ネイリスト求人の勤務時間と休日について

ネイリスト求人で、チェックするポイントは給料という人も多いでしょう。
しかしながら、勤務時間や残業時間、休日などの勤務シフトがどうなっているのかも気になるところです。
なので、ネイリストとして働く場合、どのような勤務シフトで働く事が一般的なのか紹介していきます。

まずネイリストの勤務時間は、会社員のように平日の9時~18時に固定されている訳ではありません。
サービス業に属するため、お客様が利用しやすい時間帯にネイルサロンを営業しておく必要があります。
勤務先のネイルサロンによって、営業時間は多少異なりますが、9時~21時営業のネイルサロンが多いと言えます。

そのため勤務時間は、9時~21時の間で、早番と遅番の交代制のシフトとなり、労働時間は8時間となります。
ただし、営業時間は21時だったとしても、21時ぴったりに帰宅出来る訳ではありません。
閉店後に、掃除や片づけを行い、さらに練習したり講習会に参加したりすることなど、日々スキルを磨く必要があると言えるでしょう。

特に新人は、練習をたくさん行う必要があり、寝る時間やプライベートの時間を削って努力している人が大勢います。

次に休日に関してですが、休日も勤務先のネイルサロンによって異なります。
週休2日休めるところもあれば、週休1日と半休で月に6日程度の休みしかないところもあります。

定休日が設定されているネイルサロンの方が、定休日が休日となるので、しっかり休みを確保しやすいと言えます。
またネイルサロンは、サービス業なので、土日祝日が忙しく、土日祝日はフル出勤で、平日に休みとなるところがほとんどです。

先ほど紹介した勤務シフトに関しては、あくまでも勤務先がネイルサロンの場合です。
最近増えつつある出張ネイリストの場合は、勤務スタイルは大きく異なってきます。
出張ネイリストとは、ネイルの道具を一式持って移動し、お客様の自宅やイベント会場でネイルをする人の事です。

そのためどうしても移動にかかる時間が長くなり、拘束時間はネイルサロンで働くよりも長くなるケースがあります。
また移動時間以外にも、早朝や夜間などお客様の都合のいい時間に合わせる必要があるため、空き時間も出来てしまいます。

出張ネイリストは、臨機応変に対応してもらえる事が魅力です。
そのため自己都合で勤務時間を選べる訳ではなく、お客様都合の勤務時間になる事は肝に銘じておきましょう。

ネイリストとして働く場合、勤務時間や休日に関しては、勤務先や役職によって大きく異なってきます。
なので、面接時に、勤務シフトに関する疑問点はキチンと確認する事をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA