマ・材質・

大きさなど”的”を絞る事も必要だと思います。




2013年04月19日

市川・骨董”満”‐”散歩みち”から「小手毬」。

IMG_4851.jpg (ご近所の”小手毬”)

三寒四温も、暖かい(暑い?)日が多くなって居ますが、この週末は少し涼しい(?)

様子(予報)も、一度暖かくなると、体も油断をして、風邪を引き易くなる様ですので、

今の季節、皆さま体調管理にご注意してお過ごし下さい。

全く、本当に、「油断も隙も無い時代」とはいえ、家に”ジッと”しているだけでは、

何も進みません。 まあ、慌てず、急がず、”油断せず”と入った処でしょうか?

写真は、あっと言う間に”満開”の、ご近所の”小手毬”です、少し油断していました。

季節の花たちは、正確に、”今の時”を知らせてくれて本当に有難い物ですが、

引き籠っていては、見損なってしまう事も在りそうです。お天気の”隙”を見て、

ご近所でも”散歩”に出掛けて見ては如何でしょう。

”満”は今週末、骨董市など無いので、片付けと買取り案内です。 




2013年04月18日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報”「伊万里徳利」

IMG_4844.jpg (伊万里の”徳利”)

世の中の、何かと不穏なニュースや、落ち着かない報道で疲れてしまうのは、唯単に

”満”が歳を取っただけだけでしょうか?(正解!、多分その通りだと思います。) 

まあ、そんな事も在って意識的に、”ノンビリしましょうョ”などと思います。

 

市川・小岩・骨董”満”、「何でも買います、古い物」と云う事で、昨日のブログでは、

買取りした”欠けた・徳利”でしたが、今日はちゃんとした(?)”伊万里の徳利”です。

時代的には、昨日の物と、粗同じ時代だと思いますので、「”古”・伊万里」と言っても

良い物だと思います。白磁の色自体は、若干白いですが、焼成、成形なども同じ様に

見えますが、口の開き方・胴部の位置が違うので(口はつぼんで、胴部の位置が低い)

其れが時代の差(?)になるかも知れません。が、まあ、あまり細かい事にこだわらず、

ノンビリ楽しみましょうョ” 等とも考えます。




2013年04月17日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報”「古・伊万里徳利」

IMG_4839.jpg (口の欠けた”徳利”)

どうして今の時代、(いつから?昔から?)、色いろ騒がしいのでしょうか?ここ数日、

毎日、今日は何が起きるのか、緊張の日々ですが(一般人の生活も)、しょうが無い

な~等と、呆れて、笑える様な事ばかりでないので、本当に困ったものですが、

かと言って、平凡な(?)、骨董屋にはどうし様も在りません。「まあ、まあ、

皆さん、そんなに熱くならないで!」などと思ってしまいます。

 

今日の”満”つまらない(?)、ブログ、写真でのご案内は、”口の欠けた”・”徳利”です。

こんな時(?)に、”欠けた徳利?”と云うお気持ち、お察し致しますが、こんな時

だからこそ、こんな”焼き物”で遊びましょう?。絵の無い、口の欠けた”徳利”では

在りますが、”古”付いても良い感じの”伊万里”の徳利だと思います。

胎土の感じや、形状(フォルム)、欠けた口の土、一部の”ハゼ”の撥ねた部分など、

とても良い味わいが在ります。(個人の感想)”満”が勝手に気に入っています。

明日は、似たような(同じ様な?)、徳利を御紹介します。  




2013年04月16日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報”・「中国の壺」。

IMG_4790.jpg (中国の壺”双喜”文)

市川」・小岩・骨董”満”、今日も商売っ気を出して(?)、「商品情報」・ご案内です。

但し(でも)、「買って頂戴」とは言いません、一応は商売での、”骨董屋”ですが、

気に入ったら使って下さい程度の事で、今日のご案内は、”中国の壺”です。

漢字の”喜”の字が二つ表示された物で、””双喜”、或いは”ダブル・ハッピー”(?)等

とも呼ぶ(勿論、英語、或いは日本語だけ?)、 要するに、”喜ぶ事が重なる”

縁起の良い事の表示です。表示自体、珍しい物では無く、壺などの他、花器や

焼き物などで、良く使われる物です。使い勝手としては、お酒の入れ物等、何でも

使う普段使いの”雑器”です。 本来は”蓋”が在った物の様ですが、余り蓋は見た

事はありません。ずっと以前、満”が中国で仕入れ、買って来た物です。

如何にも中国らしい物です。 




2013年04月15日

市川・骨董”満”‐”骨董市”のご報告と再び「ハナミズキ」

IMG_4820.jpg (青い空と”ハナミズキ”)

市川・小岩・骨董”満”、昨日は久し振りの”富岡八幡宮”骨董市で少し疲れました。

早朝と言う事はいつもと同じですが、先日の”イベント”に来て頂いたお客さんにも

お会いし、普段以上に真面目(?)に、張り切りすぎたと言う事です。(昼寝もせず)

お陰様で、雨が降る事も無く、暖かい一日だったのですが、昼過ぎ位から風が強く

なり、変わった事をして、雨でも降らしてはいけないと、少し早めに帰りました。

帰り道では、少し強くなった風の中でも、「ハナミズキ」が綺麗な色を見せながら、

大きく枝を揺らしながらも頑張っていました。

先日来の、物騒なニュースに気を取られている内に 、一昨日は関西の方で、また、

大きな地震が在ったりと、気も心も、落ち着かない日が多いですが、何とか、

春の花でも愛でながら、ちょっとは余裕の時間も持ちたいなどと思います。  




2013年04月14日

市川・骨董”満”‐”散歩みち”から「ハナミズキ」。

IMG_4815.jpg (街路樹”ハナミズキ”小岩から)

市川・骨董”満”、今日は久し振りに、気合を入れて、頑張って(そんなに?)、深川、

”富岡八幡宮”の骨董市に来ています。(頑張らないと来られない!・?)

良いお天気の時は、早朝でも、少し位眠くても、”来てしまえば”、楽しいのです。が、

実際は来るまでが大変、世の中で一番きつい(?)、自分との”戦い”(?)です。

在る意味、自分に取って、参加する事に意味が在ります。(オリンピック精神?) 

今日の写真、ご案内は先日の”散歩みち”からの続き、青空の中の”ハナミズキ”です。

江戸川の街路樹にも、色いろ在るとは思うのですが(多分)、今頃の”青空”の下の

ハナミズキは、赤(ピンク?)でも、白でも青空が似合うと思います、”春”です。

ハナミズキの花(?)、花びらに見える物は”総苞”で、本当の花は目立たない中の

部分との事です。(詳しくは御面倒ですが、お調べ下さい。)まあ、自分に取っては

どちらでも良い事なのですが。 




2013年04月13日

市川・骨董”満”‐”散歩みち”・「じゅん采池」から

IMG_4809.jpg (春から夏へ、”じゅん采池”から)

「三寒四温」を繰り返しながら、取り敢えず、関東地方のお天気は、一応、穏やかに

少しずつ”春から夏へ”と動いている様子です。在る意味、人々の不安など、

季節の移り変わりの前では、全く関係無いようです。(当然?)

市川の骨董屋”満”は、先日、市川”じゅん采池公園”から、”小岩辺り”へと、

”散歩”に出掛けしました。(まあ、其れ位、適当に”暇”(?)と云う事で)

逆に今、こんな時代だからこそ、云う事と、久し振りに”市川・小岩”のおさらい(?)、

先日のイベントの”御礼”など、色いろ兼ねて、ノンビリ・ゆっくりの散歩です。

公園の桜はすっかり葉桜に変わっていましたが、若葉、春の花、そして、多くの

水鳥たちは、もう”初夏”の気分の様で大騒ぎでした。

 市川・小岩・骨董”満”も、明日はお天気も良さそうなので、久し振りに”深川・門仲”の

”富岡八幡宮”・骨董市に行きます。早朝の”春眠・暁”に勝てますかどうか。  




2013年04月12日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報”「ミジンコ徳利」

IMG_4657.jpg (ミジンコ唐草の”徳利”)

世の中、事件・事故など、連日不安な報道ばかりで、本当に困ったものです。

こんな時に「”骨董”などと言っている場合か」と云う、街の(?)雰囲気では在り

ますが、一般庶民には如何ともし難く、何とか穏便にと祈るばかりです。

 

今日、”満”からのご案内、ブログでのご紹介は、こんな時に(?)”ミジンコ唐草”

徳利です。櫛高台の部分は手描きですが、ふっくらした”胴部”は”印判”の物です。

多分、明治時代ごろに流行った、普段使いの”雑器”ですが、逆に気を使わないで

使えるので、勿論”徳利”として、或いは”一輪ざし”等としても 良いですし、呉須の

色も良いので、其れ自体飾りにも良いのではないか、徳利コレクター(?)だけで

なくても、一つは欲しい物だと思います。 




2013年04月11日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報”「大霰・茶釜」。

IMG_4793.jpg (大霰文の”茶釜”)

世の中、昨日、今日(多分、暫くの間)、物騒な話、不安な話で、嫌になってしまい

ますが、「まあ、何とか話し合いで」とは、行かない物でしょうか。(無理?)

”満”的には、未だ収まらない”花粉症”で疲れ果て、此方の方も話し合いは付きません。

どちらにしても困ったものです。(同列に並べる話ではないですが。)

 

市川・小岩・骨董”満”、今日のご案内は、(こんな時も?・こんな時こそ。?)

”商品のご案内” で、「大霰の”茶釜”」です。少し古い物ですが、勿論、使用には

差し支えなく、寧ろ、”霰”が良い”鉄味”になっています。最近”満”では茶道具の

時の決まり文句になっていますが、本来の目的とは違う、使い勝手で、最近は

”道具”の味を生かして、”花生け”などに使っている方も多いとの事です。 

皆さんもアイデアで、勝手気ままに”何か”使って見ては如何でしょう? 




2013年04月10日

市川・骨董”満”‐”散歩みち”と「買取りのご案内」

IMG_4794.jpg (今が盛りの”皐月”)

市川・小岩・骨董”満”は、従来通り古い物、”書画・骨董”の買取りを行っています。

昨年、店を閉めてからは、特に「買取り重点」で皆さまの所にお伺いしていますので、

「こんなの如何かな?」と思う事が御座いましたら、先ずは”フリーダイヤル”からで

ご連絡下さい、ご都合に合わせてお伺いします。

 

写真は、先日一気に、開花した感のある、”皐月”です。正確に”皐月とつつじ”を

区別すると難しいらしいのですが、まずは、取り敢えず此れは、”皐月”です。

先週末の荒れた、”春の嵐”では各地に、大きな被害が起きた様ですが、人も、

事故も、事件も先ずは落ち着いて、一日も早く、穏やかな”春の日”になって、

少しはノンビリしたいものです。 




2013年04月09日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報”「六兵衛の盃」

IMG_4787.jpg (六兵衛の”盃”)

市川・小岩・骨董”満”、今日もブログでのご案内は、「商品情報」・ご案内から、

”清水六兵衛”の唐津焼・”盃”です。連日、続けての”商売っ気”(?)は、これも

昨今の異常(?)・気象(気性)からでしょうか?、”春の嵐”(?)でしょうか。 

 

写真がその、唐津・”盃”(共箱)で、栞などは無く、何代と特定は出来ませんが、

箱書き、来歴からも、”六兵衛”の物に間違いないと思います。”唐津焼”の”盃”は

珍しいと思います。勿論、小さい物(長径で約7cm)ですが、鉄絵の擦れ、持った時の

”手当たり”、高台の千路れ、先の細まった雰囲気など、とても良い味わいが在ります。

此れでお酒を飲んだら、多分、美味いのだろうと思いながら(実際、試していません)、

想像を膨らませています。(残念です。) 




2013年04月08日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報”「京焼・”油壺”」。

IMG_4785.jpg (京焼の”油壺”)

昨日、一昨日と確かに、天気予報の云う、”台風並みの豪雨”、”強嵐”と云うのは

当たっていました。何が原因とは言えませんが、異常な気候で在るとは思います。

市川・小岩の骨董屋”満”、今日のご案内も”商品情報”です。決して、商売だけに

走ろうと言う気持ちは無いのですが、此れも”異常”(?)事態でしょうか。

貧しくとも(?)、質素に(?)商売に頑張ります。(訳が判りませんが)

写真は、商品・整理、片付けをしていて再発見(?)した、「京焼の油壺」です。

真ん丸と膨らんだ上(直径約8.5cm)、極端に細くなった”口”(穴径5mm)は、

此れでは”油”と言えども出ないのでは無いかと思う位ですが、形などから”油壺”

以外に何?、とも思うので表記通り”油壺”とし、呉須・赤絵、緑で波紋(海波)等が

全体にバランス良く描き込まれていて、呉須の色合いも落ち着いていて良いです。 




2013年04月07日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報”「道八の香炉」。

IMG_3102.jpg (”道八”の香炉)

昨日は、(今日も?)台風並みの荒れた天気、”春の嵐”などとのニュースで、

不安でしたが、被害が無ければ、其れが一番、用心に越した事は有りません。

市川・小岩、骨董屋”満”としては、骨董市などの予定が無かったので、一応、

人ごと(?)ですが、週末・露店”骨董市”を、予定していた業者さんは準備を

していたのに予定が狂い、残念だったと思います。(本当に)

写真は、「旧・”満”店内」からの物ですが、今は丁度、山野草の緑も、新芽から

若葉になって、”苔”の色共々、とてもいい季節ですので、”水遣り”的にはとても

助かります。 飾って在るのは”道八”の香炉ですが、唐子の呉須の色、徳利の色

などが、植物の”緑”と相俟って、今は春を感じる季節です。

こんな日”満”は、普段中々出来ない、”在庫整理”の日で頑張ります。(本当です)  




2013年04月06日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報”「寄盃」。

IMG_4780.jpg (”寄盃”盃・色いろ)

市川・小岩・骨董”満”、今日のご案内も「商品情報」、”盃”を色いろ寄せた物です。

少し小さい、違うタイプの”猪口”五客を、以前の所有者が寄せ、箱に合わせた物で、

残念ながら、”寄盃”と書かれた箱の文字は、少し残念な感じ(漢字)ですが、”盃”

其々は、とても味の在る良いものばかりです。合わせて作ったと思われる”桐箱”も、

丁寧に良く造られていて、集めた方の思い入れも感じられます。

右手前の盃だけ、”大樋”の銘が在りますが、その他の物には名など無く、其れでも

其々、個性的で存在感も、時代も感じさせてくれる”愛しい”ものばかりです。

陶磁器、茶器などで、数寄者の方が寄せて、箱にまとめた物は珠に見かけますが、

異なった趣で、良い筋の物が在ると、寄せた方の思いも感じて楽しめる物です。 




2013年04月05日

市川・小岩・骨董”満”‐”商品情報”と、買取り案内。

IMG_4776.jpg (”萩焼”徳利)

昨日は、先日来の”鬱陶しい”お天気を、忘れさせてくれる青い空で、久し振りに

”青空”を見た様な気分にさせてくれました。が、週末は又大荒れになるとの事、

中々安定した日が来ませんが、春は荒れた天気が多いとの事、皆さま体調管理や、

事故などにもお気を付けてお過ごし下さい。 

 

市川・小岩・骨董”満”、今日のご案内は、久し振りに「商品のご案内」からです。

別に、”青空”も、”春”も関係は無いのですが、此処は、「何のブログ?」と

云われない為、時々は”商売っ気”を見せる(?)事も大切と云う事です。

写真は、”萩焼”古窯の一つ、「第十一世孫・坂・高麗左衛門」の徳利(共・布箱)です。

萩焼は、ご存知のように、「萩の七化け」と云われる様に、使う事に依って味わいも

出てくるので、 普段的にも使って欲しいと思いますが、余りに”高価”だと(?)

大切にし過ぎて、仕舞いがちになりますが、 道具、物は使ってナンボです。

骨董屋”満”は、仕舞いっ放しの高級品(?)や、その他、何でも”買取り”しています。

「こんなのはどう?」と思われる時、先ずは”満”までご連絡下さい。 




2013年04月04日

市川・小岩・骨董”満”‐”散歩みち”からと「ご案内」

IMG_4769.jpg (市川・”真間川”から)

昨日、一昨日の”春の嵐”で、市川の桜も終わった感じでは在りますが、桜吹雪の

花びらは、”花いかだ”だけではなく、歩道や塀など、辺り一帯を桜色、”桜模様”

染め上げ、新しい”芸術”を見せてくれていました。余りの強風・雨で被害が出て

しまった方、地域では、そんな場合では無かったと思いますが、色いろな事の

組合わせで、この様な一面を見せるのかと思う”散歩みち”でした。 

 

市川・小岩・骨董”満”は、先月末の「”満”の市」後の、片付けや、在庫整理などで、

4月こそ頑張ねば、しっかり”気合”(?)を入れようと思いました。(気が付いた?)

地元・市川だけでなく、新・地元”小岩”でも、買取り、イベント、なんでも(?)、

”春”の到来と共に(?)、皆さまのご要望にお応えできる様頑張ります。

古い物の買取り、ご要望、イベントなど、御座いましたら、何でもご連絡下さい。 




2013年04月03日

市川・小岩・骨董“満”-「なんでも買います、古いもの」

IMG_4744.jpg (「”満”の市」から)

市川・小岩・骨董”満”、先日の、市川・”フリースペース”での「”満”の市」では

多くの皆様にお越し頂き、楽しく、充実した時間を、過ごす事が出来ました。

本当に有難う御座いました。 残念ながら、4日間だけの短い期間でしたが、

「次はいつやるの?」、「どこで?」などの、お問い合わせも頂き、”店”の時とは違う、

感謝、感激、プレッシャーも感じ、本気で(?)”頑張らねば”と思う”満の市”でした。

 

「”満”の市」開催中も、”買取り”に付いて、ご連絡、お問合わせを頂き、直ぐに

お応え、お伺いできない方(時)も在りまして、申し訳在りませんでした。

店の在った”市川”を中心に、今は地元の小岩、都内や房総の方からのご連絡も

戴く様に成り、”なんでも買います、古い物”(但し、古女房・古亭主はお許しを)

ご案内に、”こんなの在りますが!”とお問合わせも頂き、又々感激の”満”です。




2013年04月02日

市川・小岩・“満”-古いもの、買取り・処分は”満”へ。

IMG_4765.jpg (市川「”満”の市」から)

市川・小岩・骨董”満”、一昨日までの「”満”の市」の後片付け、整理などの為、

今日も久し振りに、本気で頑張っています。(今迄遊んでいた報いでしょうか?)

♪~♪「人生楽ありゃ、苦も在るさ」 ♪・♪と云う事なのですが、買取りの仕事も、

販売も、今の時代、決して楽な事は在りません。(骨董屋さんは楽?)

今は、なにかと”殺伐”として、何か”油断が出来ない”、雰囲気が在りますが、

こんな時こそ、良い意味で、少し「油断する事」も、”大事なのではないか”などと

考えてしまいます。(今の”満”の状態です。)

何かと、安定しないお天気(”春”に三日の晴れ間なし!)では在りますが、ちょっと

した隙間の、晴れ間には、少し油断して、”春”を楽しむ事も”宝”です。

時間の在った時、片付けなどで、処分に困った物が在った時など、”満”に

お電話下さい、片付けのお手伝いにお伺いします。 




2013年04月01日

骨董”満”‐”2013「”満”の市」・春”の「御礼」

IMG_4754.jpg (「”満”の市」・春から) 

昨日まで、市川・”フリースペース”にて、開催していました、市川・骨董「”満”の市」は、

お陰様を持ちまして、大勢の皆様にお越し頂き、無事(?)、大成功で終了する事が

出来ました、本当に有難う御座いました、心から御礼申し上げます。

昨年末、十余年に亘る店を閉めてから、皆様には、色いろご連絡頂きまして、御心配

などもお掛けしたことへの、ご報告が、一先ずは出来たのでは無いかと思っています。

基本的には、従来と変わらずの”満”では在りますが、本年から、”買取り中心”の

営業には成っていた為、お顔を拝見する機会が、少なく成って居ましたので、反省も含め、

今後も、この様なイベントを開催していきたいと思っています。

今回は、”昔きもの”「西むら」とのコラボで、以前とは少し違う、”満”の形もお見せ

出来たのではないかとも思いますが、また、皆様のご意見、ご要望など御座いましたら、

”満”までお知らせ、ご連絡頂ければ幸いです。