<<  2012年08月 | メイン | 2012年10月  >>

2012年09月 の記事

2012年09月30日

市川・骨董”満”‐散歩みち。”秋を探しに”Part1

IMG_3111.jpg (嵐の前の”江戸川”)

市川・骨董”満”、ここ数日、少し商売っ気を出して(?)、「商品情報」とやら(?)を

ご案内していましたが、少し苦しく成って来たので(何が?)、今日から暫くは、

”秋を探しに”と、”散歩みち”からご案内です。 と、言っても中々、遠くに行け

ないので、”気分転換”程度のことなのですが。

写真は、昨日(29日)の、いつもの”江戸川”の様子です。”嵐”の前の静けさ、とでも

言いましょうか、空には怪しい雲、川面にはその空の、”雲の様子”が映っています。 

何もそんな時に、出掛けなくても、と言うのは御尤もな話ですが、今年の異様な暑さに

疲れたのと、世の中の不穏な(?)空気を忘れたいとの気持ちで、近場でちょっと、

一息のつもりでしたが、何か不穏な雲を見て、余計不安に成ってしまいました。  




2012年09月29日

市川・骨董”満”‐商品情報・唐金の”花活け”

IMG_3103.jpg (唐金の”花活け”)

市川・骨董“満”、今週末は頑張って、大人しく(?)“店”でお仕事です。

ブログでのご案内は、今日も「商品のご案内」です。(最近商売っ気充分です)

写真は”唐金”の”花活け”で、提げるように成っています。本当は添える 草木は

萩の花などが良かったのですが、残念ながら”満”の庭の”萩”は今年上手く咲き

ませんでしたので、仕方なく、未だ緑の”山もみじ”です。

唐金の花活けは、鎖で提げるように成っていて、使い勝手も良く、年間通じて使える

と思いますので、季節ごとの花を活けて、色いろ楽しめると思います。

異常に暑く、永かった今年の猛暑も、もう直ぐ10月ともなれば、朝晩涼しく、虫の声、

秋の草花、紅葉の便りも聴こえてくる頃です。 食べ物も色いろ美味しくなる

季節です、充分に楽しみましょう。 




2012年09月28日

市川・骨董”満”‐商品情報・”抹茶碗”

IMG_3105.jpg (萩焼の抹茶碗)

市川・骨董“満”、本日も頑張って(?)、”店”でお仕事、店番、片付けです。

今日ブログでのご案内も、「商品情報」、”萩焼”の抹茶碗です。 写真ですと腕が

悪いのか、カメラが安いのか、色、味わいが判り難く、作者にも”碗”にも(?)申し訳

無い位なのですが、現物は色も味わいも、申し分ない位の雰囲気が在ります。

釉の懸かり具合、高台の感じ、使い込まれた時代感や、見込み、茶溜まりなど、

どれを採っても申し分なく、自分好みです。(残念ながら、”満”だけの好みです。)

正式な会席では、”拝見”などで来歴、由来、作家名が問題になるので、残念な事も

多く(”満”に取って)、実際この茶碗も合わせ箱で、作家名は有りますが、正確には

評価は難しいかも知れませんが、実際お茶を点てる時などは、最高の気分で、

楽しめる逸品です。“満”には、抹茶碗等の他、茶道具も色いろ在りますので、

ご自分のアイデアと、使い勝手で、ご自由にお楽しみ下さい。

今週末も”満”は店です。 




2012年09月27日

市川・骨董”満”‐商品情報・“白釉の香爐”

IMG_3107.jpg (”永沢昇”作香爐)

先日の雨で、スッカリ”秋”めいて来たこの頃、夜には虫の声も聴こえます。

もう、それ程暑い日は無いと思いますが、朝晩の気温差で、体調管理も難しい

季節です、お気を付けお過ごし下さい。 

写真は、兵庫県・出石の作家、「永沢昇」の”香爐”です。

白い真丸な形が可愛い香炉で、白磁の為、実際に香を焚くと、”ヤニ”が付いて

汚くなるのが心配ですが、如何でしょうか?実際、”香を焚かない香炉”は無いの

ですが、最近は、実用品と言うより、床等の置物、飾りとしての用途が多いのでは

ないかと思います。その為、”香爐”としての用は、汚れない様に、ポプリなどを入れ

て香りを楽しむなど、今流の(?)新しい方法で使われる事が多いようです。

其れは香炉や、お茶道具等に限らず、道具全てに言える様で、時代に合った、

自分流のアイデア次第でお楽しみ下さい。 




2012年09月26日

市川・骨董”満”‐商品情報・陶磁器、“花入れ”

IMG_3095.jpg (象嵌の”花入れ”)

市川・骨董”満”、今日のご案内は”象嵌”が面白い、”花入れ”、”花瓶”です。

大分以前に仕入れた物ですが、初めから”正体”が判らず、其れでも何か

不思議な魅力が在る、可なり使い込まれた物で、時代も感じられます。 

象嵌は”花”なのですが、何の花かも不明で、蕾の部分は”貝”が入れて在り、

花は金彩が施されています。枝の部分は薄い金属が貼られている様です。

当然(?)、箱などは無く、よく探してみても、”作家名”も見当たりません。

色も良く、上手の出来では在ると思います。焼成温度は高いようで、焼き締まった

感じは在ります。要するに、良く判らない”磁器”の”花入れ”と言う事になりますが、

良く判らないけど引かれる物がある、所詮、主観的な評価では在りますが、

この様は物は、在る意味非常に困ります。どなたかご教示ください。 




2012年09月25日

市川・骨董”満”‐本日は”定休日”です。

IMG_3092.jpg (蛸唐草の陶磁器)

市川・骨董”満”、本日”店”は、定休日の為休みです。

 写真は、御馴染「蛸唐草」の陶磁器です。手前は”湯呑”(”蕎麦猪口”と言う人も)、

奥は中皿です。(直径約22cm・7寸) 其々別の入荷で、写真では判りずらいですが、

呉須の色も違い、中皿の方が少し時代は新しい感じがします。

勿論どちらも”手描き”ですが、”蛸”の模様が若干違い、時代の違いも感じられます。

”骨董”の世界、本当は”流行り・廃れ”の激しい世界で、ブームになって、皆が欲し

がると持て囃されますが、一通り過ぎると、落ち着いて、本来の楽しみが出来ます。 

”蛸唐草”の磁器も今が味わい時だと思います。

先日の”雨”以来、すこし、本当に”秋”らしく成って、ホッと一息できます。

今年は”何の秋”にしましょうか。 




2012年09月24日

市川・骨董”満”‐商品情報・欠けた“花活け”

IMG_3081.jpg (欠けた“花瓶”)

市川・骨董“満”、今日のご案内、写真は、口の欠けた、”花瓶”です

一応、”花瓶”と云いましたが、徳利かも?”口”の方が欠けているので判りませんが、

肉厚で、とてもいい”味”、存在感です。

欠けているから良いのではなく(当然!)、”良い味”の花瓶が欠けているのです。

釉薬の感じ、形、そして、”口”の欠け方までが良いと言うと、”変な人”なのですが、

元々変な人が多いのがこの世界。全体としては、「李朝」の雰囲気が在ります。

もし、此れが、欠けてなく、箱に入って、栞など付いていたら、其れも残念ですが、

何れにしても、この”雰囲気”は”只者ではない”と思えてしまう存在感はあります。

市川”満”、先日来の”道具”、”墨差し”など、悪い、変な(?)世界に入りそうです。

“”満“はまだ、少しお疲れ気味でしょうか?明日は”定休日”なので休みます。




2012年09月23日

市川・骨董”満”‐商品情報と、「ご案内」。

IMG_3079.jpg (宮大工さんの”墨入れ”具)

市川・骨董”満”、今日のご案内は、正確に言うと”商品”ではないのですが、

写真は先日、人間国宝、”秋山逸生”氏の道具類などをご紹介しましたが、此れも

道具”と言えば道具、しかも、滅多に見ない貴重な物だと思います。(”満”・感想)

伝聞に要ると、京都の”宮・大工”(名前は在ります)が、お寺等を作る時に使用した

”墨入れ”の道具(”墨差し”)で、昔は大工さんなど、一般の建築でも使った物で、

柱や梁など、木材に”印”をする為の物です。今はあまり使用しなとの事ですが、

”竹”で作られていて、この”墨差し”には、どこの御寺を建てる時に此れ(この墨差し)を

作ったと、有名な社寺の名前も丁寧に刻まれています。この様な”道具”は当然、

一代の物で、他の人が使えたり、価値(価格)がどうと言う事では在りませんが、

貴重な物だと思いますし、普通、出回る物ではないと思います。この様な”墨差し”

などを拝見すると、其の方の、仕事に対する意気込み、姿勢などが感じられます。 




2012年09月22日

市川・骨董”満”‐商品情報と、「ご案内」。

IMG_3084.jpg (「秋山逸生・作”木象嵌”)

市川・骨董“満”、今日はお天気が、何とか成りそうならば、久し振りに骨董市、

浦和ふるさと市」にと思ったのですが、雨模様なので中止に。”店”に居ます。

今日、ブログでの写真、ご案内は先日(9月15日)、ご紹介した、”木象嵌”の作家、

人間国宝、「秋山逸生」氏の作品の拡大部分です。 

先日の写真では、”木象嵌”が良く判らないと言う方もいたので再度のご案内です。 

この板皿に入った模様が”木象嵌” (全長約7cm)です。金属などで型を作り、

その中に石や貝、違う木の”木目”等を嵌(は)め込み、装飾する技法で、本当に細かい、

根気も技術も、デザイン性も 要する技法です。(詳しくは、NETでもご覧になれます。)

市川”満”、明日もお天気次第で、深川”富岡八幡宮”の骨董市に行くつもりでしたが、

やはり中止、”店”で皆さまを、お待ちしています。 




2012年09月21日

市川・骨董”満”‐続「祝・1500回突破」

IMG_3075.jpg (一寸秋風の江戸川から)

市川・骨董”満”、お陰様で、このご迷惑な「“満”のブログ」も、昨日を持ちまして、何と、

1500回更新」の偉業(?)を勝手に(?)、達成致しました。此れも単衣に、皆さまの

我慢強い御心と、感謝申し上げます。訳の判らない、遊びに行った話、如何でも良い

近所の散歩話など、ご覧頂き本当に有難う御座います。

写真は先日来から、“一寸”秋付いてきた“江戸川河川敷”、小岩菖蒲園辺りからです。

 “満”のブログでは余り、”新商品の入荷”とか、”お勧め品とか”の案内はしませんが、

お客さんからはもう少し”情報”が欲しいとのご意見も有りますので、今後は頑張って

行きたいと思います。「こんなのない?」など、お探し物や、ご要望など在りましたら

御座いましたら、お応え致しますので、お問い合わせください。 




2012年09月20日

市川・骨董”満”‐祝・ブログ“1500回”

IMG_3072.jpg (江戸川河川敷から)

市川・骨董“満”のブログ、本日、目でたくも、“1500回”のエントリーを達成致しました。

”満”以外誰も知らず、「其れが如何した?」状態ですが、「いやー偉業達成です。」(?)

思えば、2007年 3月16日から、訳も分からずスタート、数多くのトラブルにもメゲズ、

他人の迷惑も顧みず、今や、完全に、マンネリ化した(?)、昨今、とも言われますが、

良く頑張りました。(偉い!)自分で、自分を、(他に誰も居ないので、自分位は?)

褒めて挙げたいと思います。(よく頑張った!) ここ数年は一応、毎日更新し、

プレッシャーを感じつつも、ワンパターンからも抜け出せず、冒険もせず(?)、

気が付けば1500回、まあ、良くやったとしましょう。また、明日からも頑張ります。

ブログ頑張ったね」と、云ったお客さんにも、豪華プレゼントは、無い(?)のですが、

店内にて、何か、お気に入りの物が在りましたら、大勉強致します。お声かけ下さい。 




2012年09月19日

市川・骨董”満”‐散歩みち。”秋を探しに”。Part.3

IMG_3074.jpg (江戸川”秋景色”)

市川・骨董“満”、今日は頑張って、気合を入れて、”店”で頑張っています。

「暑さ、寒さも彼岸まで」と、昔の人はやっぱり偉いです。秋のお彼岸ももう直ぐ、

猛暑、残暑の夏も終わり、秋の景色に変ります。

そして、寒くなれば成ったで、「毎日、寒いですね」と成るのですから、今の季節を

楽しみましょう。写真は今日も、江戸川・小岩菖蒲園辺りから、 ”コスモスと秋の雲”の

景色をお届けしています。(一応、今日で終了です。)

”満”の山野草達も、何とか今年の猛暑を乗り越え、もう直ぐ”秋色”になると思います。

店内の片付けも納まり、掃除をして、”秋色”で皆さんをお迎えできるよう今、(多分)

頑張っていますのでご期待下さい。(期待に応えられるよう頑張ります。) 




2012年09月18日

市川・骨董”満”‐散歩みち。”秋を探しに”。Part.2

IMG_3066.jpg (江戸川から”秋の空”)

市川骨董”満”、今日は”定休日”で、店は昨日に続き、休みになっています。

 “店”は連休になっていますが、”体”は休みではありません。

 “敬老の日”は何処に行ったのでしょうか?(まあ、動けるだけ良いと言う事で)

写真は、昨日のからの続き、“秋探し”の散歩みちからです。

”雲”の事は、全く何も知りませんが、”秋”の感じがしませんか?

大切なのは“気分”です。 ”雰囲気”が大事です。そう言えば、心なしか”風”も秋の

様に感じられます。 江戸川河川敷、小岩菖蒲園には”ススキ”の準備もそろそろ

良さそうです。”満”も、片付け仕事とは言え、一日やっている訳ではないので、

終わってから、ビールでも飲みに出掛けます。

皆さんもお近くへ”散歩”に出掛けましょう。”秋”はもうすぐです。  




2012年09月17日

市川・骨董”満”‐散歩みち。”秋を探しに”Part.1

IMG_3071.jpg (江戸川河川敷の”コスモス”)

市川・骨董”満”、今日は市場参加の為、”店”は”臨時休業”に成っています。

今日は「祝日・敬老の日」ですが、若干若い(気持だけ?)為に“満”は”仕事”です。

写真は先日、久し振りに江戸川へ、“秋探しの散歩”に出掛けた時の様子です。

最近、と言うより、ここ数年?“狂った様な”事件、事故や、社会状況に、

動物的・”勘”、本能だけで生きている、“満”は少し疲れています。

まだ、しっかり“残暑”が残る、河川敷でしたが、ご覧の様に“コスモス”が、空には

秋の雲(多分)などが流れ、「どうせ、もう直ぐ涼しく成るから、ノンビリすれば」の気分に

させて呉れました。“♪、焦って見たって同じ事 ♪・♪”(昔こんな歌が在りました。)  

市川“満”、明日は早くも火曜日で、定休日です。実質”店”は連休になります。 




2012年09月16日

市川・骨董”満”‐続・”人間国宝”・「秋山逸生」ご紹介。

IMG_3063.jpg (人間国宝”秋山逸生”の道具達)

市川・骨董”満”、今日のブログ、ご案内も、昨日の”木象嵌”の作家、人間国宝、

秋山逸生」の続きです。 昨日は作品の一部をご案内しましたが、今日は其の

作品達を生んだ、”道具”などの紹介です。

写真は、”木象嵌”の、複雑で緻密な、模様を作り出す為の”鑿(ノミ)”や彫刻刀、

其のパーツを受ける為の、冶具(?・正式名称を何というか不明ですが)など、

各種道具、小型の刃物などの色いろです。当然、刃物や各道具などは、ご本人が

工夫して作る物なのだろと、想像しますが、其の人”一代”の物で、道具一つ一つにも、

其の思いや、気迫なども感じられる物です。作品を観る時に、其処に至るまでの、工夫、

葛藤、戦い(?)なども想像すると、より感動でき、味わいも深まると思います。 

市川”満”、明日17日は、市場の為、”店”は臨時休業になります。 




2012年09月15日

市川・骨董”満”‐”人間国宝”・「秋山逸生」のご紹介。

IMG_3057.jpg (”秋山逸生”造”木象嵌”)

市川・骨董”満”は、先日、”木象嵌”の人間国宝、”秋山逸生”氏の、ご家族の方に

ご縁をお頂き、一部作品などを分けて頂きました。”木象嵌”とは写真の様に木地に、

違う木材や金属、貝等を加工して嵌(は)め込み、模様を表す技法で、”秋山逸生”は、 

その木象嵌で初めて”人間国宝”になった人です。

木象嵌の模様は、非常に細かい手の込んだ、複雑で、根気の要る作業の他、下地作り

など大変な作業で、”満”の様な、”粗い”人間には、中々本当の深さなどは判らない

のですが、”秋山逸生”の素晴らしさは、独特のデザイン性にも在ると考えます。 

”満”は、いつも、作家さん、”匠”の作品を観る時、作品自体の素晴らしさに惹かれる

のは当然として、 同時に、つい、それらを生み出す、道具や冶具(じぐ)、加工・工程等

にも興味が行ってしまいます。




2012年09月14日

市川・骨董”満”‐商品情報・”銅の薬缶”

IMG_3015.jpg (デザインも良い”銅薬缶”)

市川・骨董”満”、今日は久し振り、真面目に、「商品のご案内」です。

写真は、””で出来た、打ち出しの”薬缶”です。デザインも良く、非常に細かい、

丁寧な作りで、お茶室の水屋などでも使える、良いものだと思います。

残念ながら、箱が無く、銘も正確には把握できませんが、丁寧な作り、 品格から

”職人”、”匠”の、気迫さえ感じると言うのは、言い過ぎでしょうか? 

お客様を呼んでの、正式な”茶会”などでは、箱は?来歴・由来は?など厳しい、

問い詰め、詰問(?)や拝見など、大切な事なのでしょうが、味の在る、良い物で

「気楽に楽しむのも良いかも!」 などと言うのは、素人の”満”位でしょうか?

”満”には其の他にも色いろ、使える物が在ると思います。(?) 




2012年09月13日

市川・骨董”満”‐商品情報と今週の予定。

IMG_3051.jpg (”相島”骨董市から)

市川・骨董”満”、今週は週末も、”店”で頑張っています。お時間の在る方、

”店”でお待ちしています。

写真は先週の我孫子、「相島文化村」での”満”の”小間”風景です。

今日辺りも、まだ暑いですが、先週は、時々は”雨”も降ったものの、残暑厳しく、

お客さんも”季節”の感覚が合わず、戸惑っている様でした。”満”も”秋”に合わせてと

思っていたのですが合わない感じでした。(やはり季節感は大事です)

”店”でも、残暑が続いていると、季節感が合わず切り替えが上手くいきません。

朝晩が、多少涼しくなったと言っても、早く”秋”らしくなってほしい物です。 

今週末位から秋への切り替えは出来るのでしょうか?

市川”満”、来週の17日月曜日(祝日)は、市場参加の為、”店”は休みになります。 




2012年09月12日

市川・骨董”満”‐散歩みち。”秋を探しに”。

IMG_3045.jpg (我孫子・新田から”コスモス”)

まだまだ、暑さも厳しいですが、確実に”秋”は近付いています。(多分?、否きっと!)

市川・骨董”満”、今月からは(?)、真面目に仕事をしているつもりでが、暑さ疲れや、

先日来からの、”骨董市”の後片付けなどでも、いまだ”店内”、”やる気”が見られません。

写真は、我孫子、”相島文化村”からの帰り道の”コスモス”です。辺りは稲刈りが

済んでいない処もあり、”柿”もまだ青く、”秋本番”とは行かない様ですが、風に揺れる

コスモスやススキなども伸びてきて、秋が近い事を教えてくれています。

”満”の店は今月も”不定休”になりがちな様子ですが、少しでも涼しくなれば、

連休も続きますので、少し気合を入れて頑張ります、ご期待下さい(?) 




2012年09月11日

市川・骨董”満”‐散歩みち・”手賀沼公園”から。

IMG_3050.jpg (手賀沼公園から)

市川・骨董”満”、本日は火曜日、「定休日」の為、”店”は休みです。(店だけ休み)

先日来の、”骨董市”の、後片付けも進まないのに、肉体労働だけの”骨董屋さん”は、

残暑の中、今日も頑張っています。

写真は、「此処は何処?」、「何処の避暑地?」といった風情ですが、”手賀沼公園”の

貸しボート屋さんからの景色です。ピンクや白の”スワンボート”など、暑さなど関係無い

何処か、山の上の”湖”の感じですが、 確かに此処は”手賀沼”です。

何年も我孫子に通い、何回も通っていた筈の処ですが、初めてこの様に成っている事を

知りました。丁度、夕暮れに成る頃の時間だったのですが、気分もリフレッシュして

何か得した気分でした。また日頃、自分の心に、いかに余裕がないか、と言う事も。 




2012年09月10日

市川・骨董”満”‐散歩みち・”我孫子”からです。

IMG_3043.jpg (我孫子市・”相島”から)

市川・骨董”満”、今日の「散歩みち」は、昨日まで、”骨董市”で通った(?)、”我孫子”

周辺からのご案内です。”満”は何時も、水戸街道から、手賀沼方面へ抜けて、

”手賀沼ふれあいライン”と呼ぶ(?知らなかった!)新しく作られている道から”相島”に 

往っていました。当然、骨董市会場の”米蔵”をはじめ、古い建物なども好きですが、

一時は汚染がひどいと言われていた、途中の”手賀沼公園”(今はとても綺麗です)や、

周辺の田園風景もお気に入りです。特に、写真の一体が、本当に広々としていて気持ちの

良い風景で好きです。今回は例年より少し早めの開催と言う事も在って、たわわに実った

”稲穂”、咲き始めの”コスモス”、手賀沼公園近くの”鳥の博物館”などの周辺もゆったりと

していて、少し早い”秋”が見られて、とても良かったです。 




2012年09月09日

市川・骨董”満”‐今日も、”我孫子・骨董市”です。

IMG_3032.jpg (何時もの”米蔵”から)

市川・骨董”満”、今日も昨日に引き続き、「相島芸術文化村」での”骨董市”に

参加しています。今日が最終日です。写真での、この”米蔵”をはじめ、ご当家の

母屋など全体の、形態が変るので、取り敢えず、”相島文化村”での”骨董市”は正しく

今日が最後日に成ります。ご愛顧頂いた、御馴染さん方をはじめ、お世話に成りました

皆様には、本当に有難うございました。

 昨日も、お天気は大丈夫、今日も、何とか持ちそうなので、皆さま方のお越しを

16:00頃まで、頑張ってお待ちしています。 

 相島が無くなると、やはり、中々”我孫子”、”手賀沼”周辺にもあまり来ないかな?

とも思いますので、ブログではもう二、三日”周辺のお散歩” と言う事でご案内します。




2012年09月08日

市川・骨董”満”‐”今日は、我孫子で骨董市”です。

IMG_3034.jpg (会場・江戸時代の”米蔵”)

市川・骨董”満”、今日8日(土)と、明日9日(日)は連日ご案内の通り、我孫子市、

相島の「相島芸術文化村」にて、下記の要領で骨董市に参加です。

会場:我孫子市・「相島芸術文化村」 (相島新田1)後援:我孫子市

日時:9月8日(土曜日)、9日(日曜日) 10:00 ~ 16:00頃まで

若干、お天気も心配なのですが、”満”は写真の通り、江戸時代の”米蔵”の中なので

大丈夫なのですが、お客さんが心配です。広い駐車場も在り、食事ができる店も在るので

一日中お楽しみ頂けると思います。 

”満”では、ここ数年、年二回、(春・秋)参加してきましたが、今回が最後になるとの事で、

 (噂?本当?)二日間、頑張ります。皆さんお誘い合わせの上お越し下さい、

お待ちしています。 




2012年09月07日

市川・骨董”満”‐「クラフト&骨董市」ご案内。

IMG_3008.jpg (”徳利”色々”満”店内から)

連日ご案内の通り、明日から、市川・骨董”満”は、我孫子の「相島文化村」での 

秋のクラフトバザール&骨董”参加の為、”店”は休みに成ります。

日時:9月8日(土)、9日(日)・二日間、 10:00から16:00 

会場は、江戸時代からの古い母屋を中心に、各種和装小物や、アクセサリーなどの 

クラフトや、着物等のリメークなどの他、”満”は、いつも通り、江戸時代の”米蔵”で、

普段使いの骨董、和装小物など、「骨董市」等とも少し違う物をご用意してお待ちして

います。天井の高い米蔵の中は、屋外の骨董市とも違う、雰囲気があって楽しめると

思います。毎年、春と秋、もう何年も開催しているので、いつもの御馴染さんを始め、

お友達も誘って、ご家族連れで、大勢の方に楽しんで頂いています。 




2012年09月06日

市川・骨董”満”‐今週末は”我孫子・相島”です。

IMG_3018.jpg (”満”店内から)

今日、ブログでのご案内、写真は”満”店内、”蕎麦猪口”コーナーからですが、

市川・”満”、今週末は恒例、我孫子市「相島秋のクラフトバザール&骨董市」です。

毎年、”春と秋”、年二回開催している、「骨董市」ですが、今年秋の開催日が少し早く、

9月8日(土曜日)、 9日(日曜日)

時間:10:00から16:00 後援:我孫子市として、

会場:相島芸術文化村 (我孫子市相島新田1番地)にて。

手作り・クラフトの方々と、骨董など約40店が皆様をお待ちしています。

市川・骨董”満”は、いつも通り、”江戸時代”の米蔵、「月光倉」にてお待ちします。

広い駐車場も在り、食事が出来るお店も在るので、一日中楽しめますので、皆さん

お誘い合わせの上お越し下さい。 

会場などご不明の点、お問い合わせは、”満”或いは、電話:04-7189-2864まで。 




2012年09月05日

市川・骨董”満”‐商品情報・古い”枡”と”土人形”

IMG_3023.jpg (参重”枡”の中に”大黒”)

市川・骨董”満”、今日のご案内も”民藝”と企画・イベントのご案内です。

THE”民藝”(?)は、「枡、益す、増す」と参重の”枡”に納まった、古い大黒さんで、

「益々繁盛」などと、縁起担ぎもあって、集めている方が多く、角が丸くなった物や、

味の在る物は、使い勝手が良く、人気が在ります。”大黒さん”も当然縁起物として形、

古さなど、其々の個性が感じられて、面白い物も多くあります。 

「企画・イベント」は、8日(土)、9日(日)、我孫子市、”相島文化村”で開催する、

「 相島・芸術文化村」での”秋のクラフトバーザール&骨董市”です。

例年ですと、もう少し後の10月頃なのですが、今年は少し早い開催です。

広い駐車場もあり、お食事も出来るので、一日お楽しみ頂けると思います。

”満”は何時もの江戸時代の”米蔵”で、皆さんのお越しお待ちしています。 




2012年09月04日

市川・骨董”満”‐商品情報と”今月の予定”

IMG_3016.jpg (信楽焼の”急須”)

市川・骨董”満”、今日は火曜日で”定休日”の為、”店”は休みです。又、今週末は

イベント・企画なども有りますので、ご案内、お知らせ致します。

今週末、8日(土曜日)、9日(日曜日)は年2回恒例の我孫子市、相島文化村の

「相島秋のクラフト・バザール&骨董市」が在ります。

会場:相島芸術文化村(我孫子市相島新田)  時間:10:00~16:00

”満”は何時もの、江戸時代の”米蔵”で皆さんのお越しをお待ちしています。

今年は開催が、例年より少し早く成っていますのでご注意ください。

 商品のご案内は、”信楽焼”の古い、”民藝”味の在る急須です。

昔からの、古いお店で在庫に成っていたもので、本当に雰囲気が在って良いです。

相島文化村での”骨董市”でも、普段使いの民具や、焼き物などを持って行きます。




2012年09月03日

市川・骨董”満”‐商品情報と”今月の予定”

IMG_3009.jpg (高麗青磁の”鉢”)

市川・骨董”満”、今日は市場参加の為、”店”は臨時休業とさせて頂きます。

9月は、真面目に仕事をする、と言ったばかりなのに、本当に済みません。 

一応、此れも大事な仕事と言う事で、今日も頑張っています。

ブログでは、今日も”商品のご案内”で、写真は「高麗青磁の”鉢”」です。(径19cm)

”鉢”を、この様に撮るのは多少どうかな?と云う気も在りましたが、”味”を感じて

頂きたかったと言う事と、少し判り難いのですが、三か所に、時代感ある”象嵌”が在り、

其れも良い感じで、古い高麗青磁独特の、落ち着きや、深い味わいなども良いです。

 今月も”満”は、市場や、催事などで不定休の日が在ります、要チェックです。

詳細は又、後日ご案内します。明日は定休日の為、”店”は休みです。 




2012年09月02日

市川・骨董”満”‐商品情報・”四方隅切・水差し”

IMG_3013.jpg (染付”水指し”)

”商品情報”を、お届けする事が、真面目に仕事をする事、とも思わないのですが、

遊びに行った事ばかりでは、怒られるので、少しは商品のご案内も致します。

写真は、”水指し”です。と言うより、多分、”水指し”に見立てた、「花瓶」では

ないかと思います。中国は””中期、”道光”年製 銘の、「四方隅切染付・水指」です。

呉須の色、絵付けも良いのですが、上口に向かって広がった形がとても良いです。

昔、中国から伝わったものに、塗りの蓋を作り、”水指”に見立てたものと思います。

色、絵、形、そして”耳”なども、良いと思う、今、”満”のお気に入りのものです。 

昨日から、9月になって、久し振りの雨も降り、少しは涼しくなるのでしょうか?

”満”、明日(3日)は、市場の為、そして4日(火曜日)は、”定休日”と今月も不定休日が

在るので、”気温”と共に(?)”油断”はできません。注意が必要です。  




2012年09月01日

市川・骨董”満”‐”台湾事情”・台北、PATR5

IMG_2817.bmp (台北・東部”九份”から)

今日から9月、少しは猛暑から解放されるのでしょうか? もう、勘弁して欲しい物です。

市川・骨董”満”の、グズグズ”台北・レポート”(遊んでいただけの話)は、今日で終了。

勘弁してあげます。(?、お付き合い有難う御座います、9月から真面目に”仕事”します。)

写真は今回の旅の目的だった、台北・東部、「九份」から、再びのご案内です。

先日ご案内の通り、”快晴”とは行かず、時折、雨も降る様な、夜では在ったのですが、

とても中国らしい、雰囲気のある、街並みで、韓国などの映画ロケ地として、良く使われる

との意味合いが判る、素敵な”街”でした。もう一度、ゆっくり行きたいと思いました。

台湾の人達も、骨董は好きで、日本の骨董市などにも良く見え、台北市内にも”色いろ

骨董屋”さんが 多くあるのですが、感覚の違いか、自分の趣味が至らないか、今回も、

こちらの方は あまり興味が湧きませんでした。(残念!)