ネイリスト求人の選ぶポイントについて

ネイリストとして、ネイルサロンで働く場合、選んだ求人によって労働環境は大きく異なります。
入社してすぐに後悔し、辞めたいという状況に陥らないように、ネイルサロン求人の選ぶポイントについて紹介します。

まずネイルサロンの求人を選ぶ前に、ネイルサロンの求人はどこで行われているのでしょうか?
ネイル専用の求人サイトであれば、一度に多くの求人をチェックし、比較する事が出来るのでオススメです。
また憧れのネイルサロンや、憧れのネイリストがいる場合は、ネイルサロンのHPをチェックして、求人情報がないか探してみましょう。

あとネイリストになるために、専門学校に通っている人も少なくないでしょう。
その場合は、専門学校が就職支援を行っているはずです。
系列のネイルサロンや専門学校に寄せられた求人を紹介してもらう方法もあります。
そういう意味では、ネイリストとして学ぶ際に、就職率の高い専門学校を選ぶ事も重要だと言えます。

では次に、ネイリスト求人のどこをチェックすればいいのか紹介していきます。
ネイリスト求人には、資格の有無や経験の有無を問われます。
店舗運営がしっかりしているネイルサロンは、提供するサービスの質を下げたくないため、ネイリストの質に拘ります。

そのため応募条件に、ネイリスト検定の2級以上の資格を取得している人に限定されている求人を選ぶべきだと言えます。
もし正社員の求人なのに、応募条件が無資格・未経験でもOKな場合は、要注意です。
それだけ求人条件を下げないと人が集まらない、人手不足のネイルサロンの可能性があるからです。

そして人手不足の原因は、ブラックネイルサロンで人が居つかない、経験が身につかない、サービス残業が多いからかもしれません。
他にも、助成金目当てで求人していたり、無資格者をサロン系列のネイルサロンへの勧誘が目的だったりもするので、注意が必要です。

また求人を選ぶ場合に、給与もチェックポイントとなります。
ネイリストの正社員の初任給は、18万円程度が相場となっています。
相場よりも極端に高い場合と、極端に安い場合は、ブラックネイルサロンのリスクが高いので避けた方が賢明です。

ただし無資格・未経験からのスタートの場合は、研修期間が長くなります。
そして研修期間は、時給を低めの設定や無給のところも少なくありません。
ですが、研修期間中でも給与が発生するネイルサロンの方が、人を育成に力を入れている優良なネイルサロンだと言えます。

ネイルサロン求人では、待遇や福利厚生もキチンとチェックして下さい。
待遇では、ネイルのデザインに使う道具は、自己負担なのか、それともネイルサロンから支給されるのかでは雲泥の差です。

給与が同額程度であっても、福利厚生が完備されているのか、交通費が支給されるのかによって、生活の負担は大きく異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA