ネイリスト求人の給料相場について

ネイリストは、手に職を持った専門職で華やかな仕事というイメージを持つ人も多いでしょう。
ではネイリスト求人で、給与相場は一体どれぐらいなのでしょうか?

まずどんな仕事においても言える事ですが、経験者と未経験者とでは、給与相場は異なります。
未経験者の場合は、いきなり正社員として採用される事は難しく、アルバイトとして採用されて、経験を積む事になります。

そしてアルバイトのうちは、時給は低く、800~900円程度と考えておきましょう。
またアルバイトとして採用された場合も、研修期間を得て正社員に昇給してもらえるのかどうかも面接時に確認しておく事が重要です。

アルバイトのうちは、フルタイムで働いても月給で12~14万円程度にしかなりません。
さらに勤務時間中だけでなく、仕事が終わった後にも技術を磨くため、ネイルの練習をする必要があります。
なので、給与が安くてもWワークをする事は難しく、生活が厳しい事を覚悟しておきましょう。

もし運よく未経験でも最初から正社員として採用された場合は、アルバイトよりは待遇がいいと言えます。
未経験者で正社員の場合は、初任給は17~19万円程度が相場となります。

時給や初任給を見て、ネイリストって思ったほど稼げないと思った人もいるかもしれません。
ですが経験を積めば、給与は徐々に上がります。
まずは給与が安くても、経験が身につくネイルサロンに就職する事がネイリストへの第一歩だと言えます。

では次は、経験者の給与相場について紹介します。
経験者の場合でも、実務経験の年数やスキルによって給与相場は変わります。
実務経験が1~3年以内の場合は、アルバイトで時給が1000~1300円、正社員で21~24万円程度となります。

そしてさらに経験を積み、実務経験が4~5年になると、お店によっては店長クラスに昇進する事が可能です。
店長クラスになると、売上管理、店舗運営、スタッフの育成など責任のある仕事を任せられるようになります。
それに伴い給与もあがり、30~50万円程度稼ぐ事が可能になります。

では独立・開業した場合の収入はどれぐらいになるのか気になりますよね。
しかし独立・開業した場合は、あくまでもネイルサロンのオーナーとなる訳なので、給与は売上によってピンキリだと言えます。

独立・開業に成功し、客足が途切れない人気ネイルサロンとなれば、年収1000万円も夢ではありません。
ですが逆に独立・開業に失敗し、客足が途絶えてしまったら、開業にかかった資金や月々に発生する経費など、給与どころか赤字となってしまいます。

そのため独立・開業をするためには、ネイリストとしてのセンスやスキルも重要ですが、会社経営のセンスも必要です。
その事をよく理解した上で、働き方を決めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA