<<  2012年01月 | メイン | 2012年03月  >>

2012年02月 の記事

2012年02月29日

市川・骨董”満”-「商品情報」”山野草”準備中。

IMG_1594.jpg (お化粧・途中?”山野草”)

今年は、何年ぶりかの(4年ぶりです。)、「うるう年」で、得したような、損したような、

気分です。皆さんはどちらでしょう?(そんな事を考える人はいない?) 

写真は、昨日ご案内の通り、”満”に放っておかれた、可愛そうな”山野草”達の

手入れの途中の様子です。先週から少しずつ始めました。 以前は”苔玉”にしていた物も、

ある程度になると、形が崩れて来るので、本当は何年かの後には、”お化粧”を

してあげないと、可愛そうな状態になります。今回は今ある材料で補修しましたが、 

其れでも大事な”苔”は欠かせません。実は、その様な準備が大変なので、

つい、おっくうになっていました。 以前あった”苔玉”は、今回”平鉢”にしました。

もう少しして、暖かくなると、緑のものは、荒れた(?)”満”の”心”を癒してくれます。

”満”店内の物は全て売り物ですので、”山野草”も売っていますよ。 




2012年02月28日

市川・骨董”満”-「散歩みち」”本日定休日”です。

IMG_1588.jpg (”じゅん菜池公園”から)

市川・骨董”満”、本日は火曜日で、”満”、店は休みです。

昨日、店の片付け、そして、一昨日の”骨董市”の疲れが、未だ残っている様な感じ  

なので、折角の休みも、何処に行こうかの考えがまだ浮かびません。

写真は、昨日ご案内の、”じゅん菜池公園”からの続きです。「春の小川」なのですが、

昨日もお伝えした様に、未だ、「三寒四温」途中、二、三日続いた春らしい晴れ間も、

明日は微妙な様子。今日は、頑張って(?)都内の美術館にでも出掛けようと思います。

先週末から、昨日、片付けと同時に、「山野草」の手入れを始めました。

季節のタイミングが大事なので、時季は外せません。”苔”の張替え、

木の物の”剪定”、トリミング(?)など、片付けと平行ですが、頑張ります。

まあ、そんな事も少しは、やる気になったという事です。 




2012年02月27日

市川・骨董”満”-「散歩みち」”じゅん菜池”から

IMG_1582.jpg (じゅん菜池公園”白梅”)

市川・骨董”満”、久しぶりの「散歩みち」は、”じゅん菜池公園”からです。

土曜日は一日雨、昨日は一応、晴れと、正に日替わりのお天気で、

「三寒四温」とはよく言ったものです。春は近づいているとは、思うのですが、

「本当に?」など、いつも自然に振り回され、何事も自信のない(?)”満”は、

先日の晴れた日(24日)、いつもの「散歩みち」、じゅん菜池公園まで、

春の確認に出掛けました。写真は確かに”じゅん菜池公園”の”白梅”です。

其れでも、各地からニュース等で伝えられている様に、確かに例年より

遅れている様です。梅林全体はまだ色が無く、一部の梅が咲いている様子、

春はもう少し先と言った感じでしょうか、 皆さんもう少しお待ち下さい。 




2012年02月26日

市川・骨董”満”-「商品情報」”獅子の焼き物”

IMG_1576.jpg (”満”店内から)

市川・骨董”満”、取りあえず、昨日の”浦和骨董市”は、休みました。

「お天気が悪い」との予報で、ビビリました。(この根性なし!)と言いつつも、

今日は、様子見(?)で、深川・”富岡八幡宮”の骨董市に来ています。

自分の所から、近いと言う事もありますが、多少お天気は良いとの予報で、

来て見ました。何れにしても、「お天気商売は辛い」と言った所です。

今日の、ブログでの「ご案内」は、一昨日の”駱駝”、昨日の”鉄の魚”に続いて、

今日は焼き物の”獅子”です。(動物シリーズ?)

獅子にも色いろ、形、材質、種類が色いろ在り、好みも難しい処なのですが、

これは細かい所に、時代の古さも感じもあり、大きさやバランスの良いところが

入っています。「何焼き」等の明記も無く、不明な点も多いですが基本的に、

”好み”で決まる事、説明が客観的に正しいかどうか、判らない部分もあります。 




2012年02月25日

市川・骨董”満”-「商品情報」”自在鈎・横木”

IMG_1580.jpg (自在鈎・横木”鉄の魚”)

市川・骨董”満”、今日は「商品のご案内」から、「自在鈎の横木」です。

以前にも、”自在鈎”の”横木”は、古い大きな木の物をご案内した事は在りますが、

 今日は”鉄の魚”と言った所です。”横木”はご存知の様に、自在鈎に、鍋などを

提げる時、その高さを調節する物で、大きさ、材質、テーマなど色いろ在ります。

写真の物は、」それ程大きい物では在りません(全長17cm程)が、其の”鉄味”が

とても良いのと、”魚の形”がお気に入りです。シンプルな上に、良くデザイン化され、

まるで、「ロボット」の様に、”鋲打ち”されてる感じも気に入っています。

自在鈎は本来、囲炉裏端などに提げて使われるものですが、今では苔玉など、

緑の物を提げて風情を楽しんだりする事が多いようです。 




2012年02月24日

市川・骨董”満”-「商品情報」”陶磁器・駱駝”

IMG_1572.jpg (”駱駝”の焼き物)

 市川・骨董”満”、今週末の、お天気が気になっています。そうです!、

お天気ならば、今週末は”骨董市”(明日が”浦和”、日曜日は富岡八幡宮。)なのですが、

予報は、明日は微妙(?)、日曜日は何とか(?)で、まあ、成り行き次第なのですが、

どうなりますか?。お天気次第のお任せです。

写真は少し変わった”焼き物”。完全に日本の物ではなく、「中東?」の雰囲気です。

 ”駱駝”なのですが、エジプト?と言う事も無いと思うので、「中東!」と言う事に。

背中の部分は”蓋”になっていて、勿論と言うべきか、”箱”等はありません。

ご案内の資料(?)も無く、「 ご想像にお任せ!」と言った感じなのですが、

造りの悪いものではなく、存在感も在ってお気に入りです。

自分の勉強不足ですみません。ご存知の方ご教示をお願いします。 




2012年02月23日

市川・骨董”満”-「商品情報」”伝統こけし”から。

IMG_1564.jpg (”伝統こけし”)

少しは春らしくなったかと思うと、そうは成らず、まだ雨も冷たい季節です。

が、しかし、花粉は飛んで来るので、”鼻”をかみながら、市川・骨董”満”、いつも通り、

季節に振り回されています。(季節に敏感です。) 

今日のご案内は、「まだ、在るよ!」(?)の”、「伝統こけし」シリーズからです。

東北地方の、大きな被害の事も在りましたが、それ以前から、”伝統こけし”は根強い、

ファンが多く、”各系列”から、或いは、”作家さん”に集中してと、興味は尽きない様です。

写真左は、「弥治郎系・新山家系」”新山実”の作品物で、「とんがり帽子」と衣装が

特徴的で可愛いです。中央と右は、共に”木地山系”の作家で、以前もご案内した

「小椋久太郎」の作品を思い起こす、「佐々木春男」と「鈴木幸太郎」の作品です。

胴・首の形が、特徴的で、おっとりとした感じが良いです。

自分が好きだからでしょうか?、他にも在庫が在り、集まって来るので、

一人楽しんでいます。ご興味の方、お問い合わせお待ちしています。 




2012年02月22日

市川・骨董”満”-「商品情報」”銀の恵比寿・大黒”

IMG_1561.jpg (純銀の”恵比寿・大黒”)

市川・骨董”満”、今日は”店”で頑張っています。(予定では!)

今日、ブログでのご案内は”純銀”の「恵比寿・大黒」さんです。 

金銀・プラチナ等の、価格が上がっていて、品物自体より、「”地金”で”いくら?”」と

言う時代なので、少し残念なのですが、これは元々、昔、地方の銀行が”創立記念”に

お客さんに配った物の様です。(刻印在り。日本も良い時代が在ったという事ですね。)

桐の共箱には、作者の名前と、「福神」とあり、商売繁盛を祈っての、上客狙いの

贈答品の雰囲気が、ありありと感じら、面白いです。(上客に成りたい!。)

昔は、この様な恵比寿大黒などの他、 ”銀杯”、”銀の小判”など、何かの折、記念に、

”銀の物”を贈っていた様で時代を感じさせてくれます。 




2012年02月21日

市川・骨董”満”-「商品情報」と”お知らせ”

IMG_1554.jpg (”宮崎漆器”と煎茶器)

市川・骨董”満”、今日は火曜日、定休日の為休みです。

 もう一週間過ぎたの?と言う感じですが、一週間が本当に早く感じられたり、

遅く感じたりと、仕事の都合と充実の違い?、気分の問題、或いはいつもの

”満”の自分勝手(?)な思い込みでしょうか?。

 写真は「宮崎漆器」と「お煎茶器」です。”漆器”の盆は ”ハイビスカス”で、

”琉球漆器”と言う方もいらっしゃる様です。。勿論、天然木で銘もあり

とても奇麗なのですが、疵付くのが怖いので、飾り用のお盆でしょうか?

”お煎茶器”は常滑焼・朱泥で小さく(全長6cm位)可愛い”お茶器”と云った

感じで、飾って置くだけで良いと思います。

明日は店で、全く進まない片付けです。 




2012年02月20日

市川・骨董”満”-「商品情報」”お雛道具”

IMG_1551.jpg (お雛道具と”ミニ・お雛様”)  

市川骨董”満”、本日は市場のため”臨時休業” になっています。

当てにしていた方も、そうでない方もご了承下さい。

其の上、今日も調子に乗って、まだ(?)、お雛様続きです。

お雛様の飾りつけは、フルセット(?)だと、つい面倒になり勝ちですが、”お雛道具”は

別扱いの様で、一年中飾って楽しんでいる方も多い様です。

写真は、大正頃の丁寧に作られた、お雛道具と、ミニ・お雛人形達です。

写真の撮り方が悪く、少し見にくいですが、お雛道具は、鏡台、裁縫箱、等、今は珍しい

道具も懐かしくて良いです。今のお雛様セットにも、必需品なので、付いていますが、

作り方、材料などが、昔の物とは全然違い、味わいも大きく違うことがあります。

市川”満”、明日は定休日の為”店”は休みです。 




2012年02月19日

市川・骨董”満”-「商品情報」”一刀彫・お雛様”

IMG_1550.jpg (一刀彫の”お雛様”)

昨日は残り雪、そして、地震と、なにか落ち着かない土曜日でしたが、

”満”は今日も、店で頑張っています。

”満”、今日のご案内は、先日、一度終了した筈の(?)、”人形展”のご案内です。

 色々のお人形、お雛様の在庫がありますが、片付けていて、「あ、これもあった」と

思い出してのご案内です。

共箱で、”木彫・立雛”とあり、「一刀彫 節」と在りました。

それ程古い物ではないのですが、やはり先日ご案内の通り、手軽に飾れて、其れでも

季節は感じたい、そんな時、この様なお雛様は、春らしい色彩からも良いと思います。

明日は月曜日ですが、又々、市場に参加の為、”臨時の休業”になります。




2012年02月18日

市川・骨董”満”-「商品情報」”谷内六郎の版画”

IMG_1546.jpg (四季の内”春”から)

市川・骨董”満”、今日のご案内も「へえ~・そうなんだシリーズ」(?)からです。

 基本的に”満”では、書画・絵画など紙の物は、劣化する事や、状態等の難しさも

在って、あまり扱っていません。が、店内の飾り付けや、自分好みの物で、

素朴な物、季節で味わいたい物など、気に入った物は、時々飾っています。

今日のご案内は、「谷内六郎」の版画です。”四季”を表した四枚組の物の内、

写真は”春”のもので、氏独特の素朴さや、優しさが、子供の遊びに表現されて、

とても良い感じです。当然の事ながら、商売なので、何でも売り買いするのですが、

書画・日本画・油絵などで、価格だけを考える時、”欲”だけが優先する事もあるので、

思い入れとは別に難しいです。其の点、版画は汎用性もあり、楽しめて良いです。

今週末、”満”は店で、(ノンビリ?)頑張ります。 




2012年02月17日

市川・骨董”満”-「商品情報」”陶磁器・萩焼”

IMG_1544.jpg (萩焼の”ぐい飲み”)

市川・骨董”満”、今日のご案内も「へえ~・そうなんだ・シリーズ」(?)からです。

”満”に、そんなシリーズが在ったのか、とも思いますが、一応、其れはさて置き、

今日は”萩焼”のご案内です。萩焼の作家さんも、大勢いらっしゃいますが、

今日は、少し変わった(失礼!)、感じの”ぐい飲み”です。

作品と一緒に、栞があり、「南明寺窯」窯元、名前は”ベティル ペアソン”と在りました。

残念ながら箱は無く、栞と一緒に、作品と思われる(?)”ぐい飲み”だけです。

が、間違いないと思います。(多分。違っていたらご一報下さい。)

調べましたら、この方は、昔、「浜田庄司」の作品に感銘を受け、40年以上も萩で、

製作を続けられている方の様です。それ以上詳しくは判らないのですが、

”満”には以前から”在庫”として在ります。詳しくも判らず、いい加減で申し訳ないのですが、

まさに、「へえ~・そうなんだ」です。すみません。  




2012年02月16日

市川・骨董”満”-「商品情報」”珊瑚の簪”

IMG_1542.jpg (珊瑚の簪)

市川・骨董”満”、今日も商品のご案内です。

先日の”満”の定休日は、、若干、風邪気味、と言う事もあり自宅療養(?)に

成ったのですが、「”満”が何処かに、遊びに行った、」の話はどうでも良い、

というご意見もあり、(多少?)少しの間、「商品のご案内」をお届け致します。

”満”には、「こんな物も有ります」シリーズ(?)と言う事ではないのですが、

ご参考までに、「へえ~」、「なるほど!」と言った所のご案内です。

今日ご案内するのは、紅珊瑚の”簪”です。 (写真が”ボケ”ていますが、本人は?)

 勿論、それ程大きい物では在りません(約・幅4.5cm位)が、”簪”としてより、

出来れば、「帯止め」などに作りなしたら、良い感じになると思いますが、如何でしょう?

  明日のご案内も「へえ~」シリーズからです。




2012年02月15日

市川・骨董”満”-「商品情報」”お人形展”⑥

IMG_1530.jpg (木目込みの”五月人形”)

市川・骨董”満”、今日のご案内も「ブログ・人形展」という事でシリーズ⑥(?・不明)

女の子の”お節句”は、賑やかで、何処か”春”を感じさせてくれる、と言う事もあり、

 皆にお祝いされる感(?)、が有りますが、何故か、男の子の「五月の節句」は、

 どちらかと言うと、地味(?)、サッと過ぎる(?)等と思うのは、男の”僻み”でしょうか?

 という訳で、少し速いのですが、「端午の節句」のPR.、男の子の「木目込み人形」です。

 ”満”店内が、全く片付かない事を、隠す為の「ブログ・人形展」シリーズは一応、

今日で終了します。「こんなの買ってね!」と言った、ご案内は苦手なのですが、

小さなお人形シリーズや、雰囲気のあるお人形など、小父さんの感覚であまり、

自信も無いのですが、お探し物、リクエストなど、御座いましたらお知らせ下さい。 




2012年02月14日

市川・骨董”満”-「商品情報」と”お知らせ”

IMG_1531.jpg (各種”お雛人形”達)

市川の骨董屋”満”、本日は火曜日、定休日の為休みです。

確か先週の休みも、雨でした。が出掛けました。今日はどうしましょう?

 写真は、まだ続いている「ブログ・人形展」シリーズ⑤です。

昨日ご案内のお雛様は、大正期の物でしたが、今の時代、やはり簡略化され、

飾り付けが容易で、場所を余り取らない事、其れでも季節になれば少しは雰囲気を

感じたいと言う事で、小さく可愛い”お雛様”と言うことになります。

”満”の中では、”ミニシリーズ”のお人形達も在りますが、お雛様は季節の物なので

別にまとめています。写真左から、”土鈴のお雛様”、”磁器のお雛様”、小さな”木彫”の

お雛様等です。ちょっとした処に置いても、季節を感じらとても良いものです。

”満”、明日は店でお仕事です。 




2012年02月13日

市川・骨董”満”-「商品情報」”お雛様・大正期”

IMG_1534.jpg (大正頃の”お雛様”)

市川・骨董”満”、今日は店で、昨日の”骨董市の”疲れを癒し中です。

骨董市は、行ってしまえば楽しいのですが、今の季節、寒さも辛いのですが、 やはり、

朝が早い事に慣れません。普通、一般的に、「年寄りは早朝に強い」等と言いますが、

若いのでしょうか?(?)一日中眠く、”ボーと”して、使い物になりません。

ブログでのご案内は、まだ「人形展」です。元々が、春は梅、桃の花、”お雛祭り”と言う

単純な、発想で始めた「人形展」ですので、お雛様は欠かせません。

写真は”大正頃”のお雛様です。 娘さんたちも大きくなると、飾り付けが面倒という事で

市場などでも良く見掛けますが、丁寧に作られた飾り物、衣装など、顔の小さなお雛様は、

 時代を感じさせてくれて良いものです。

明日火曜日は、””定休日”の為、”店”は休みです。 何か又も、お天気が心配です。




2012年02月12日

市川・骨董”満”-「商品情報」”お人形展”④

IMG_1529.jpg (木目込み人形)

 市川・骨董”満”、今日は深川・門仲の「富岡八幡宮」の骨董市に来ています。

第二日曜日の”市”としては、”本年初”です。

しかし、まだ”寒い二月!”、早朝など、相変わらず、年寄りにはきつい”骨董市”です。

(頑張れ・俺!、負けるな・俺!)

ブログでは、今日のご案内も、「ブログ・人形展」から、”木目込み人形”「三番叟」です。

やはり、昨日同様、テーマも昔からのもので、時代も同じ時期頃だと思われます。

 箱には、”玉山・作”とあります。木目込み人形は、江戸時代からあるものですが、 

木目込み人形に限らず、お人形はその時代、時々の世相、流行、価値観まで

映していて、古い物ほど面白いです。 

明日は”店”で頑張る所存です。 




2012年02月11日

市川・骨董”満”-「商品情報」”お人形展”③

IMG_1528.jpg (木目込み人形)

市川・骨董”満”、今日は先日の「ブログ・人形展」の続きパート③です。

(若干、どこからパート③なのか、判らなくなっていますが。)

 今日ご案内の商品は少し古い(昭和初め頃)「木目込み人形」です。

テーマとしては、昔から在る、「初音」、「宝船」ですが、”顔”、”布”等に

時代を感じさせてくれる、作家さん名の在る、雰囲気ある良い物です。

木目込み人形は、趣味で作られる方も大勢いますが、やはり先ず”顔”、

材料などで大きく違ってきます。 

”満”の、ブログ上での、「人形展」は、もう少し続きますので、お付き合いの程、

よろしくお願いいたします。 

 ”満”、店の方は、明日も、今日の様な御天気でしたら、深川・門仲「富岡八幡宮」の

骨董市に参加の為、店は休みになります。ご了承下さい。深川でお待ちしています。 




2012年02月10日

市川・骨董 ”満”-「散歩みち」”出光美術館”へ。

(雨の丸の内から)

先日の”満”の定休日は、丸の内の「出光美術館」へ行ってきました。

前日からの雨模様で、如何しようかととも思ったのですが、折角の休み、

思い切って(其れほどの事ではないのですが)、久し振りの”都会”です。

いま”出光美術館”では、「三代・山田常山」展をやっています。(~19日迄)

”山田常山”はご存知の様に、「常滑焼」の作家で、”人間国宝”にも為った、

最近まで制作活動をしていた方です。どうしても、”常滑焼”、”朱泥の急須”と言う

イメージがありがちですが、 その”形”、”変化”を楽しみたいと思ったのです。

また、出光美術館も好きな処なので、”雨の美術館”も良いのではないか。

気温は多少暖かい日とは言っても、2月の雨でした。が、”山田常山”の”急須”も

”常滑焼”も、そして”雨の美術館”も楽しんだ一日でした。




2012年02月09日

市川・骨董 ”満”-「商品情報」”古い侍人形・2”。

IMG_1522.jpg (古い侍人形”家来”)

市川・骨董”満”、今日のご案内も、昨日の続き、「古い侍人形”・パートⅡ」です。

昨日の”侍人形”がお殿様ならば、今日のご案内は、”家来”でしょうか?

昨日の”お殿様”(?)を、仰ぎ見て、「何でも言う事を聴きそう」な感じのポーズです。

大きさも、昨日の人形(40cm位)より、少し小さい(30cm位)様子で、表情も豊か、

中々面白いです。其々、”首”が抜ける様になっている(良いの?)のですが、

其れでも差し間違えたりはしません。

手に持つ様に為っている付属品等も、昔のお人形は、”おもちゃ”だからと、

手を抜いたりせず、丁寧に造られていて、造られた職人(人形師)達の気持ちが

伝わって来て、とても良いと思います。




2012年02月08日

市川・骨董 ”満”-「商品情報」”古い侍人形・1”。

IMG_1517.jpg (古い”侍人形”)

市川・骨董”満”、今日の「ご案内」は、古い”お侍さん人形”です。

以前ご案内した様に、”満”では一昨年位まで、春先に「人形展」をやっていました。

和・洋の、古いお人形から、新しいけど少し珍しいお人形等、お雛人形だけでなく、

人形展に見て頂く為、集めるのですが、皆さん好みも色いろで中々難しいです。

可愛いお人形は好まれますが、写真の様な、少しリアルな物は少し”引かれて”

怖がれます。時代もあり、表情も豊かなのですし、人形の衣装、材質等、

今の物とは違うので、色いろ楽しめるのですが、残念です。

此のお人形は、家来(多分)と、”組”に為っていますので、”ブログ人形展”と

云う事で、明日ご案内します。 




2012年02月07日

市川・骨董”満”-今日は定休日の為休みです。

IMG_1504.jpg (じゅん采池公園から)

市川・骨董”満”、今日は火曜で、定休日の為、”店”は休みです。

先週の定休日は、上野「国立博物館」・平成館での「北京故宮博物院」展でしたが、

今日は、「何処に遊びに行こうか?」只今、考え中です。 しかし、此のお天気!、

雨!。如何しましょうか?一応、此れでも、仕事に、毎日頑張っているので(?)、

気分転換の為にも、休みは大事です。今は、街中何処に行っても寒いのですが。

写真は先日(4日)の、”満”の遊び処(?)、”じゅん采池公園”の”梅”の模様です。

蕾は、微かに”紅”の色を見せていますが、まだ小さく、梅林全体にも色は見えません。

寒さまだ厳しく、春はもう少し先のようです。

♪ 「春よ来い、早く来い」 ♪ と言った所でしょうか。




2012年02月06日

市川・骨董 ”満”-「商品情報」”伝統こけし・2”。

IMG_1500.jpg (”伝統こけし”色いろ)

市川・骨董”満”、急遽ですが、今日は市場での勉強の為(?)臨時の休みです。

明日が定休日(火曜日)になる為、店は連休になります。ご了承下さい。

今日の写真、ご案内は、昨日に続き、「伝統こけし」のパートⅡです。

三体其々、生産地、系列等が違うのですが、右端が昨日ご案内した、”小椋久太郎”と

同じ、”木地山系”「鈴木幸太郎」の作で、作品の雰囲気も似ています。

隣、中央が岩手・「藤原政五郎」、左が福島・「小幡敏夫」の作等と、其々に個性、

特徴があって楽しめます。いずれにしても、素朴で、伝統を感じさせ、民藝的な

趣があって良いです。

実際は、コレクターの方々の方が、遥かに詳しいので いつも教えられています。 




2012年02月05日

市川・骨董 ”満”-「商品情報」”伝統こけし・1”。

IMG_1496.jpg (”伝統こけし”から)

市川・骨董”満”、今日の「商品のご案内」は、”満”には珍しい”伝統こけし”です。

”満”で以前開催していた、「人形展」の繋がりから、時々、古い「伝統こけし」を

集める事が在ります。、各系列、作家さん達各々の、特徴ある顔付き、絵柄など

色いろ変化が在って楽しいものです。

写真は、その作家さん達の中でも、人気がある、「小椋久太郎・作」のものですが、

以前見た、作風と全く違い、胴部に”達磨”が描いてあり、非常に興味を持ちました。

小椋久太郎は、平成10年、91歳で亡くなられた方で、底部に”昭和55年”等と

ある事から、晩年の作と言っても良い物だと思います。

明日、6日(月曜日)は、急なのですが、市場へ勉強の為(?)、臨時休業になります。 




2012年02月04日

市川・骨董 ”満”-「商品情報」”伊万里と九谷”。

IMG_1495.jpg (”陶磁器”二種)

市川・骨董”満”、今日は「商品のご案内」です。

右は、「十二代・今右衛門」の花瓶、左は「九谷・雪花」の一輪挿しです。

其々、共に”箱”がないので、断定できない部分もありますが、先代の保持していた方

のメモ、陶磁器、裏や高台の、書き込みから判断しました。

勿論、共箱の方が良いのですが(売りやすい?)、其々の特徴や、品物の味、

造り等で、評価出来るものですし、楽しめるものだと思います。

今右衛門は”今右衛門”らしい作りですし、九谷焼は逆に、”達磨”の模様も面白いですし、

時代の感じも、裏の釉薬の垂れや、凹みなど、”味”もとても良いです。

お客様のご意見もお聞かせ下さい。 




2012年02月03日

市川・骨董”満”-季節の便り・”今日は節分”。

IMG_1486.jpg (上野・国立博物館から)

此処数日の、強風や、日本海地方を中心にした豪雪など、自然災害のニュースも

続いていて、何が起こるか、判らない昨今ですが、今日は早くも、”節分”です。

生活の中で、本当に避けられない事故等も、在るのでしょうが、皆さま、充分気をつけ、

お過ごし下さい。被害に遭われた方には、”お見舞い”を申し上げます。

写真は昨日ご案内の、上野の「国立博物館」からの続きです。閉館時間もギリギリ、

急ぎ表に出て、空を見上げると、奇麗な”夕焼け”でした。

豪雪や、大きな自然災害、被害等があると、”自然”を甘く見ると怖いな、とも、

思うのですが、自然の美しさに、勇気付けられたり、励まされたりする事もあるので、

本当に、旨く付き合って往ければ良いなと思います。

今日が、「厳しい冬から、暖かい春に」、季節を分ける日になると、いいなと思います。

市川の”満”、今週末は、相変わらずの根性で(良いの?)、店で頑張ります。




2012年02月02日

市川・骨董”満”-散歩みち”故宮博物院”展。

IMG_1485.jpg (上野”国立博物館”から)

市川・骨董”満”、一昨日の休日は、今上野で開催中の、「北京故宮博物院200選」展へ

行って来ました。(~19日迄)上野博物館も、久し振りでしたし、去年、台湾の

「故宮博物館」へ行ったので、これは行かなくては、と言う事で、出掛けました。

台湾の、故宮博物館の時、”北京”の”故宮”より、台湾の方が素晴しいとの、”噂”(?)、

”口コミ”(?)だったので、それでは、見てみようと言う事でした。

今回は、”200選”と言うように、勿論一部分なのですが、とても良かったです。

”書”等の本当の、素晴しさ、”凄さ”等は、正直、自分等には、中々判らないのでしょうが、

其れでも、全てに”圧倒”されました。

此れは、今年は、「北京行きだな」と、思いました。この日も、寒い一日では遭ったのですが、

楽しい、充実した一日になりました。




2012年02月01日

市川・”満”-「商品情報」”螺鈿の酒器”。

IMG_1466.jpg (韓国・螺鈿の”酒器”)

市川・骨董”満”、今日「商品ご案内」は、”螺鈿の酒器”です。

韓国の漆器工芸作家「李義植」氏のもので、”酒注ぎ”(お銚子)です。

「李義植」氏は、韓国”人間文化財”指定の方で、日本で言えば”人間国宝”でしょうか、

”箱”には、「無形文化財・第13号・杏寸漆芸」と在ります。

新しい物なので、時代の雰囲気などは、感じられませんが、”木地”は

勿論、天然木で、漆、螺鈿も丁寧に造られていて、上品な感じで出来ています。

大事に”育て”ると、もっと良い雰囲気に、成ると思います。作家さんに付いては、

調べていないので、詳しくは判りませんが、箱、名前より、丁寧に造られた感じが

伝わるよい物だと思います。