ネイリスト求人に年齢制限はあるの?

ネイリスト求人の条件に、年齢制限はありません。
ではネイリストとは、いくつになっても働く事が出来る仕事なのでしょうか?

確かにネイリスト=若くてオシャレに敏感な女性というイメージが強いかもしれません。
実際に年齢制限がなくても、ネイリスト求人に応募して面接をした場合、若い人の方が採用されやすいのが現状です。

美容関係の仕事全体に言える事ですが、離職率が高い事もあり、ネイルサロンで働く人の多くは20代です。
高校を卒業し、ネイルの専門学校で2年学び、20歳でネイリストとして就職をする。

ネイリストとして就職をし、4~5年で店長クラスに昇進するか独立・開業をするという流れになります。
そのため20代半ばで早くも店長として働く訳です。
激務という事もあり、結婚や出産を機に、辞めてしまう女性も少なくありません。

ですが20代しかネイリストとして、働く事が出来ないのかというと、そんな事はありません。
若い顧客が多いネイルサロンであれば、ネイリストも若い女性が多いですが、顧客の年齢層が比較的高いネイルサロンも存在しています。そしてそういうネイルサロンでは、30代のネイリストを積極的に採用しています。
また独立・開業をすれば、自分のペースで働く事が可能なので、手に職がある仕事としていくつになっても働く事は可能だと言えるでしょう。

ただしネイリストは、爪に模様を描いたりラインストーンを付けたりするなど、細かい作業が中心となります。
そのため目を酷使するため、老眼になると続けるのが厳しいという体力面での問題があります。

加えてネイリストとは、センスが問われる仕事です。
ネイルの技術もどんどん新しいものが出てくるので、日々最先端の技術を習得する必要があります。
ですが若い頃は、物覚えが良く、すぐに習得出来た技術が、加齢に伴い新しい事を覚える事が大変になってしまう事もあるでしょう。

またネイリストは、結婚や子育てをしながら仕事を続ける事が可能か?というと周囲の協力が必要となります。
勤務先によっては早番と遅番のシフト制ですし、何より土日祝日が最も客数が伸びるので、休みがとりにくい職場です。
加えてネイリストは激務でもあります。

なので、結婚や子育て中の場合は、フルタイムで正社員として働くのは難しいかもしれません。
アルバイトやパートで働きながら仕事を続け、ブランクを作らない事が、ポイントだと言えます。
なぜかというと、日々新しい技術を習得する必要があるので、ブランクがあると仕事復帰が難しい仕事だからです。

そのため、短時間勤務でも仕事を続け、子育てがひと段落したら、フルタイムで働くというのも1つの働き方だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA