<<  2012年11月 | メイン | 2013年01月  >>

2012年12月 の記事

2012年12月31日

市川・古物屋・“満”-「良い年をお迎え下さい」

IMG_4383.jpg (2012年、12月暮れ夕日)

毎年の事ですが、特に、「今年も色いろ在ったな」、」と思わざるを得ない”2012年”、

在る意味、昨年より、大変で在った様に感じるのは”満”だけでしょうか?

”満”に取って、特に今年は、十年以上お世話になった店を閉める事になり、

大きな区切りに成りました。 

大変お世話に成り、心より御礼申し上げます。

本当に有難う御座いました。

と云いつつも、”古いもの”の商売をやめる訳ではないので、

今年以上、来年は頑張りますので、明年も宜しくお願い申し上げます。

皆様に取って、明年も良い年であります様お祈り申し上げます。 




2012年12月30日

市川・古物屋・“満”-年末のご挨拶、御礼。

IMG_4375.jpg (市川・”じゅん采池”公園から)

今年も押迫り、残りあと二日、「”満”など構っている時間はない」なか、

チェック有難う御座います。 

本年も大変お世話に成り、有難う御座いました。

特に”満”は、この暮れに十余年に亘る、店を閉める事に成り、

皆様にはチャンとした御礼、ご挨拶も出来ず、申し訳ありませんでした。

明年からは、古物、骨董、等の”買い取り”を中心に業務を、行って往きます、 

明年も、何でも、古いものの御話が御座いましたら、お気軽に御連絡下さい。

明年が皆様に取って、

より一層、良いと年であります様、お祈りいたします。 




2012年12月29日

市川・小岩・古物屋・“満”-年内は終了しました。

IMG_4382.jpg (山野草・山茶花)

市川・骨董”満”、年内の業務は終了しました。

今日辺りから、お勤めの方は、”年末の休み”に入られた方も多いと思います。 

年末にも関わらず、何処か、年々、お正月が近くなっている、あの感じ(?)が、

無くなっている様に感じるのは、単に自分が、歳を取って来たと云う事なのでしょうか。

多分、今は、昔と違う”新・お正月”とも言う、概念が出来上がっていのでしょう。

何時までも、昔のお正月を、思い浮かべていては駄目という事なのでしょう。

市川の”店”を離れた”満”は、当然、山野草達も引っ越して来て、今は少し落ち着いて

来た頃で、昨年は、余り花を付けなかった山茶花も、今年は多くの花を付けてくれ、

今が盛りと愉しませてくれています。

何かと、慌しい感の在る年末です、皆様、無事故で、風邪などひかないで、

良いお年をお迎え出来るよう、気を付けてお過ごし下さい。 




2012年12月28日

市川・骨董”満”‐”散歩みち”から”江戸川河川敷”

IMG_4356.jpg (江戸川河川敷から)

市川・骨董・古物屋”満”、今日は久し振りに地元(?)、”江戸川”から”散歩みち”です。

”満”が十年以上、毎日通った、”江戸川河川敷”・市川橋からです 。もう店は閉めて

しまいましたが、今でも、そして、当然今日も、橋を渡って市川に行っています。

市川・骨董”満”」と云う事で、お客さんが声を掛けてくれます。古物・骨董の買い取りに

市川が良さそうと云う事で、都内からも、地方からも、業者が来て入るらしいのですが、

”満”は、以前買い取りをさせて頂いた、お客さんからの”紹介”と云うのが多いです。

やはり家の中を見られると言う事で、”信用”が一番大事と云う事に成ります。

写真はいつもの”江戸川河川敷”の様子ですが、草木や空の高さ等からも、何故か

寒さが伝わって来る様ですが、お客さん達との”一期一会”の暖かさに感謝です。 




2012年12月27日

市川・古物屋・“満”-”中欧の旅”最終回。

IMG_4249.jpg (ウイーンの街角から)

去年に続き、激動の2012年も残すところ、今日を入れてあと5日。 

やはり去年の大きな震災、そして原発事件などが、今年も現実的に、大きな影響を

与えたと云うだけでなく、自分の気持の中でも、何か不安な一年、何処かとても

落ち着かない、一年で在った様に思います。

「ヨーロッパなどで遊んでいる場合か?」などと思いつつ、考えたら、今年も

”遊んでばかり”の一年でした。(一応、一先ずは反省。)

在る意味、(どんな意味かは判りませんが)今回の旅行を含め、文化って?、

歴史って?など、色いろ考えさせて貰った一年で在った様に思います。

特に今回の「中欧の旅」は、とても勉強に成りました。と云っても、西洋アンティークに、

商売的な、興味を持ったなどと云う事では無く、教会、お城(宮殿)、絵画、美術館など、

全ての物が、当然ながら、人々の歴史、自然、生活の中で活きている事が何より、

素晴らしいと思う、本当に愉しい、素敵な旅でした。




2012年12月26日

市川・古物屋・“満”-”中欧の旅”と”年内は終了です。

IMG_4320.jpg (ウイーン国立歌劇場から)

クリスマスも終わって、後は「♪・♪~もういくつ寝ると、お正月♪」と云った様子ですが、

”満”の年内、仕事は終わりましたが、片付け、後始末は、全く終わりません。

皆さんの、一般的な仕事収めは、今週末頃でしょうか?各地、記録的な雪や寒さとの

ニュース、そんな中、忙しさも、MAX.の時を迎えますが、皆さん風邪など引かず、

ノロウィルス等にも気を付け、無事故でお過ごし下さい。

 

骨董・”満”の「中欧の旅」、遊びに行っただけのご案内も、もうソロソロMAX.です。

写真は、”ウイーン国立歌劇場”からの物です。ウイーン市街は、至る所、何処も

”世界遺産”の建築物も多く、絵画、音楽など、正に”芸術の都”で、本気で周ったら

其れだけで、何日も掛かると思います。昼間”クリムト”などの絵画を鑑賞した最終日、

夜は、「ウイーン国立歌劇場」で、”バレエ”の観劇と、全く”満”には不似合いな

一日では在りましたが、本当に楽しく、素敵な日になりました。




2012年12月25日

市川・古物屋・“満”-”中欧の旅”から、Merry・Xmas.

IMG_4301.jpg (ウイーン・市庁舎から再び)

Merry Christmas!、”メリー・クリスマス” 

今日が本番の”クリスマス”だと思いますが、”イブ”が愉しいのだと云うのが、

皆さんの共通したご意見だとは思います。皆さんは素敵な”プレゼント”を、

貰えましたか?残念だった方は、お年玉か、来年のクリスマスに掛けましょう。

写真は、昨日と同じ”ウイーン”の市庁舎から、少し角度を変えて見ました。

寒いこの季節、明るいイルミネーションと、”ホット・ワイン”、或いはオーストリアなら

やはり、少し強い酒”シュナップス” で、愉しくやるか、或いは自棄か色いろです。

今年上手く、往かなかった(”満”?いいえ!)方は、懺悔し、心入れ替えて、(”満”!)

来年頑張りましょう!

一応、”満”は今日まで仕事と云う事に成っていますが、全く関係ない様です。  




2012年12月24日

市川・“満”-”中欧の旅”から”メリークリスマス”

IMG_4300.jpg ウイーンの市庁舎から)

昨日は”天皇誕生日、”その為、今日は振替休日に成り、祝日などがお休みの方には、

この年末、良かったのですか?忙しいのにと、云う方もいらっしゃいますでしょうか。

 いずれにしても、

”メリー・クリスマス!“ ”Merry Christmas!” 

 一日儲けた(?)感の方と、此の忙しいのに感の方、ご事情、御都合に寄って色いろ

在ると思いますが、小さい子供達には、(若いカップルも?)愉しい夜、一日になれば

良いと思います。(全く関係のない方は、静かな日をお過ごしください。)

写真は、今月初めの「”満”中欧の旅」からの物ですが、(まだ、やっていました)

今回の、ヨーロッパの旅の、目的の一つが久し振りに”欧州のクリスマス”の雰囲気を

味わいたい、と言う事でも有ったので、とても良かったです。最近は日本でも静かで、

派手やかな飾り付け、雰囲気、イルミネーションも有って良いですが、さすがにヨーロッパ

各地には敵いません。皆様にも素敵なサンタクロースが来る事を祈ります。良い休日を。 




2012年12月23日

市川・古物屋・“満”-”中欧の旅”と今後の予定。

IMG_4234.jpg (ウイーン・”ベルヴェデーレ宮殿”から)

(昨日からの続き、)”湯布院”に行く筈だった、フ―テンの寅さんがなぜ、”ウイーン”に

行く事に成ったのかは判りませんが、何事も「へェ~そうなんだ」等と単純に納得しては

成りません。”盛況”だと言う人に、クレームを付ける気は在りませんが、在る文化人の

「騙される事も”罪”」と云った言葉を思い出します。(昨日のブログからご覧ください。)

さて、市川の骨董・古物屋”満”は、昨日で”菅野の店”を完全に撤退、終了致しましたが、

”フ―テンの寅さん”否、”フ―テンの”満””は、此れからも真面目に”仕事”に励みます。

写真も昨日の続き、”ベルヴェデール宮殿”の庭園からです。ウイーンで開催中の

クリムト生誕150年記念」特別展は、来年3月4日まで同宮殿で開催との事、

有名な「接吻」の絵は、割りと大きな絵で、ガイドさんの説明も良く、感動的でした。 

古物屋”満”は、店が無くなった為、明日から行くところが無くなったのですが、

倉庫、自宅などで一応(?)25日まで仕事、片付けなど、色いろ大忙しです。 




2012年12月22日

市川・古物屋・“満”-”中欧の旅”と”年内の予定”。

IMG_4231.jpg ウイーン・ベルヴエデーレ宮殿

昨日テレビで、在る番組の”特集”を見ていたら、骨董・古美術の世界が、この不況の

中でも、活況を呈しているとの事、何処の国?と思ったら日本(?)でした。(?)

そう言えば、見た事の在る業者さんが出ていて、書画・骨董・掛け軸が高値との事。

へえ~」と思って居たら、その後のコマーシャルでは、誰でもCD.を聞くだけで、直ぐに

”英会話”が上手に成るとの事、「世の中そんなに凄いんだ!」と思ってしまいました。(?)

 

写真は、まだ続いていた、「”満”の中欧の旅」のご案内は、ウイーン・”ベルヴェデーレ宮殿

の前庭からで、今年、2012年は、”クリムト”生誕150周年と云う事、宮殿内オーストリア・

ギャラリーで有名な画家、”グスタフ・クリムト”の絵画を鑑賞しました。

ところで映画、「男はつらいよ」で、”フ―テンの寅”さんが、海外に行った編が有って

何故か、”湯布院”に行く筈が、”ウイーン”に行ったとの話をガイドさんがしていました。

(自分はその映画を見ていませんが)「ヘェ~・そんな事も有るんだ」と思ってしまいました。

詳しくはまた明日。(つづく?) 




2012年12月21日

市川・古物屋・“満”-”中欧の旅”と”年内の予定”。

IMG_4220.jpg (ウイーン・”シェーンブルン宮殿”)

今日は”冬至”、北国だけでなく、各地本格的な”冬”到来で、連日、この冬もっとも低い

気温などのニュースが聴こえて来ます。今週末は”クリスマス”と年末”お正月”などの

話題で、此れでもか(?)の落ち着かない、慌しい週にになると思います。

”満”も一応”店”を閉めた物の、片付け、後始末(?)などが多く、例年よりも

落ち着かない年の瀬に成っています。どうせ落ち着かない年末なのだからと、

今月初めに遊びに行っておいて良かったなどと、開き直って頑張っています。

 

まだ続いている、”満”「中欧の旅」は、やっと最終目的地、ウイーンに到着

写真は、”シェーンブルン宮殿”のとてつもなくなく広い”お庭”です。当然、宮殿内は

撮影禁止ですが、パリ万博出品当時の陶磁器、蒔絵の家具など日本の古い工芸品や、

当時のヨーロッパの室内、装飾、家具など権力者が如何に、絶大な権力を保持していた

のかが伺える品々など、勉強にも成らない(?)素敵な物を拝見させてもらいました。 




2012年12月20日

市川・古物屋・“満”-”中欧の旅”と今後の予定。

IMG_4148.jpg (”メルク修道院”天井画)

市川・骨董・古物屋”満”、本日完全に”閉店・片付け”も終了し、週末の”骨董市”も

休む為、実質年内は終了しました。本年も大変お世話になりました。先ずは、

ひとたびの”閉店”で、一呼吸です。(年内は倉庫、自宅での片付けに成ります。)

皆様には、十余年に亘るご愛顧、本当に有難う御座いました。

 骨董市は来年から、心を入れ替えて(?)頑張ります。

 此れは、本来は一般の、数寄者、収集家の皆さんに、良く使われる言葉ですが、

「先ずは、買うべし、売るべし、そして、休むべし」と言われます。

”満”は骨董業者ですが、”店”は、一度(ひとたび)休んで、勉強し、再び、

”買うべし”として、明年は「買い取り専門店」重点の店として、頑張ります。

”満”のブログ、写真でのご案内、「中欧の旅」まだ続いています。順序が逆に成り

ましたが、昨日の”バッッハウ渓谷”の前に寄った、”メルク修道院”の天井画です。 

ヨーロッパの旅は何処に行っても当然の様に、”教会”、宮殿(お城)、そして、美術館

と云う様に成ります。ウイーンへの”旅”はもう直ぐです。  




2012年12月19日

市川・古物屋・“満”-店内片付けも”最終章”へ。

IMG_4196.jpg (ブアッツハウ渓谷から)

市川の骨董・古物屋”満”の、勝手な「中欧の旅」もソロソロ”最終章”、”ウイーン”に

近付いて来ているのですが、その前に、”メルク”、そして、またも、一寸寄り道は、

ブアッツハウ渓谷”へと行きました。”渓谷”と云っても日本人のイメージする渓谷とは

全く違い(”満”のイメージとも全く違いました。)、大きな川の、河畔に在る、古い街で、

大きな船が航行し、オフ・シーズンと云う事も有り、冷たい風が吹く、寂しい街でしたが、

静かで、とても良かったです。写真は、其の”ブアッツハ”渓谷にある教会です。 

 

市川・骨董・古物屋、”満”の閉店、片付けも愈々最終章で、品物が片付き、店内の

何も無くなった、殺風景な空間は、十数年前の”始まり”を思い出させました。

年末近くなった十一月末から、師走にかけての慌しい「”満”中欧の旅」は、”満”に

とって在る意味、マンネリ化しそうな考えをふっ切らせてくれる、きっかけになった

”旅”だったと思いました。 ”満”、「中欧の旅」もう少しお付き合い下さい。 




2012年12月18日

市川・古物屋”満”‐”閉店”から”買い取り専門へ”

IMG_4116.jpg (ザルツブルグの”夜店”)

写真は、先日ご案内の”ザルツブルグ” の広場、クリスマスのイルミネーションに

彩られた”夜店”の様子です。オーストリアだけでなく、11月末から12月に成ると

ヨーロッパは、どの街もクリスマス一色に成り、寒さと同時に、一年の中で一番

ワクワクする様な季節に成ります。

  

日本でも、最近は”クリスマス”も、重要な年中行事の一つで すが、やはり”お正月”は

大事な一年の行事、区切りです。もうソロソロ、今年の重大(十大)ニュース等が話題に

成ると思いますが、”満”今年最大のニュースは「”満”の閉店」です。 が、今後も市川を

中心に「”古いもの”買い取り専門店」として続けていますので、何か御座いましたら

お声掛け下さい。 




2012年12月17日

市川・骨董”古物屋・満”‐「閉店しました。」

IMG_4333.jpg (”満”店頭”山もみじ”)

市川・骨董、”古物屋・満” 十余年に亘りご愛顧頂きました、菅野の”店”は

本日正式に(?)閉店致しました。

皆様のご愛顧、心より御礼申し上げます。

有難う御座いました。 

実質的には今月初めから、閉店状態でしたが、写真にも在る、”山もみじ”も、

店頭の看板も、取り払い、此れで”満”、菅野の店は完全に閉店になりました。

「改装中?」 等との、ご心配も頂いたりの中で、店頭の”風景”(?)も変わりました。

色いろな思い出の中での、”店”の”閉鎖”では在りますが、皆様には、唯々感謝で

御座います。永い間本当に有難う御座いました。

一度の閉店では在りますが、形を変えて、”満”復活の御恩返しをしたいと思います。

店は閉店ですが、基本は変わらず、年内は25日まで、(今日も)”買い取り”など

営業(?)は続けて続けて居ますので、”古いもの”に付いて何か御座いましたら

御連絡下さい。 




2012年12月16日

市川・古物屋”満”‐「中欧の旅・”ザルツブルグ”」から。

IMG_4073.jpg (ザルツアツハ川から)

写真は、ザルツァッハ河畔から見た、”ザルツブルグ城”です。”ザルツブルグ”とは、

塩の城”(建物)の様な意味です。(確か?多分?・詳しくは御調べ下さい。)

この日は、生憎のスッキリしないお天気の日でしたが、いずれにしても、ヨーロッパの

冬は日暮れが早く、此の時は11月末でしたが、広場には”クリスマス”の飾り付け、

イルミネーション、お店も多くあって、気分はもう完全に”メリー・クリスマス”でした。

旧市街に在る”モーツアルト”の生家、広場にも大勢の観光客がいて、この季節なら

ではのお祭り気分、愉しい雰囲気でした。

今日辺りは、政治家の皆さん、関係者の皆さん(本来は日本国民全員?)は、

其れどころではない日だと思われますが、今日が過ぎれば一斉に、日本国中も

”メリー・クリスマス”に成ると思います。

”満”も正直、本来は、それ何処では無いのですが、もうジタバタの日は概ね過ぎ、

今週中頃には、”満”完全撤退に成ります。

皆様には、本当に永年に亘っての御ひいき、御愛顧ありがとう御座いました。 




2012年12月15日

市川・古物屋”満”‐まだ、”中欧の旅”から。

IMG_4047.jpg (オーストリアらしい建物)

今年も余すところ半月になり、昨日のニュースでは、年末・年始の混雑状況等が

話題になる頃になりました。”満”の閉店、片付けも残すところ僅かになり、一応、

目途は付いて来て来ましたが、疲れもピークになっています。

店内は、勿論スッキリして、ご案内出来る物もなく、在庫の処理に目一杯です。

こんなに在庫が在ったのかとも思いますが、それらのご案内も出来ない状況で、

取り敢えず、店が閉まって、落ち着いてからのご案内になります。(頑張ります)

そんな事も有り、ブログでのご案内はまだ、「”満”中欧の旅」が続きます。

写真は、典型的な、オーストリアらしい雰囲気の建物で若干、”チロル風”の

感じもする、ホテル(民宿の様なもの)です。昨日のご案内の”骨董屋” 同様

如何にも”ヨーロッパ”ですが、ドイツに行くとドイツらしさ、アルプス地方に行くと

チロル、スイスの雰囲気になり、色使いなども違ってきて、其々、海のない国の

中でも変化が楽しめる物ですが、今回はスケジュールに追われる”旅”でした。 

”満”閉店のスケジュールも、来週中頃には、完全”閉鎖”(?)になる予定です。 




2012年12月14日

市川・古物屋”満”‐”「よくある・ご質問」と”中欧の旅”

IMG_4034.jpg (オーストリア”の骨董屋さん”店先)

市川・骨董・古物屋”満”、年末の慌しい中、閉店・片付けをしていると、ご近所の方も

「あら、店を閉めちゃうの?」など、色いろ声を掛けて頂きます。「もう少し頑張れば」等

応援の声も頂き、一瞬「う~ん」と思いますが、今は先ず、”一息”の感じでしょうか?。

「体調が悪いの?」などのご質問も有りますが、取り敢えず、「悪いのは、”頭”だけ」と

ご返事しています。一応、頭は別にして、体力はもう少し(?)、持ちそう頑張ります。

今の”満”、店内は見て頂ける状況ではないので、引き続き、”満”の旅続きからです。

今日のご案内、写真は、チェコからオーストリア・”ザルツブルグ”に行く途中の(どこ?)、

観光地(?)での”骨董屋さん”の店先からです。(”満”・骨董屋根性は在る様です。)

とてもお洒落な、そして当然、ヨーロッパ的な”アンティーク”なお店で、多分

日本人には出来ない(”満”だけ?写真では時々見る)と思う、店先の雰囲気でした。 

オーストリアと言う国は、以前も何度か来た事が在り、それ程大きな国では在りませんが、

首都・ウイーンは、アルプス地方とも違う、何処に行っても”世界遺産”の様相で”満”の

様な田舎者(?)には、少し緊張する街です、もう少しのお付き合い宜しくお願いします。 




2012年12月13日

市川・古物屋”満”‐まだ、”中欧の旅”から。

IMG_3921.jpg (プラハ”旧市街”から)

市川・骨董”古物屋”満、今年も残り少なくなる中、”満”も、ご当地での”お騒がせ”も

残り少なくなって来ています。連日の”片付け”の中、遠方からの方、ご近所の方々

から、「寂しくなるネ」と云って頂くだけで、感謝の日々です。

ブログでのご案内は、まだ続く(?)、「”満”・中欧の旅」、もう少しお付き合い下さい。

写真はチェコ・プラハ、旧市街からです。ヨーロッパも各地によって、”クリスマス”の

飾り付け、進み具合は若干違う様で、プラハの旧市街は此れからの様子でした。

其れでも、近郊を含め、世界遺産に指定されている所が多い所為か、観光客は

大勢いて、ここ旧市街は時間になると、古い”からくり時計”を観る人や、大道芸人

などを観る人達で、何処に行っても賑やかです。

”満”は、基本的には”和”の物を中心に、やってきましたが、在る意味、全く逆の

”街”、”歴史”、”人”の中に居ると、違った”見方”が出来てとても良かったです。

明日からは、自分も行った事の在る、”オーストリア”からの様子を、”満”の片付け

状況と共にご報告します。 




2012年12月12日

市川・古物屋”満”‐”ミューシャ美術館”に行きました。

IMG_3928.jpg (プラハ・”ミューシャ”美術館から)

日本列島は、当初の暖冬予想から、厳しい寒さの”雪便り”が多く聞こえています。

師走も中旬になり、有名人の訃報なども、何かと慌しい、落ち着かないこの頃です、

皆さんは、風邪など引かない様、体調管理にも、お気を付けお過ごし下さい。 

市川・”古物屋”満は、閉店・引っ越し、片付けなどの雑用(?)で少しお疲れです。

写真は、先日からの、”満”の如何でも良い”遊び”の続き、ご報告です。団体・ツアー

から離れ、”自由行動”時間に、気になっていた「ミューシャ美術館」に行きました。

途中、路に迷いそうになり、地元の方(らしい方)に訪ねた所、ワザワザ親切に近くまで

案内して頂き、大感謝でした。”ミューシャ”は日本人が好きなアーティストの一人で、

美術館内も、日本人の観光客が大勢来ていました。ヨーロッパ美術史流れだけでなく、

教会の”ステンドグラス”の下絵、肉筆画なども見られ、充実した時間を過ごせました。

因みに、”ミューシャ”はドイツ語からでしょうか、”ムシャ”と成り、”武者”をイメージ

してしまい、少し変な感じでした。 




2012年12月11日

市川・古物屋・“満”-”中欧の旅”と今後の予定。

IMG_3880.jpg (”カレル橋”袂から”プラハ城”)

今日は火曜日で、いつもなら”今日は定休日”と云った処ですが、今の”満”は今日も

”休み”(残念!)です。一昨日の様な、良いお天気だと、やはり骨董市に出たかったな、

等と本気で(本当?)思いますが、昨日辺りは、この冬一番の寒さとか、「”うん、現実は

どうかな?”」と、迷いますが、”満”の”閉店”の為の片付けは今日も続きます。

ブログ、写真でのご案内はまだまだ、”中欧の旅”jから、今日も、昨日の「カレルの橋」の

袂から見た、”プラハ城”です。”チェコ”に限らずヨーロッパは何処もヨーロッパ文化、

伝統と歴史の街ばかりで、此処”カレル橋”には多くの”聖像”と川面には白鳥や水鳥など、

文化の違いとは云っても、自然や大切にする心、人々の支え、これも考えてしまいます。

店を解体(?)しながら、「発想の転換は、壊しながら模索する事かも」などとも考えながら、

明日も”満”の「中欧の旅」、(勝手に遊びに行ってた話)と、片付けは続きます。

少なくとも、今週中には目途を付けないと行けないのですが。(大丈夫?) 




2012年12月10日

市川・古物屋・“満”-”中欧”の旅、チェコ・プラハから。

IMG_3849.jpg (プラハ・”カレル”橋から)

市川・古物屋”満”、今日も”店”で”閉店”の為の片付けです、少し面倒くさい”引越し”と

同じ様なものですが、段々片付いていくと、やはりと云うか、当然と言うか”寂しさ”はあり、

此の儘、続けた方が、気持の上でも楽だとは思います、が色いろ考え決めた事です。

ブログではもう一度、”満”が、遊んでいた話に戻して、写真は昨日の続き、プラハ城から

旧市街へ。其処から観光客が多く集まる(と云う)、600年程前には完成した(と云う)

カレル橋”の”聖像”(の一つ)です。橋の両側・欄干には30体の像が在るとの事で、

観光客や、大道芸人など大勢の人が来ていて”歴史”を感じ(?)られて良かったです。 

ヨーロッパの観光地は、基本、教会、お城(宮殿)、博物館で、其れは、日本も同じ?

等とも思いながらも、其れでも、宗教、文化などの歴史の違いを感じました。

”満”は僅か、十数年の歴史で、一度、店を閉じますが、”満は永遠に不滅です”(?)。

ブログも、商売も、もう少し続け頑張ります。 




2012年12月09日

古物屋・“満”-”閉店”で「よくある・ご質問」③と予定。

IMG_3826.jpg (プラハ市内から)

今日は通常、”富岡八幡宮”骨董市の日なのですが、諸般の事情(?)で休みです。

写真でのご紹介は、チェコ・プラハ市内からで、如何にもヨーロッパの雰囲気で、

此処から有名な”カレル橋”、旧市街に向かい、当にヨーロッパ満喫です。

ブログでは、今日も、”満”の”閉店”で皆さんから頂いた「ご質問」からの続きです。

 

―”満”さんは、今までの在庫などは、どうしたの、、どうするの?

*業者さんからも、「今後、どうするの?」など訊かれましたが、基本、商売を

やめる訳でも無く、皆さんとも一緒に、”古い物”を楽しみたいとの考えは同じです。

在庫は倉庫に色いろ在りますし、また、御不用で趣味の合わない物、古い物など、

買い取りも、 行って往きますので、ご座いましたら、先ずは、ご一報、御連絡下さい。

 

市川・骨董・古物屋”満”、今週既に”閉店”し、来週には終了と云うことになりますが、

ご質問、お問い合わせなど御座いましたら”フリーダイヤル”などで御連絡下さい。 




2012年12月08日

市川・古物屋”満”‐”閉店”で「よくある・ご質問」②

IMG_3798.jpg (プラハ”聖ブィート大聖堂”内から)

皆さん、昨日の地震は大丈夫でしたか?久し振り大きな地震で驚きました。

写真は、昨日ご案内の、”聖ブィート教会”の素敵な”ステンドグラス”です。

今日も昨日の続き、”満”閉店で、皆さまから聞かれる、「よくある・ご質問」から、

―”骨董”の商売をやめるの?

*古い物との、出会いも楽しみですし、古いものを愉しむ事も好きなので、

やめる事は在りません。(商売として、儲かるかどうかは、”?”ですが)

 

―インターネット・オークションで販売、商売をするの?

*基本的に、古い物の、本当の雰囲気、”味”などは伝え難いものと思っているので

考えていません。露店、骨董市などで直接お伝えできればと思います。

 

―”店”を維持するのが大変なの?(御心配、有難うございます。)(?)

*何事も大変な時代ですが、季節の移り変わり、古いものを楽しむ、

各地域での、愉しい時間を、皆さんと一緒に過ごしたいと思います。

 

明日の”富岡八幡宮”での「骨董市」は、片付け・整理などで休みます。

年内の”骨董市”は休みます。皆さま”良いお年をお迎え下さい”(まだ早い?) 




2012年12月07日

市川・古物屋”満”‐”閉店”で「よくある・ご質問」①

IMG_3808.jpg (プラハ城”聖ブィート大聖堂”)

今日の写真は、”満”中欧の旅、チェコ・プラハから、”聖ブィ-ト大聖堂”です。

プラハ城内の教会でステンドグラスがとても綺麗です、明日は内部を御紹介します。

ブログでは今回の「”満”・”閉店”」で、皆さまから訊かれる、「よくある・ご質問」を

ご紹介、其れにお答え致します。(今日から、新・シリーズ(?))

―どうして、”店”を閉めるのか?

* 仲々、一言で表現するのは難しいのですが、まあ、強いて言えば、

   1)飽きた、2)疲れた、3)(思考)フリーズした。と云う事でしょうか。

  (惰性で無く、新しい発見をしたいと云う事で、説明が必要だと思います。)

―今後は、どうするのですか?

*基本的には、古物、”古いもの”買い取りを中心に行って往き従来と変わりません。  

   当然、古いものの商売に飽きたと言う事では無く、”店”の形(?)、発想でしょうか。

(販売は”満”好みの物を、画廊・ギャラリー、展示できればと思っています。)

― 次に何処か新しい”店”を何処かに出すの?

*何処か面白い処が有ればと、考えていない訳では在りませんが、取り敢えず

(まず一休み)考え中(?)といった所です。

”満”の”旅”スナップ写真と並行し、明日も「よくある・ご質問」は続きます。  




2012年12月06日

古物屋・“満”-先週は”中央ヨーロッパ”でした。

IMG_3614.jpg (ハンガリー”国会議事堂”)

市川・古物屋”満”は現在、閉店・片付けの為、「商品情報」等はお届けできません。

(この年末、一般的には、”稼ぎ時”らしいのですが、残念!)

従いまして、落ち着くまで(?いつ頃まで?)、ブログでは、先月から遊びに行って

いた、”中欧”のレポート、或いは時々「商品情報」(?)などをお伝えしています。

今回の、ヨーロッパの”旅”は、自分にとっても、全くの久し振りですが、時差ボケ

(”本”ボケ?)が、一先ず、少しは治って来たこの頃です。(本当?)

写真は今日も、ハンガリーの続き、”世界遺産”にもなっている”国会議事堂”です。

何処かの国では、”議事堂”に入るか入らないかの”争い”(?)が大変な様ですが、

今回自分達は、残念ながら中に入れませんでした。この後、旅は、チェコ、オーストリア

続きます。本来なら、皆さまに、年末商戦(?)の御案内の処ですが、残念ながら、(?)

取り敢えず、いま”満”は”閉店”の様相、明日からは、一度、”今回の閉店”に付いての、

皆さまからの、「よくある、ご質問」にお応えと云う事でお届けいたします。  




2012年12月05日

古物屋・“満”-先週は”中央ヨーロッパ”でした。

IMG_3612.jpg (ドナウ川河畔から)

骨董、古物屋”満”は、今月中旬の移転・閉店の為、片付けなどで、既に店を閉めて

しまっています、永年に亘る皆さまの御愛顧、心より感謝、御礼申し上げます。

 そんな中、本来ならば、あれこれ忙しいのですが(当然!)、先月23日から2日まで

中央ヨーロッパ・”ハンガリー、チェコ、オーストリア”などで遊んでしまいました。(?)

「何、考えているの?!」との、当然の御意見の中、後先考えず、”気分転換”と

”自分を見つめ直す旅”へ(?何を?)出た、云う事でお許し下さい。

写真は、昨日に続き、ハンガリーの首都”ブタペスト”中央を流れる、ドナウ川から、

昨日の”漁夫の砦”や、世界遺産・”マーチャ―シュ教会、等を望む風景です。 

西洋アンティークは、基本、余り興味は無いのですが、異なった歴史・文化・

人々の暮らし方など、やはりとても魅力に満ちた物が在ります。 

古物屋”満”は、基本、移転以外、従来と変わりませんので、 買い取りの御連絡、

お探し物等、御座いましたら、携帯電話、フリーダイヤル、などでお問合わせ下さい。  




2012年12月04日

古物屋・“満”-先週は「”中欧”で遊んでました」。

IMG_3521.jpg (ハンガリー”漁夫の砦”から)

古物屋”満”、今日は定休日の為休みですと云うより、今月に入って、と云うより(?)、

先月末から、休みでした。先月23日より、”中欧”(と云うらしいのですが)ヨーロッパの

中欧辺り、ハンガリー、チェコ、オーストリア等、”海”のない、国に遊びに行ってました。

「何で、こんな時に」、「馬鹿じゃないの?」(確かに!)と皆さんに云われました。

年末の、しかも、”店”を閉め、片付けなくては成らない、忙しい(と思われる)、此の時に

と云う(当然の)ご批判の中、”忙中閑有”(?・少し使い方が違い様にも)と云うより、

こんな時だからこそ(?)と云う気もして、仕事のこと、忙しい事などを、忘れに(?)と、

(忘れちゃ困る!)行ってきました。(本人としても、判らない部分も在ります。)

写真は初めて行く国、”ハンガリー”の首都、”ブタペスト”で”世界遺産”も多くある

中で、特には世界遺産にはなっていない(?)様ですが、”漁夫の砦”と言われる、

ドナウ川対岸の”べシュト”を”ブタ”側から見渡せる展望台、立派な”砦”です。 

何でこんな処に、と云う気がしないでも有りませんが、疲れた時(?)こそこんな処です。




2012年12月03日

古物屋・“満”-「何でも買います、古い物」Part2.

IMG_3418.jpg (丹波焼”花生け”)

市川・骨董、古物屋”満”は、今後も、従来と同じく、古い物の買い取りを重点に、

営業していきます。お友達、お知り合いの方で、御不用の骨董、書画、茶道具等

御座いましたら、お知らせ下さい。御都合に合わせお伺い致します。

何が古いのか、どこから古いと言うのかは、諸説あって良いと思いますが、古いもの、

売れる物は、時代の流れで、いつも変わっています。見せて頂ければ御説明し、

買い取り出来る古いものは、色いろ”何でも”買います。 

今月中旬には、”満”が十年以上に亘り、お世話になった今の”店”を閉めますが、

従来通りの、倉庫や事務所で、古い物の買い取りを中心に営業します

販売は、各地でのイベント会場、ギャラリーなど御要望に合わせ行って往きます。

今日から、フリーダイヤルでお問い合わせ頂けます。

フリーダイヤル:0120-190-696 迄 

先ずは、お気軽にご連絡下さい。 




2012年12月02日

古物屋・“満”-「何でも買います、古い物」

IMG_3422.jpg (肉厚の”焼締め壺”・中国)

市川・骨董”満”は、昨日から、「古物屋・”満”」と名乗っています。

今後は、皆さんの趣味に合わなくなった、書画や骨董品、道具等の買い取りを中心に、

行って往きますので、時々は、「古物屋・満」として、ご案内します。

チラシなどでは、「何でも買います、古いもの」・でも「古女房、古亭主はお許しを」が

謳い文句です。此れは昔、地方に行った時、お客さんからの注文(?)に御断りした時の

返事です。何が”古いもの”なのか、売れる物なのかは、お客さん次第、時代の成り行き

次第で変わります。しかし今月、現在の店を閉めても、今後も、店舗・移転以外、基本、

フリーダイヤル”など変わらず、従来と同じです。

何か御座いましたら、先ずは、御一報、ご連絡下さい。

今日の写真は昔、自分が中国で、買ってきたかなり肉厚の”焼締めの小壺”です。

以前、インターネットで在る業者が同じ物を、”古丹波”と称して出していましたが

其れは”ウソ”ですが、中国の古い物です。

買い取りのお電話はフリーダイヤルからどうぞ、明日からお待ちしています。  




2012年12月01日

古物屋・“満”-「12月中頃に移転・閉店します。」

IMG_3419.jpg (自然釉の”花生け”)

今日から12月、お師匠さんも走る、年末、”師走”の月です。

世間の状況、事情(?)など、気持の上でも、落ち着かない日々が続きます。 

古物屋・”満”も、移転・閉店の片付け、整理・搬出などの為、落ち着かない中、

現在、休業中では有りますが、来週からは(?)本気で走ります。

現在、電話等のお問合わせ、御連絡は出来ません

のでご注意ください。3日まで。

(お問合わせ、御連絡は3日からお願い致します)

 写真は”自然柚”の古い花生けです。 激しい”灰かぶり”で痛い位の肌になっていますが、

景色としての味わいはとても良いです。焼き物としての土・胎土は、備前、或いは丹波の

様な土色ですが、以前、常滑焼で激しい灰かぶりの物を観た事が在るので、正直、

断定出来ないでいます。形は”徳利形”ですが、一応”花生け”としました。大きさ

(約30cm位)からと、全体の雰囲気で、花生けの方がしっくり来ると思います。